FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2010年08月15日 (日) | 編集 |
お好きな人には言うまでもなく、今年のNHK大河ドラマは『龍馬伝』。坂本龍馬を、福山雅治が演じておる。

面白そうだけど、幕末の人物がよく分かんないんだよねー。日本史は苦手なんだよねー。という貴殿に、うってつけのマンガがござりまする。

■山科けいすけ 『サカモト』
http://www.shinchosha.co.jp/book/130391/

『C級さらりーまん講座』など人気作をもつ、ギャグ4コママンガの名手が描く、幕末妄想群像劇。

リンク先から、ちょっぴり立ち読みができるぜよ。

勝海舟は「龍馬よ、日本の国の中での争いなんか、ちいせえ、ちいせえ。もっと視野を広くもちねえ。地球は宇宙人の攻撃にさらされているんだぜ!」と、宇宙人やら、あとらんちすの謎やら、むう帝国やら、吹きこんで龍馬をめざめさせる。そら宇宙人相手で地球の危機となれば、日本国内での争いはちいさいわな。

西郷吉之助は、イモとキン×マのことしか頭にない。征韓論は朝鮮に芋畑を広めたいから。

酒癖の悪い高杉晋作は、酔うと、そこらに火をつけてまわる。

労咳をわずらってるんだけど、大飯ぐらいのデブで血を吐くのが芸の沖田総司。

歴史にうとく、本格的な小説にとりかかるのがおっくうな人は、まずは、このマンガで勉強だ!

あたくし、うっかりしておったのですが、今年の3月に新潮文庫から、文庫版が刊行されていたそうな。竹書房の大判には載っていない話も掲載されているとか。

これは手に入れないとイカンでごわす。イモ……。
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック