FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2008年02月03日 (日) | 編集 |
ようやく精霊草を揃えた。

えらいことであった。途中でパソコンの調子がおかしくなって、どうしても直らないので半分ヤケクソ気味にOSを再インストールしたら、秘蔵ハアハア動画をバックアップし忘れ、50G分を吹っ飛ばして茫然自失、ショックで一日寝込んだが、無くしたものを悔やんでも仕方がない、思い返せばたいした動画はなかった、また集めればいいんだ、まだまだいけるこれからこれからと、自分に言い聞かせて気を取り直し、いろいろ再設定して、元の通りに使えるようになったのが昨日。

TWも30分かけてダウンロードした。

イスピンは、春の洞窟で精霊草が生える場所でログアウトしていた。ログインした目の前に、ナヤの大群が蠢いているが気にしないことにする。UOメインで育ってきたわたくしは、BOTというものに慣れておらず、騒ぎすぎたかもしれない。

心頭滅却すれば火もまた自ずから涼し、と唱えて往生されたのは快川和尚だったか。わたくしも倣うとしよう。

見えぬ、見えぬ、BOTなど見えぬ。ホホホホ、ちいとも気にならぬわ、ホホホ。お、精霊草が湧いた。よし、なぐっておくとしようか。あ……。

……。

おのれええええ、小賢しいBOTめがあああああ! そこに直れ、たたっきってくれるわあああああ! と、だんびら振りかざしてBOT追い回すこと数時間。ようやく、精霊草が3つ採れた。とっとと胸糞悪いこの場所を去ることにしよう。ぺっぺっ!

呪いのガムを取り去る魔法のブラシを作ってくれるのは、クラドの町長バタナ翁。やれやれやっと臭い靴ともおさらばだ。ところが翁は、材料を受け取ると、言いにくそうに呟くのである。

「わしも、ガム踏んじゃった……。この材料、貰ってもいい? ほら、わしって町長じゃん? 町を離れるわけにはいかないんじゃよ。お前は身軽だから、もう一回取ってくればいいじゃん? 他人への思いやりは大切じゃよ。ね? くれるよね? OKべいべー?」

わたくしは、頼みごとされると嫌と断れないどころか、不満な気持ちを顔にも出せないほどに気が弱い。だが、この時ばかりは「はああああああ? 何いってんの、オメエ?」と、力いっぱい言わざるを得なかった。

わたくしの人生経験から言うが、「××だから、××できない」っていう言い訳を平気で使うやつは、人をなめきっている。この言い訳には、自分は楽して他人を働かせよう、利用してやろうという魂胆が根底にある。ストレートに表わしてしまうと体裁が悪いから、取り繕うために「町長だから」なんて付け加えているにすぎない。

本気で必要なものは、他人にまかせておけず自分で行動するのが人間である。こういう爺に限って、えっちビデオが見たくなったときは、いそいそと隣町のレンタルビデオ屋に出かけていくのだ。わたくしの経験から言うのだから、間違いはない。

それだったら、「面倒だから頼む。相応の金は積む」と、はっきり言ってくれたほうが、仕事と割り切って動ける分、気持ちがいいではないか。

過去に、いろんな人から、「自分はゲームで忙しいから、対戦相手を調べるのは無理だ。お前が探してくれ」とか、「映画を見るのに忙しいから、パソコンの調子が悪いのはお前が直してくれ」とか、「娘がいて忙しいから、クラブの運営は宜しく」と面倒を押し付けられ、いいように使われたあげく、最後には「信じていたのに騙されていたと分った」なんて切り捨てられてきたわたくしは、この論法を耳にするだけで、怒りで我を忘れそうになるのである。

「ジジイ、おどれ、なにいうてけつかんねん、調子こいたらあかんど、くたばれ、おっちね、ボケ!」(あとで、あまみやさんに添削してもらう予定)

と罵ったわたくしは、春の洞窟にいる。精霊草が必要になったから……。ジジイに取られちゃったから……。

それからまた数時間、BOTの華麗な暗黒自動舞踏を見続けて、めまいでふらふらになり、這うようにクラドの町に戻った。

「すまんかったすまんかった、ホレ。魔法のブラシじゃ。呪いのガムには気をつけるんじゃよ」

と、たいして悪びれる様子もなく、ブラシを差し出すバタナ翁。「気をつけるのは、お前だがな!」と憎まれ口を叩いておく。

ブラシを持って、カウルのフリーマーケットに赴く。ここに、ガムを取ってくれるNPC「パオ」がいる。クエストを簡単に説明すると、
・ガムをつけてしまったNPCが、取る方法を知ってるNPCを紹介してくれる→
・取る方法は知ってるが、ブラシを作れないので、ブラシを作れるNPCを紹介してくれる(パオ)→
・ブラシを作ってやるから、材料を取って来い(クラド町長バタナ翁)
という流れになっている。

今度は、これを逆に辿って、パオに会ってガムを取ってもらうわけだ。と、パオが言う。

「どうやら、俺もガムを踏んでしまったらしい……」

「はああああああああああああああああああああああああああああ? なんですってええええええええ?」

どうなってるのだ、この世界は! いい加減にしろ、貴様らあああああああ!

そして、イスピンは、実はまだ春の洞窟にいるのです。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
>じゅんじゅん様
のんびり育ててくださいませ。
レベル制ゲームってのは、終わりがないですから。。。
そのうち、春の洞窟潜入してBOTツアーしましょう。

>みと様
ありがとうございまーす。
そう言っていただけると、嬉しいですよ。

>ごんた君
おひさしぶり、こんばんは!
復帰おめでとうございます。
まだ課金してないので、UO入れませんが
近日中に復帰する予定です。
会えたら遊びましょう。

TWはレベル制ゲームが平気なら、わりと楽しいと思います。
が、レベル制ゲームはある程度「効率」求められるので
UOのように、だらだら適当に遊んでる人は少ないです。
おっさんズには、やはりUOのが合ってるかもしれません。。。
2008/02/06(水) 10:32:21 | URL | たれぞう #/blqkyuM[ 編集]
こんばんは~

ちょっとばかり復帰してみました。
たまーにINしてウロウロしてるかと思いますので、UOしてたら遊びましょ!

てか、TW?ってどーなんですか、そっちのほうが興味湧いたりして。
2008/02/04(月) 22:14:07 | URL | Gon-Ta #-[ 編集]
なんとまあww

コレ読むとTWが凄く面白そうに見えてくるw
2008/02/04(月) 19:01:30 | URL | みと #6Q0y.L1Q[ 編集]
ああん、このためだったか・・・
今日春の洞窟いこうってうりが言ったのはw
入れないレベルですみませぬ;-;
キャラSTRどうしよう、スキルどうしたらいいんだろうと悩んでおりまする
2008/02/04(月) 02:53:00 | URL | junjun #H4GgZzX6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック