FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2020年05月22日 (金) | 編集 |
素晴らしい傑作でしたね、ええ、近年まれにみる傑作でした。

映画のストーリー等は自分で調べていただくとして、もう、傑作だと言い切りますね、ぼくは。

見どころは、三つ。

1.すていさむさんの怪しい日本語。

2.ジェット・リーの、うっすらした無表情。「うっすらした」って、なんのことかと思うでしょう? 見ればわかる。そうとしか表現しようがないのであるよ。

3.下手の横好き。

誰がなんと言おうと、白眉は「3」ですね。下手の横好き。

意味が分からない諸兄には、以下の画像でヒントを出しておく。

200522.png

えっ、なに、これはなんなの!? と思う方は、是が非にも本編を鑑賞するしかない。ぼくが保証する。なにを? しーらない。

他にも、

「弱肉強食」

「掃き溜めに鶴」

「疑心暗鬼を生ず」

なんてのが目につきやすく、こっそりと、

「馬鹿ほど怖いものはない」

なんてのもある。

すていさむさんがアクションを頑張る背景で、いちいち、こんなのがドドーンと目に入る。どうしたって、こっちに目を奪われるやろ。笑うやろ、こんなの。笑うなというほうが酷であると知れ。

アマゾンレビューだと、最低点の星ひとつが突き抜けて多いのだけれど、みんなマジメに鑑賞して、マジメにがっかりしてるのかしら。ぼく的には、どう考えても、狙って日本人を笑い殺しにかかっている映画なのですが。

ストーリー的には、そんなのアリですか、まじですか、そうなんですかと唸ってしまう、どんでん返しが準備されている。もしかしたら、よくできたストーリーだったのかもしれないけれど、おじさんの脳には「下手の横好き」が放った煌めきいまだ消えやらず、この美しい記憶を書き換えないためにも、二度目の鑑賞はナシということにしたい。

以上、『ローグ・アサシン』も星5つで、よろしく。
関連記事
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する