FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2009年03月25日 (水) | 編集 |
「毎日かあさん 第5巻 黒潮家族編」 遅まきながら購入しました。西原理恵子が大好き。

二人の子供を、女手一つで育てるサイバラ先生。日々の奮闘を描くマンガです。

このマンガは、女性に読んでもらいたい。とくに、男の子を子育て中のお母さんなら必見です。男の気持ちが分からないと嘆く女子のみなさんも、ぜひに。

ぼくは、宮部みゆきの小説に一つだけ不満があり、それは、彼女が描く少年に今ひとつリアリティを感じないこと。中性的というか、きれいすぎる。ああいう男子もいるのでしょうが、大多数の男はそうではありません。

このマンガには、男子の阿呆な生態が全て、ありのままに記されている。男子は汚い。男子は臭い。男子はガサツで、衝動的で、考え足りずで、そのくせ心は打たれ弱いのです。

男の子に「たくましく育て」と願うことは、本当は弱い生き物であることの証でもあります。女の子が「おしとやかに」と願われることは、本当は逞しいことの裏返しです。

男にとって、女性からの愛だけが生きる支えです。どうか通報しないで下さい。

5巻では、この話がお気に入り。

──油量 [単行本24ページ]

(とある奥さんのモノローグ)

結婚前に夫が油性だなあと何となく気がついてはいましたが

すぐに男の子二人に恵まれドトウの育児。

ああやっと子育てが一息ついたかしらとふと思った夏の日

男達の洗たく物が油まみれで水をはじいて洗えないのよ。

そのころは肌のためエコのためって使ってた低公害洗剤をやめ

塩素系漂白剤をぶっかける事でかたづけ

翌年の夏

毎年三人の油量がふえてるワケよ

このころ(息子中学)になると油にさらに においがつき

先日ふと あ、うちの三人と同じかおりがする。

水族館のトドのオリ前で同じニオイなのね。

しかも洗っても洗ってもニオイとれず

(奥さん泣き顔で)「よその洗たく物にニオイがうつるの」

このころより奥さん自分ちの男共を、油1号2号3号と呼ぶようになる。

その次の夏

とどまることなくふえる油量とニオイ(前年比)

奥さん「こんなに夏を怖がってる主婦って私だけっ」
サイバラ先生「いやあの」

今年夏

奥さん「光が見えたわー」

……とある解決方法が見つかりました。オチのコマは、本にて!



なお、「毎日かあさん」は、毎日新聞で毎週日曜日に連載中。毎日新聞のウェブサイト「毎日jp」で、第1・第3日曜日の作品が転載されてます。無料で読めるぜ、まあお徳!

毎日jp 「毎日かあさんち」 http://mainichi.jp/life/kaasanchi/

画面右側の中段あたりに、マンガへのリンクがあります。見つけて、読むべし!
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
やあどうも。

女の子のくさいのは許します。
女の子の脂っこいのも許すぜ!
ハアハアですね!

男は、一度臭くなると、そのまま永遠に臭いというのが呪われてます。
男の全滅を神に祈る日々です。
2009/03/27(金) 10:26:03 | URL | たれぞう #/blqkyuM[ 編集]
私は「うちの三姉妹」というのを楽しみに読んでいます。
大変だなあという子育てへの感想から
最近はどうも婆の視点というか、
この時はほんのひとときで二度と帰らないものだから楽しんでね
    ・・なんておもってしまいます。
すっかり婆です・・・まじ婆です・・・。

あ・・・ちなみに
男の子はくさいですw
でも
女の子も意外とくさくて、
脂っこくなるのは、
どうもお年頃だからみたいよ?
水をはじきますwwwww
2009/03/25(水) 22:07:04 | URL | MOMO #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック