FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2007年11月20日 (火) | 編集 |
わたくしは、怒りを禁じえない。ぶるぶる震えて、一人関東大震災を起こしている。

わたくしのホームタウン・マジンシア。

そこで繰り広げられている悪魔軍との死闘。プレイヤー義勇軍は、街を守るために、悪魔を打ち払おうとしている……ものだとばかり思っていた。だが、違うという!

先日来、白い悪魔が強烈な爆発攻撃を行うようになった。巻き込まれたプレイヤーは、死体も残らず即死し、周囲の建物は瞬時に崩れ去る。その際、崩れた建物の残骸をプレイヤーが持ち帰れるらしい。

建物の外壁、内装品、椰子の木や茸、その他、珍しいアイテムが山ほど取れるというので、アイテム欲しさに、白い悪魔をわざわざ爆発してほしい場所に誘導するというのである。

その結果が、この有様だ。

崩壊した建物


欲の前には、RPなど吹き飛ぶという実例。なんたることだ、街を破壊しようという悪魔の手助けをするとは!

なにがコレクターか! なにがアイテムが欲しいか! 恥を知れ、恥を! くたばれ、欲に駆られた餓鬼どもよ!

マジンシアを愛するプレイヤーは、一人もいないのであろうか。

こうなったら、わたくし一人でも街の防衛に立ち上がらねばならない。AFなど要らない。街の瓦礫も要らない。白い悪魔は見つけ次第、ぶち殺す。

マジンシア防衛隊、ファイアー!

そして、ものすごい罵倒を受けている真っ最中。爆発前の白い悪魔を倒すなど、嫌がらせはやめてくださいであり、馬鹿であり、仕様を理解しておらず、帰れクソ野郎ということであった。

悪魔は、貴様たちである。ますます街を守る必要を感じた。
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック