FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2011年07月03日 (日) | 編集 |
ドトールに行った。このところ、毎日のように通っている。家は暑いから、涼みに行くのである。いんちきバリサルダ小説を書くのに、ちょうどいいし。

だが、考えることはみな同じとみえて、時間帯によっては、かなり混んでいる。あたくし定位置の隅っこの席が空いていない。壁の角に身体をはめこんで、三白眼で店内をじとりじとりと、ねめまわすのが趣味なのに。生きがいなのに。

しかたなく、店の中央にある円卓のような大きいテーブル席につくのだけど、わかい女性がとなりに座ると緊張するね。

「おじさん汗くさくないかしら? 不快じゃないかしら? こんなおじさんでも生きてていいのかしら? ああん、ごめんなさいごめんなさい」

と、むやみに焦り、席についたばかりだというのに、飲み物を一気にのみほして店を出るということも、たまにある。なんだかもう、いろいろとごめんなさい。本当に。

さて、蒸し暑い今日も店内はお客がいっぱい。席があいておらず、円卓にすわる。さいわいなことに、両隣は年配のご夫婦。買い物のかえりらしく、紙袋をいくつもテーブルに乗せている。ほっと安心。

向かいに、二十歳を越したばかりと思える若い男女三人づれがいる。男ふたり、女ひとり。女性を間にはさんで、両側に男が陣取っている。あたくしから見て左側の男がお調子者で、ずっと喋りつづけ、女性と右側の男を笑わせている。

きれぎれに聞こえてくる会話から察するに、右の男と女性が恋人で、左の男は、右の男の友人らしい。

女性が、左の男に話しかけられ、なにかひと言ふた言、答えた。そして、彼の横顔をちらっと見る。彼の顔は少し高い位置にあるから、女性の視線はわずかに上目づかいになるが、それが自然と、甘えたようなやわらかい表情になる。

ああ、恋ですねえ。

女性は、左の男に話しかけられて答える、そのたびに彼の横顔を見る。

「ね?」

と、問いたげな笑顔をうかべて。

彼がストローをくわえている仕草も、パンをちぎって口にはこぶ様子も、やさしい笑顔で見守っている。

ああん、恋ですねえ、いいですねえ、お幸せに。あたくしは、だいすきな彼を見つめる女性を、見つめている。あったかい気持ちになって、自分の飲み物を手にとった。

ふと気がつくと、だいすきな彼を見つめる女性を見つめているあたくしを、カウンターの中から女性店員が見つめていた。

(人様を、じろじろ不躾に見てんじゃねーよ、テメー)

と、言いたげな険しい目だった。きゃあ、ごめんなさい。とたんに、あたくしは、おどおど不審おじさんと化して目を伏せたのである。

なにやら気まずい。

(帰ろうかしら)

と思った。

あたくしの隣の席が空いた。すぐに、次のお客が椅子に座った。店内は、あいかわらず混雑している。

「それがね、あの、あの、あのあのあのあの、あのね、うちの兄貴もね、おやじの財産は守り切るとね、言ってるんですよね」

あれえ、この落ち着きのない強烈な「ね」喋りは、聞きおぼえがあるな。

「まったくね、ええ、狙うにしてもね、ほどがあるんですよ。ね。ちきしょう、あいつらになんの権利があるんだっ。ね、おやじが生きてたうちにはね、なにも、ね。なにもしなかったのですよ。ね、わかりますか、ね」

「ええ、ええ、あたしも××さんには世話になりましたから。事情はよくのみこんでますよ。守らなきゃ。守らなきゃね」

「守りますよ! みすみすね、とられたんじゃね、おやじもね、浮かばれないですよ。ね。わかる? ね、ね、ね」

って、お前らは、いつぞやの親戚と遺産を争ってるおっさん二人組! まだ決着ついてなかったのか!

あたくしは、帰るのをやめて、遺産相続あらそいのすべてを耳におさめてやることにした。街中のコーヒーショップで、そんな身内の事情を大声で喋っているほうが悪いのである。聞け、といわんばかりではないか。

懸命に会話を記憶しようとしたのに。帰宅した今、金にむらがる親族の相克の内容は、きれいに忘れて、おぼえているのは、おやじの、

「ね」

ばかり。耳について離れねー。

しかも、この文章を読み返してたら「ね」がたくさん使われてるものだから、ゲシュタルト崩壊起こしたぜ、「ね」って、こんな字だったかしら……。
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
二度も会うってのは、そういうことなんでしょうねえ……。

この周辺、すごい土地持ちの一族がいるんですよね。うちのアパートの大家なんですけども。そいつかしらと、にらんでおります。

もちろん勝手な想像ですが。ふほほ。
2011/07/04(月) 02:22:17 | URL | たれぞう #/blqkyuM[ 編集]
「ね」のおじさん達はドトールのご近所なんですかねえ・・・。
2011/07/03(日) 21:08:18 | URL | momo #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック