FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2011年06月17日 (金) | 編集 |
なんとなく、綿矢りさ『蹴りたい背中』を読んでいた。古本屋で100円で売ってたハードカバーなの。

……あっ? 『刺したいお腹』とか、どー?

砥石が鳴る。シュンシュンと小気味のいい音をたてて、砥石の上で刃をすべらせていく。わたしはナイフを研いでいる。刃渡り20センチ。マチェットという、ナイフというよりはナタの一種。一心不乱に、なんども往復させる。孤独な作業だけど、なにもかも忘れて没頭できたりするしね。銃刀法? ハッ。ていうこのスタンス。あなたたちは、結婚して幸せな家庭を築いたり、友だちと飲み歩いたりしてるみたいですけど(苦笑)、わたしはちょっと遠慮しておくんです。女なんかバカでしょうがないですから。UOを45分、モンハンを35分、ガンダムを25分、ゲームの時間割を綿密に組んであって、崩すなんでできないですから。ま、なにかあったときのためにマチェットに刃をつけておきますよ、ええまあ、いちおうは。っていうこのスタンス。



きゃあ、たったいま殴り書きしただけと思えぬ、このクオリティはどうであろう。あたくしも芥川賞を狙えるかしら?

ほかに『インストロール』とか『夢を与えてください』とか『勝てずにふるえてろ』とか、いくらでも思いつくのだけど、すべてパクリというのが、いかんともしがたい。うふーん。


*本日のエピソード*

「まあいちおう、秋葉原の事件ってあるじゃないですか」

「無差別のやつ?」

「ええ。加藤はナイフの扱いをわかってると思いませんか」

「えー、どいうこと?」

「しらないんですか。ナイフって、ふつうに持つと、刃が縦になるじゃないですか。で、そのまま刺すと、肋骨にあたって奥に入らないじゃないですか。ですから、刺すときは刃を横にもつべきなんです。で、肋骨の間をとおして刺したあとに、刃をぐりぐりすると内臓が傷つくので、ぜったいに人を殺せるんです。まあ、なんつったらいいんでしょ、ナイフつかいの常識じゃないですか、そういうの」

「しらねーよ、そんなの」

「はあ、そうですか。わたしはナイフにくわしいんで、加藤はすごい男だと思ったんです」

「へー、そうなんだ」

「このまえ、ネットの通販で、10センチくらいのサバイバルナイフを買ったんです。で、刃がついてないんですけど、自分で研いでつけました」

「……それ、逮捕されるんじゃないの?」

「ええ。見つかったら逮捕されると思います。でも、なにかあったときのために必要じゃないですか」

「なにかって、なによ」

「いえ、わかりませんが、なにかのためです」

「というか、キミ、何本目のナイフなの?」

「ええ。10本くらいあります。わたしは刃物が好きなんです。ランボーが持ってるみたいなのもあります」

「それ、全部、刃つけてるの?」

「ええ。刃がないナイフなんて、使えないじゃないですか」

「だから、なにに使うのよ」

「いえ、ですから、なにかのときのためです」

「ヘー、そうなんだ。ふーん」
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/06/18(土) 01:27:48 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック