FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2006年09月28日 (木) | 編集 |
対岸で活動してるネクパラAyaseより入電。

「ワレ、パパ108ヒキデAFクロカマヲ入手セリ」

大本営は戦果に沸きかえり、直ちに返電した。

「貴官ノ武勇ヲ祝福ス。引キ続キ任務ニ当タラレタシ」

てな具合の脳内一人軍隊で遊ぶのが、わたくしの趣味である。

一人国王やら、一人参謀総長、一人軍令部総長、一人連合艦隊司令長官、(以下略)などといった高級幹部から、現地の一兵士まで、ずらりと揃っている。全部わたくし自身だが。脳内を命令と報告が行ったり来たりする幸せ。

というわけで、AF黒鎌を手に入れた。ついに武器が出てしまったのだが、まー嬉しいでござるよ。ホホホ。この調子で、青腕輪まで行ってみよー。

対岸から戻ってからは、拳聖まるごしの修行。レスリングが80を超えたから、OL相手に奮闘している。

ダメージがほとんど入らないものだから、勝負は果てしなく長引く。あたかも、ラオウとケンシロウの勝負のごときである。なにせ、こっちのパンチが一発5ダメージとか、そういう世界だからのぉぉぉ。

オーラで弾き返したダメージの方が、法外に数値がでかかったりして(物理反射70%入れてみた)、そちらが主たる攻撃手段だったりする。拳聖というより、全身にリアクティブ・アーマーをまとった特攻野郎という趣きが出てきた。

おまけに、アルケミスキルとPOT効果を入れて、爆弾野郎にもなってみようかと思っている。

北斗の拳のケンシロウを目指していたのだが、これはもしかして、わたくしジャギになりつつあるのではなかろうか?

よん様もレスリングキャラを作っていると聞く。いずれフェルッカで対峙して(注・フェルッカは対人が可能な世界である)、

よん様 「くっ、なぜ拳で戦わぬ」
わたくし 「馬鹿が、勝てばいいのよ、勝てばなああああああ」

などということにならぬように、心を清く保っていたいと思った。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する