FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2005年06月30日 (木) | 編集 |
忘れられないの
あの人が好きよ
青いシャツ着てさ
海をみてたわ。

私は裸足で
小さな貝の船
浮かべて泣いたの
わけもないのに。

対岸に行こうと、ドゥームの船着場に行きました。
ぱくぱくねーさんがいっぱいいました。
「うはー」
冷や汗が背筋を流れます。

それでも、赤い渡し守のおっさんが出てくれれば
金髑髏渡して離脱できるべ。
鐘を鳴らしたけれど、出てこないおっさん。
あれ?

その間にも、おらはぱくぱくねーさん×3と死闘。
油断というか、なめてましたのでカースいれるのが遅れました。
何度も潰されて、やっと入ったのは死ぬ直前。
もちろん間に合わなくて死亡……。
誰か骨竜沸かしやがったな、と気がついたのは死んだ後です。

泣きながら人を探すも誰もおらず。
気力が尽きたので、そのままおうちに帰って寝ました。
もう今日は何もしないっ。

働けど働けどなお楽にならざり
ぶつと屁をする(最悪
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック