FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2010年05月14日 (金) | 編集 |
先に、お知らせ。例の小説を更新しました。

すこし前まで頭かかえてもがいてたのですけども、ようやくその時期を脱しました。しばらくは、快調に書けそうな気がします。せめて週に一回は更新せんと、ほんとうに先に寿命がつきてしまうわ。

---------------------------

しばらく床屋にいっておらず、髪がうっとうしくなっていた。仕事にすこし時間があいたのをみはからい、いきつけの床屋にいってきた。

あたくし、美容室などという軟弱な場所にはいかぬ。だんじて床屋である。カミソリもったおっさんが待っていないと、心が燃えない。

というか、若い女性美容師がたくさんいたら間違いなく挙動不審になるので、そういう場所は近寄らない。

「やだ、この人、加齢臭すごい!」

と、嫌がられてるのじゃないかと想像すると、いたたまれなくなり、

「申し訳ございません! もう二度といたしません!」

叫んで、その場で腹をかっさばきかねない。

そう言っておいて、実は、いきつけの床屋は女性の理容師の店なの。キャッ、前言撤回、やっぱり女の人がいいよね。悪臭はなつしか能のないおっさんは、神の怒りにうたれて滅亡すればいいよ。

もっとも女性店長といっても、あたくしよりも上の年齢の方である。やたらとお喋りな、おばちゃん。たいへんに気さくな店だ。

だが、あたくし、毎回わずかな不満が残る。店長ったら、前髪をあんまり切らないの。

「どうですか?」

と鏡を示されるが、明らかに前髪だけが長い。

もうちょっと切って下さい。はい、ちょんちょん、いかがですか? もうちょっと……。ちょんちょん、いかが? となって、最後は面倒くさいので「それでけっこうです」ということになる。

あるとき、これは、

「あなた、切れっておっしゃるけど、ねえ。切ったら、あの、オデコ……。切れとおっしゃるから申し上げますけど、あなたのオデコ、そうとう広うございますわよ。丸出しにして町を歩くのもかまわないと、おっしゃるなら切りますけれど、本当によろしくって? 前からくる車が、なんだよライトをハイビームにしてんじゃねーよ、と思ったらオデコの反射だったなんてことになっても、あたくし責任とれませんことよ?」

と言ってるにちがいないと気づいてしまった。

おれのオデコはそんなに広いのか、前髪で無理やり隠さなければならないほどなのか、くそう、くそう。屈辱にふるえた。

しかし、このごろでは、髪のプロが「お前のオデコは前髪で隠せ」と言うのならば、隠すべきだろうかとも考えなおし、おとなしく切られるままにされている。

ところが、先日に限って、むきむき短髪、小麦色の肌をした兄さんが店番をしていた。雰囲気は、晩年の三島由紀夫に似た感じであるが、若い。30にもなっていないのではないか。

やだ、こわい! ここ、床屋じゃなくて、 "Gay cruising spot" なの?

お兄さんは白い歯を見せてにこやかに笑い、「いらっしゃいませ」と、言うの。あら、なんて素敵な声色。あたくし、魅入られたかのようにフラフラと椅子に座ってしまった。

「今日は、どういうふうに?」
「全体に短く切ってもらえますか」
「おれみたいに?」

また、爽やかにほほえむ、むきむき兄さん。思わず、はいと返事をしてしまった、この魔力はどうであろう。

むきむき兄さんは、豪快に髪をかりこんでいく。手つきに、ひとかけらの躊躇もない。終始、おだやかな笑顔を浮かべている。男に触れることが楽しくて仕方がない、といった様子である。

あたくしの人生のなかでも、いちばんの早い時間での仕上げ。兄さんは、かなりの技量の持ち主であった。

「おつかれさまでした。またよろしくお願いします」

兄さんは大胸筋を強調するように、胸を張ってお辞儀をする。たくましい胸元に視線釘づけ。なにか怪しい熱さがこみあげてくるが、あわてて否定した。

そんなわけで、今はとっても髪が短い。そうなって分かったのだが、おばちゃんが前髪で隠せと言ったのも、実に無理からぬ意見であった。

オデコに太平洋が存在していた。パシフィック・オーシャンである。じつに壮大な眺望。

あたくしが幕末に生まれていたら、坂本龍馬があたくしのオデコをみて海援隊を思いつくに違いなく、勝海舟と、

「龍馬よ。あのオデコのむこうに、あめりかがあらあな」
「先生、わしも行ってみたいキニ!」

などという会話をかわしたかもしれぬ。

オデコの広さも、考え方次第では勇壮な心をやしなう糧となりうるかもしれない。そんなことを思った。

……わけがない。せつない。
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック