FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2006年05月24日 (水) | 編集 |
8時間立ちっぱなしの仕事を終えて帰途に着いた。腰が痛い。

最寄駅から30分、自転車を走らせねばならんのだが、途中に急な上り坂があり、これが実にしんどい。

わたくしの自転車は、いわゆる軽快車というやつ。ペダルが軽い力でこげるようになっている。しかしながら、自転車にまたがるおやじが鈍重。わたくしのことであるが。差し引くと、ちょっとばかり鈍重? って感じ。ほっとけ、ケッ。

さて、上り坂にさしかかった。無理せずに自転車を降りて押して歩けばよいものを、見栄っ張りなわたくしは降りずに上りきることに執念を燃やす。

わたくしの勇姿を望見していた女性が「あら、逞しい男性。ステキ……(はぁと」と、心ときめかせてくれる可能性が、万に一つ無いとも限らないからで、そうであれば、傍目に優雅に映ることが肝要。必死の形相の立ちこぎなど、もってのほか。夜に爪を切る、梅干と鰻を合わせ喰うなどに匹敵する禁忌である。

苦しさを微塵も外面には現さず、穏やかに微笑みながら座りこぎで最後まで。うむ、自分が女性だったら、一目で惚れることであろうよ! くす。

しかしながら、往々にして理想と現実には乖離が生ずるもので、坂を上りきる頃には、息絶え絶えのおやじが微笑み転じてニヤニヤ笑いを浮かべつつ、自転車をよろめかせつつこいでいるという地獄絵図が出来上がる次第。

願わくば、わたしくを見初めてくださる女性は、坂の手前で待ってますように!

でもね、神様はいじわる。

坂を上りきった辺りで、一人歩きの女性を見止めた。服装からして若い模様。ヤッター! 脳内「ネクスト・ターゲット」マクロを連打して、おねーさんにロックオン!

でーもー、体力の限界である。フルマラソンを走り終えたランナーの如く消耗して、荒い呼吸とニヤニヤ笑い。いやあ自分でもよう分からへんのやが、辛苦も限度を超えると無性に可笑しゅうなりよって、笑いがこみ上げてくるん。なんでやろ。ははは。

そんな状態で、人生の最重要攻撃目標である若いおねーさんに出会っても、すぐに普段の紳士の顔を取り戻すことなど出来ないのである、実際のところ。

頭ん中では「あああ、イカン、イカンぞ俺。このまま近づいては、哀しき想い出がまた一つ増えるだけだ、イカンぞ俺」と、警報が鳴り響き渡っているのだが、言うことをきかない身体。縮まっていく、おねーさんとの距離。心の距離も縮めたいにゃー。

迫り来る異様な気配を察知してか、不審の表情で振り返るおねーさん。

想像して戴きたい。夜道である。住宅街だが、あまり人通りの無い淋しい狭い坂道。背後から不気味な呼吸音が聴こえてきた。振り向くとそこには、自転車に乗ったおっさんがハーハーと息を切らし、血走った眼が自分を見据えていたら……。あなたが若い女性だったら、どうするだろうか。正解はCMの後で。

今日のCM [ サイズ約1.5M Flashです。ひたすらクリックで! ]

さて正解は。

泣きそうに困った顔で立ち竦む、おねーさん。これがまた目鼻立ちの整った可愛らしい人であった。

ああああ、怖がらせてしまった。そんなつもりじゃなかったのに、すいません……。申し訳ない気持でいっぱいになり、「ゴメンね」と謝ろうとしたが、考えてみれば何も悪いことはしていなのだから、それも変だと思い直し、じゃあ、どうしようかと迷った挙句、出てきた言葉は、

「ぱんだがね……」

という呟き。

おねーさんは恐怖に駆られた様子で、手に下げていた鞄を胸に抱えて、助けを求めてか、どっちの方向に逃げようかと考えてか、周囲をキョロキョロ見回している。

余談ながら、この時のおねーさんの表情をどこかで見たことがあるな、とずっと考えていたのだが思い出した。恐怖映画で、怪物と鉢合わせした時の女の表情だったよね! わしゃジェイソンか! フレディか!

うわああああああああああああ!

もはや、なりふりかまっていられず、立ちこぎ全速力で逃げ出すわたくし。なぜぇぇぇぇ、なぜこんなことにぃぃぃぃぃ……。

精も魂も尽き果てて家に到着。夕食も摂らず、風呂に入る気力もなく、布団ひっかぶって涙を流しながら寝ることにした。

しばらくしてかかってきた電話は、うりさんから。シタデルボスのキーが揃ったから、行かないかというお誘いであった。しかし、魂の抜けて呆けた私の生返事を聞いて、
「ああ、寝てた? 仕事で疲れてんのかな。無理しないでいいよ」
と、気を使ってくださった、心優しきうり様。

仕事以外の原因で人生に疲れ果てたのです、と正直に告白できなかったわたくしは、
「ウン、ちょっと忙しくてね。すいません。また今度……」
と消え入りそうな声でお断りをいたし、電話を切った。ハァァ、死にたい。

そんなわけで本日は、うるちませず。気力復活時期──見込み立たず。しばらく、そっとしておいて下さい……。
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
おつかれさまです・・・・。
2006/05/25(木) 08:39:52 | URL | momo #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック