FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2010年01月05日 (火) | 編集 |
仕事の昼休み、喫茶店で、読みかけの文庫本を開きながらコーヒーを飲んでいた。あまりコーヒーは好きではないのだけれど、たまに飲むと美味しい。ああん、しあわせのひととき。

しあわせを増すのは、となりの席に若い女性が座っていること。年の頃、二十代前半。おとなしめな化粧の、愛らしいお嬢さんである。きゃーん。

おっさんの視線は不快だろうから遠慮せねばならないが、おっさんには見ないという選択は存在しない。見てはいけないが、見る。この二律背反を解く方法はあるだろうか。

ある。

文庫本を目の高さに持ち上げる。あくまで自然を装い、姿勢をわずかに女性方向に傾ける。ついで、眼球をじわじわと動かす。視界の端ぎりぎりに女性の姿が映る。端から見れば、読書にふけっているようにしか見えぬであろう。もちろん、読書はしている。同時に、懸命に携帯をいじっている女性の仕草も見えてしまう。

かくして、読書と美人見を一度に楽しむことが可能になる。ありふれた喫茶店が極楽と化す。わあ、いかなる前世の功徳によるものでありましょうか、仏様?

ほどなくして、女性のお友達がやってきた。待ち合わせだった様子。

「ごめーん。遅くなった」
「いいよ。まだ時間じゃないし」

きゃーん。女性が二人。しあわせも二倍。読書に振り向ける神経は、たちまち通常の五分の一に減じた。すなわち、

・女性Aの姿
・女性Aの声
・女性Bの姿
・女性Bの声
・本

この五つの作業を並立的に処理しなければならないからである。これぞ、マルチタスク。

「なにしてんの」
「メール」
「ふーん」

しばしの沈黙。

「なんか面白いことあった?」
「うーん。あー、アバター見た」
「映画か」
「そう」
「どうだった?」
「それがね、すごかった」

こうして、女性の片割れは「アバター」のストーリーを語り始めた。その声のでかいことと言ったら。聞きたくなくても無理矢理に耳に押し入ってくるような大声。あたくしは、聞こうと思って耳をそばだてていたのだけどね。

君ら、周囲の人のことを何も考えてないな! これから見ようと思ってる人が店内にいたらどうするのだ!

「ぼくたち、これからデート。映画見るんだ。アバターがよさそうだよね。楽しみだね。二人の思い出になるね。うふふ、愛してるよ、愛してるよ、ちゅっちゅっ」

なんていうカップルがいたら、腹立ちまぎれに殺されかねない。

あたくしだって相手が、あたくしより年下で、あたくしより力が弱くて、あたくしより気が弱そうな、たとえば小学生男子だったら居丈高に「うっせー黙れ!」と一喝するところである。中学生男子になると、もう怖いから叱れないけど。

だが女性なので許す。あたくし、女性が相手ならなにもかも許す。この度量の広さはどうであろう。御旗楯無も照覧あれ。

かくして、あたくしは喫茶店で隣に座った女性から「アバター」のストーリーとラストを聞いてしまった。ああ、しあわせ。みんなにも、しあわせのおすそ分けをするので覚悟されたい。ねたばれとか、なんとか、もう知らねえ。

「なんかねー、主人公のお兄さんが怪我するんだよね。それで代わりに主人公が連れてかれんだ。あ、主人公が弟なんだけどね」
「へー」
「弟は俺かんけーねーし、いきたくねーしって、ぶちぶち文句いうの。で、なんかへんな青いのと地球人が戦うんだ」
「へー」
「まじきもいじゃん。あの青いの。でもさー、なんか見てるうちに慣れてくんだよね」
「あー、わかるかも」
「で、なんか主人公が青い女を好きになっちゃってさー。まじかよー。メスだよ、あれ」
「メスかよ」
「メスじゃん。青いしさー。女じゃないよ」
「なんかうけるー」
「でさー、主人公がメスへの愛と地球人のあいだでうじうじなやんでさー、俺が解決してみせるとかいって頑張る気になってー」
「へー」
「で、地球の軍隊やっつけちゃってさー」
「へー」
「最後、なんか青いやつの長老みたいのが術を使って、主人公を青いのにできるから選べとかいってさー。主人公青くなっちゃうんだー。で、メスと仲良く暮らすの」
「まじー」
「まじだよー。メスだよ、メスー。ありえんでしょ。きもいじゃん」
「うけるー」
「なんかねー、すごかった」
「なんか聞くと、すっごいつまんなそうだよね」
「いやいやいや、それがちょーおもしろいんだって。あれは見るべきだよ」
「まじー。じゃー、こんど見ようかな」
「うん、見た方がいいよ」

これが、ガールズトークというやつであろうか? その現場に立ち合ってるの? キャー! あたくしは大興奮。目は活字を上滑りするだけで、本の内容がひとつも頭に入ってこない。

と、女性Bが時計をちらっと見た。

「ちょっと、C子遅くない?」
「いつもじゃん。あの子、時間通りにきたことないじゃん」
「そうだよね」
「化粧に手間取ってんじゃないの」
「気合いれてんのかな」
「どーでもいい顔してんのにね」
「うけるー」
「化粧も、いつもだっさいしさ。昭和の顔だよ。昭和」
「まじで。うちら平成なのにね」
「ひとりだけ昭和だよ」
「うけるー」
「服も変じゃない?」
「あー、あの子センスないよね」
「全身ユニクロみたいじゃん」
「ねー。あれはありえないよね」
「あんた教えてあげなよ」
「無理だよー。そんなこと言うなら、あんたが教えなよ」
「全部だめってなんか言えるわけないじゃん。いいとこひとつもないんだし」
「うん、あたしなら、そんなこと言われたら死ぬかもしんない」
「ねー。まー、あの子面の皮厚いから平気かもね」
「どんな女だよ、まじうけるー」

そこにC子さん登場。

「ごめーん。まった? 遅くなっちゃった」
「もー、遅いよー」
「待ってたんだよー」
「C子はおしゃれだからさー、気合いれすぎなんだよ」
「そんなことないよー」
「でもメイク決まってるじゃん」
「そんなことないって」

三人は、ファッションやらメイクの話題やらで、きゃっきゃっとはしゃいでいた。

おおおおお、おんなこええええええ。

公共の場で、そんな裏の顔全開して女同士の暗闘を展開しないでもらえんやろか。おじさんは怖くて怯えてしまうので……。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
Re: タイトルなし
おお、ご覧になりましたか!
評判いいですね。
ぼくも観てみようかなー。
2010/01/13(水) 03:18:16 | URL | たれぞう #-[ 編集]
「アバター」観ました♪
技術的には映画史に残る傑作だと思いました。
映画館で3Dで是非~!
2010/01/11(月) 23:30:19 | URL | ミユウ #-[ 編集]
>みとさま

復調されましたか。
無理なさいませんようにー。

やっぱり女の人同士でも怖いですか。
男が太刀打ちできるはずないぜ!
アハーン。

>ミユウさま

ありゃ!
映画マニアの友人によると、技術的には映画史に残る傑作だそうです。
ぜひぜひ3Dで御覧下さいとのこと。
見たあとで、今回のエントリーを覚えてたら、
また遊びにきてくださーい。
うふふん。
2010/01/08(金) 09:41:41 | URL | たれぞう #/blqkyuM[ 編集]
きゃあー!!!
「アバター」今月中に観ようと楽しみにしてます♪
ので、↑上記は途中からスルー。
2010/01/06(水) 22:22:19 | URL | ミユウ #-[ 編集]
他人の会話がやっぱり面白いww
女の黒さが出てるね

怖くて怖くてたまに胃がやられますけどネ

てな訳で
正月へたってましたが、今年もよろしくお願いしますー
2010/01/06(水) 19:51:23 | URL | みと #6Q0y.L1Q[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック