FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2008年12月06日 (土) | 編集 |
平穏な日々。のんびりと勢力伸張に励んでいる。

しかし、同盟の外に目を転じてみれば、大規模な同盟間戦争が起こっている。W同盟に関係の近い同盟が関わっており、戦争が起こることの通達は来たようだが、参加するまでもなく大勢は決したらしい。

一つの大同盟が消滅しようとしている。

話では、一つの村が動員する歩兵の単位が、一万に達したとも聞く。もちろん、こんな大兵は、通常の村では養うことができないから、農場持ちの仕業だろう。それにしても、生半可な兵力では、文字通りに鎧袖一触となってしまう状況となったようだ。

ああ、わたくしも農場か、オアシスが欲しいなあと願ってはいるが、なかなか手の届くところには、都合のいい目標はない。わたくしに大兵を与えてくれれば、面白い働きができるのになあ。

そんなことを考えつつ、いきものがかりの動画を探して、ニコニコ動画をさまよっていた。ひょんなことから、わたくしの心情に、ぴったりくる動画を見つけてしまった。わたくしがやりたいことを、ズバリと表現していた。見るがよろしい。



松永久秀を知らない方のために、wikipediaから略歴を引用。wikiへのリンクはこちら(→松永久秀)。

父は不明。嫡男に松永久通、養子に松永永種、また弟に松永長頼がいる。

はじめ三好長慶に仕えたが、やがて三好家家中で実力をつけ、長慶の死後は三好三人衆と共に第13代将軍・足利義輝を殺害し、畿内を支配した。しかし織田信長が義輝の弟・足利義昭を奉じて上洛してくると、信長に降伏して家臣となる。その後、信長に反逆して敗れ、文献上では日本初となる爆死という方法で自害した。

下克上を体現した典型的な戦国武将で、第13代将軍・足利義輝暗殺や東大寺大仏殿焼失の首謀者と伝えられ、陣中にあっては女色にふけるなど、狡猾で傲慢不遜の「乱世の梟雄」であり、北条早雲・斎藤道三と並んで日本三大梟雄とされる一方、立ち振る舞いが優雅で容姿優れ、連歌や茶道に長けた教養人であったといわれ、領国に善政を敷いた名君としても知られており、信貴山城近郊の人々に現在でも慕われている。またその生き様から現在にも一部に熱狂的なファンがいることで知られる。



W同盟の人が、このブログを見ていませんように。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
北条! 関東者には、あちこち所縁の土地がありますが、なんだか地味ですよね。氏康までは、輝いてるのに、だんだんくすんできますよね。悲しいですね……。
2008/12/08(月) 21:57:06 | URL | たれぞう #/blqkyuM[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/12/07(日) 23:11:37 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/12/06(土) 23:40:31 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック