FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2010年05月19日 (水) | 編集 |
夜中、家のそばにある自動販売機にジュースを買いに行った。

どれにしようか迷っていると、足に、のっ、というかんじで重みがきた。なにごとかと見ると、靴のうえに猫がまるくなってのっかっていた。まるまると肥えた猫で、すごく重いの。

なにこれ!

ずいぶんと人なつこいなー、かわいいなー。頭をなでようとしたら、触られるのがいやなのか、耳をふせて頭をとおざけ、しまいには牙むいて、

「カーッ」

威嚇するの。

じゃあ、おまえどけ! 重いから!

足をはらおうとしたのであるが、思いもよらぬワナにおちいってた。

足にのっかる猫に気をとられているうちに、まわりが猫だらけ。10匹ちかい猫が、カップルをみつけた暴走族のごとくに、あたくしの周囲をぐるぐるまわり、足にじゃれつき、しまいには人間の盾ならぬ、猫の輪ができあがった。

夜の猫集会のまんなかに、まぎれこんでしまったのであろうか。

猫のみなさんは、あたくしに興味などないという風に、あちこちそっぽを向いている。そのくせ、動こうとすると、みんなしてこっちを見てニャーニャーいうの。

「かえらニャイでー、そこにいてー、ニャーニャー」

とでも言ってるのかしら。かわいいのう。が、なでようとすると露骨にいやがり、不機嫌そうな視線でにらみつける。猫の三白眼、こわいわ!

あたくしが身動きするたびに、ニャー、ニャーと、一斉に愛らしい鳴き声をたてるのであるが、そのうち気がついた。

鳴き声や仕草をカワイイと感じるのは人間の身勝手というもので、こいつら、

「人間。ワレはずっと、そこにたっとき。ワシらの気がすむまで動くんやないで」
「あっ、こいつ、動くなゆうのに」
「このボケ、うごきゃがって、じっとせいゆうのんがわからんか」
「いちびっとんやないで」
「さわんな、ワシにさわんなや!」
「おどれ、たいがいにさらせ、人間コラー、ボケ」
「しばくぞ、ワレ」

などと言ってるに違いなく、であればこそ、あたくしさっきから「シャー」だの「カー」だのと、威嚇されているのであろう。

気の弱いあたくしは、猫さまと目があうたびに、

「すんません、すんません」

と、あやまるはめになり、猫さまはそのたびに、

「ちっ、しょーもない」
「うっざいわ、このガキ」

とでも言いたげに、ぷいと目をそらすのである。

動くに動けないあたくしは、自動販売機の前で猫にかこまれて一時間ばかり、ボーッとしていた。最後には、足にのっていた大猫さまが、のっそりと動きだしたのを合図のように、

「ほな、きょうはいぬわ」
「さいなら」
「おつかれ」

三々五々、猫さまたちは散っていった。ひとり、とり残されたあたくしの、この寂寥感をどうしたらいいのであろうか。

おかげで寝るのがおそくなり、朝、寝坊して会社に遅刻した。猫集会はおそろしい。
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
Re: タイトルなし
こんばんは、コメントありがとうございます。

重さと柔らかさを、いっしょに表現できるような書き方はないかと
あれこれ考えた末の、のっ、でしたが、気に入っていただけてうれしいです。
へへへ。
2010/05/20(木) 22:55:30 | URL | たれぞう #-[ 編集]
相変わらずの、キレある文章にうっとりしました!
「足に、のっ、というかんじで重みがきた。」を読んだ瞬間、思わず正座しました。

「のっ」

……ああ、ステキですね、この表現(´▽`*)
2010/05/19(水) 14:01:52 | URL | mikari #GMs.CvUw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック