FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2007年05月16日 (水) | 編集 |
回復薬代が痛い、痛いとお嘆きのクラブ仲間。他聞に漏れず、わたくしもお金を稼いでは回復薬に消え、稼いでは回復薬に消える日々。

なんでかなあ、と仕事も行かずに夜も寝ないで考えた。

まずは、「楽な敵叩いてもしょうがねえ。ギリギリの敵を選んで叩くべきだ!」というポリシーの元、無茶な狩場に出撃→回復薬連打→大赤字という連鎖を断ち切らねばならぬ。という結論が第一。

レベル35くらいから海底に篭ってましたからなあ。45となった今は、海底じゃつまらなくなってしまい、水晶2階に新たな楽しみの場を見出している。楽しすぎて1日に10回も転がる体たらく。金があああ。

第二に、回復魔法の得意なティチエルが、チームに一人も居ないというのがいけないのではなかろうかと思う。りおぴんは、なかなか忙しくて入れないようだし。切ないし。

ということで、わたくしが立ち上がらねばならない。ポチッと白ティチ作成。白ティチというのは、ティチエルの型の中でも、とくに回復・支援に特化したキャラのこと。反面、攻撃手段に乏しく、ソロでのレベル上げが厳しいとされている。

まあ、そこはみんなを働かせればいいんじゃよ。なんのためのクラブだというのかね? まあ、なんつったらいいんでしょ。わたしが楽をするために決まってるじゃないですか。わたしを誰だと思ってるんですか。そんな名言が、脳内をぐるぐる回る。

初期クエストは面倒なのですっ飛ばし、ナルビクの町に降臨。おおう、ティチエルかわいいのである。女子である。とても、むっさいわたくしが操作するキャラとは思えぬ。こうなったら、ネカマでアホな男を騙してアイテムを貢いでもらうしかあるまい(当初の目的を見失う)。

「わたし、かわいい?」

試しにそう発言してみて、ついハアハアした。いけねえ、自分で自分に騙されるところであったわい。

「わたし、かわいい?」で、ふと思い出したが、これじゃまるで口裂け女だよなあ。妖怪だよなあ。もっとも、ネカマ男なんざ妖怪と変わらないのであるが。

おおおう、いっそのことキャラ名「口だけ女」なんてのは、どうだろうね? 口調だけ女で、あとは全部男なのである。

「かわいい?」

と訊ねられて「かわいい」と答えると、おもむろにパンツを脱いで股間を露にし、「これでも……かわいい?」と問うてくる。そこで、「ゲッ!」とか「男かよw」などと答えようものなら、顔を真っ赤にして怒り出し、通常のネカマの3倍のスピードで追いかけてくるのである。

逃げ切れずに捕まってしまったときと、「うん、かわいい」と答えたときの結末は、あまりにおぞましくて記すことができない。

かくして、白ティチ鋭意育成中であるが、噂に違わぬレベルの上げづらさに、早速悲鳴をもらしている次第。もちろん、偽物の黄色い悲鳴で「あーん、辛いようー」と。自分でハアハア。

レベル上げ支援してくださる方、ぼしゅーちゅー。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する