FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2009年08月12日 (水) | 編集 |
さあ、今年も流星群の夏がやってまいりました。

と言い条、実は昨日11日からが活動の極大期だったよう。忘れてたぜ、出遅れたぜ、いえーい。

■国立天文台 「夏の夜、流れ星を数えよう」キャンペーン
http://www.nao.ac.jp/phenomena/20090811/index.html

「世界天文年」に「三大流星群」をぜんぶ見よう!
 2009年は、イタリアの科学者ガリレオ・ガリレイが初めて望遠鏡を夜空に向け、宇宙への扉を開いてから400年経った節目の年として、国際連合・ユネスコ・国際天文学連合によって「世界天文年」と定められました。国立天文台ではこの2009年に、「世界天文年2009日本委員会公認イベント」として、「三大流星群」と呼ばれる3つの流星群(しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群、ふたご座流星群)を対象にして、それぞれの活動時期に合わせた3つのキャンペーンを、「世界天文年2009 公認イベント」としておこなっています。



今回は、夏のペルセウス座流星群。極大は、13日夜から14日の朝にかけて。晴れていれば、かなりの流星群が観測できるもようですね。

うおー、ちょっと参加してみたいぜ。仕事休めないのだけどもね。切ない。

詳細は、国立天文台のページをごらんくださいまし。晴れるといいね。

****

さて、以下は完全に余談なので、興味のある方のみご覧下さい。

ところで、すでに1月に終わった「しぶんぎ座流星群」の「しぶんぎ」ってなんだろう? 調べてみましたら、同じく国立天文台のサイトに解説がありました。

■しぶんぎ座流星群の特徴
http://www.nao.ac.jp/phenomena/20090102/index.html#Section2

「しぶんぎ座」という名前は、現在では存在しない「壁面四分儀座」という星座に由来しています。星座は無くなっても、流星群の名前としてはそのまま使われているわけです。しぶんぎ座流星群の放射点は現在のりゅう座とうしかい座の境界あたり、りゅう座ι(イオタ)星付近にあります。このため、しぶんぎ座流星群は「りゅ う座ι流星群」という通称で呼ばれることもあります。



へえ、壁面四分儀座というのがあったのか。天文の観測機器のことだろうが、分からない。こうなると、壁面四分儀というのが何か調べたくなってきますね。

で、見つけました。

http://keisoplaza.info/+museum/matsumoto/inst02.pdf

PDFファイルなので、見られる環境の方のみで失礼。図2を参照してくださいませ。こんな、どでかい機械で観測してたのですね。

文章もとても興味深いので、ぜひご一読を。

以上、完全に脱線した余談でした。はっはっは。
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
こんにちは!

ありゃー、残念ですね。

ぼくも、まだゼロ個です。雲が多くてだめだなあ。

たしかに、お月様は綺麗でしたね。

ぼくが観察に出たのは午前3時頃で、月の左下に強く輝く星が一つあったのだけど、なんの星だったのかな。星の名前が分からない困り者です。アハハ。
2009/08/16(日) 16:05:16 | URL | たれぞう #/blqkyuM[ 編集]
昨年に引き続き、今年もまだゼロ個です。
雲が多かったり、空が明るかったり・・・
でも、月がキレイだったから、まあいいかな☆
2009/08/15(土) 22:53:47 | URL | ミユウ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック