FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2010年07月21日 (水) | 編集 |
ギルドをあげての迎撃作戦を準備中。

ギルドをおそう敵は、推定200万超人パワー。対するわがギルドは、総力あげても100万超人パワーくらい。

ただ、敵は油断しきっており、つまみ食い程度のつもりなのであろう、40万パワーくらいの超人ひとりだけで攻めこんでくる。願ってもない各個撃破のチャンスである。キャー!

ギルドのみなは勝利の目がでてきたことに心燃えあがらせているが、ただ一人、すっかりやる気のなくなってしまった人がいる。

ギルドマスターである。

ギルドマスターは、参謀長が精力的に動き、メンバーにどんどん指示を出しているのをみて、

「わたしを軽んじてるんじゃないですか。どうして、先に相談しないんですか。指揮系統が混乱しています!」

などと怒りだし、すっかりスネてしもーた。参謀長が計画の許可をもとめても、なしのつぶてらしい。ログインだけはしてるようだけど、英雄を育てるのもやめちゃったみたい。

困った人だなー。

軽んじてるもなにも、アンタ、

「わたしはソロが好きなんです。ギルドのめんどうくさいことは、やりたくありません。参謀にまかせます」

って、ギルドの掲示板に堂々と書いてるじゃないの。それは「私は、いてもいなくてもいい人間です」って宣言してるのと、どう違うのかね? 逆に、どういう根拠でリーダーとして尊敬されるつもりなのか聞いてみたい。

計画の許可を求められて、気を使われてるだけ、まだありがたいと感謝すべきだ、とか思っちゃう。ひどいかしら?

あたくしは、「なにもしないリーダー」って撞着語法だと思うんだけど、こういうのが平気なひとが、世の中にはけっこういるのよねえ。

勝利したあとに、ギルドマスターが抜けそうな予感がいたしまする。
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック