FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2009年01月28日 (水) | 編集 |
あたくし、初対面の人には、真面目で神経質そうに見られるんです。メガネかけて、おたく的な風貌のせいでしょうか。

でも、本当は、真面目からほど遠いんです。おそろしく、いい加減で、適当なんです。緻密さのかけらもないんです。

いつも、ぼんやり夢想にふけっているので、仕事でも失敗ばかりです。絶対にミスできない大事な仕事だ! 頑張らなければ、気をつけなければ、集中しなければ! と気を張っているはずなのに、いつのまにか妄想の中で一生懸命仕事をこなし、現実のあたくしは、ぼんやり突っ立ってる──など、いつものことなんです。

目玉焼きを食べようと思い、冷蔵庫から卵を取り出しました。難しくない作業ですから、意識せずとも自動的に手順を踏んで、身体が動いてます。ああ、昔、仲良くしてくれた女の子が作った玉子焼き、とっても美味しかったなあ……なんてことを思い出しました。ひととおり甘い思い出を反芻し、ハッと我に帰ると、卵の中身を三角コーナーに捨てて、フライパンに入ってるのは殻だけ。そんなこと、よくあります。

また、右と左の選択肢があって、右にいかなきゃいけなかったとします。「右だ、右だ、右だ、よし右だ!」と、さんざん自分に言い聞かせ、いざ動き出したら、躊躇なく左に進んでいた、というのも日常茶飯事なんです。

ちょっと自分でも怖いくらいなんです。

なにが言いたいかというと、たった今も、えらい失敗したんです。

友人の染井くんも、トラビアンで遊んでいます。染井くんは、NPC取引をよくやる男で、物資の融通がききますので、便乗して物資を交換してもらっています。

染A                                   染B 私A

村の位置関係を図式で表すと、こんな感じ。「私A村←→染B村」の間で資材をやりとりするのが、あるべき形です。

あたくしは、自分の資材を染B村に送りました。染井君のアカウントにシッター(副管理人権限みたいなもんです)で侵入し、染B村から私Aに向けて資材を発送すれば、作業完了ですが、ぼんやり考え事をしてましたら、染A村から、私A村へ発送する指示を出してました。

ウハハハ。

到着まで、片道7時間半かかるという遠距離輸送。往復15時間。丁寧なことに、「2往復する」にチェックいれましたので、染井君の商人は30時間拘束されて使えないことになりました。

なにが恐ろしいかって、ぼんやり意識とばして確認怠ってるくせに、2往復にチェックはしっかり入れて、余計な手順だけは正確にこなくしてるところですよね。おかげで被害拡大。

ウハハハハハハハハハハハハハハ。

この失敗、初めてじゃないんです。3回目くらいなんです。救いようがねえな。引いたらアカン、わろうてごまかさな。わろとけ、わろとけ。

ウハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ。

染井よ、すまねえ

面と向かって言うのが怖いので、ブログに書いておきます。
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック