FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2009年02月11日 (水) | 編集 |
なんだか、パンダの帽子が超絶的に欲しくなったの。決して、ゲームのアイテムではなく、本物の帽子。

夜の散歩で温かく使いたいので、できれば耳あてつきで、ふわふわした素材のものがいいのである。

ヤフオクで検索してみたけど、子供用の品物か、パーティーグッズの、パンダ好きに喧嘩売ってるとしか思えぬ、かわいさの欠片もない粗悪品しかない。

成人男性が日常使用できるパンダ帽子は、存在しないのだろうか。成人男性が、ぱんだを愛でてはならないというのか。なんということだ、日本はいつから、単一の価値観しか認められない全体主義国家に成り下がったのであろう。

怒りを抑えながら辛抱強く検索してたら、イメージに近い帽子を売ってる店があったわ!

「手作り子供帽子 チャームトゥリー」
http://www.water.sannet.ne.jp/chamtree/index.html


これのA-02パンダ帽子が、大変に気に入ったぜ? ウワー、欲しいわ欲しいわ、寒い夜の心霊スポット探索とかにも、いい感じだわ!

ただ、Lサイズなら「大人もかぶれます」とあるものの、はたして、おっさんのでかい顔&頭にも似合うかどうか。

あるいは、おっさん仕様を特注すべきだろうか? お店に問い合わせようか、本気で迷っている今日この頃。
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
>ミユウさま

こんばんは~。

ゴムの通しは、トップページから中に入ったとき、画面左側に「マフラーのとめかた」と出ている、これのことじゃないでしょうか。マフラー部分を片側に通し、前でクロスされることで、首周りがあったかという。

この商品、あちこちがふわふわで、幸せになれそうな気がするのです。

普段、首と手首は厳重にガードしてますが、足首はおろそかにしてたかな。気をつけてみます。情報ありがとうございます!
2009/02/11(水) 22:39:13 | URL | たれぞう #/blqkyuM[ 編集]
>なちさま

ようこそ!

モデルが全員女の子ですし、まあ、ふつうに考えて、おっさんは対象外の商品ですよね。

なかなか、いいなあと思えるものがなくて困ります。

やはり自作でしょうか。やっぱり、耳がついてるのがいいなあと思うのです。猫耳猫耳と騒ぐ、キモい人々と変わらない気がしてきましたが。

あっ、手編みしてくれる女の子を探すと、彼女とパンダ帽子と両方手に入るという、一石二鳥?

そんな夢ばかり追い続けてると、女の子もパンダ帽子も手に入らないまま人生を終える、哀しみがこんにちはとなるのは必定。

なお、わたくし血液型はA型ですが、本当にガサツで細かい作業がダメで、ちくちくやってると、火付けをしたい衝動に駆られてくるんです。

編み物で直りますでしょうか……。
2009/02/11(水) 22:31:25 | URL | たれぞう #/blqkyuM[ 編集]
こんばんは。

フワフワのファーが可愛いですね♪
>耳も首もすっぽり包んで”あったか~
首、手首、足首、3つの首が防寒の基本らしいです!
首元のマフラー部分の内側の「ゴムの通し」って何だろう?
2009/02/11(水) 19:49:21 | URL | ミユウ #-[ 編集]
写真の後姿が可愛すぎます!
ズビシッ!と指をさしたキメポーズは
どこかサタデーナイトフィーバーのトラボルタを思い出させますね
また、ほっぺたのお肉が盛り上がり鼻を埋めているあたりも
子供らしさ炸裂で、いいモデルを使ったなあと関心しました。

この手の帽子は、大きさよりもかぶったときの深さが大事だと思います。
すっぽり頭を覆うのであれば、とてもキュートですが
中途半端な深さですと、頭にのっけているような"浮いた"状態になってしまいます。
サイズ56は、成人男性でも着用可能な大きさですが
それはウェスト周りと同じです。
Tシャツで例えるなら「入ることは入るけど、ヘソ出ちゃうよ!」
みたいな感じですネ。
ニット帽ですと、伸縮性がありますのでそちらもご検討なさると良いかもしれません。
「パンダ ニットキャップ ニット帽」で探すと色々出てきますよ~
あとはご自身で手編みなさるとか・・
最近では男性も編み物を始める方が多いです。
編み物には癒しの効果があり、1目1目集中しているうちに
アルファーファが脳から出るとかなんとか
宇宙からの電波をキャッチできるとかできないとか
もしかしたらあの世とこの世をつなぐ架け橋も見えちゃうかもっ☆
趣味と世界をひろげる良いチャンスですよっ笑
2009/02/11(水) 11:34:35 | URL | なち #rC8ajEyg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック