FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2019年04月16日 (火) | 編集 |
火曜(すでに日づけは今日)、水曜、木曜と三連勤してくるのである。ちょう、がんばる。

いままで自分の経験にない、あたらしい仕事だから、なにかしら失敗すると思うけれど、積極的に失敗しにゆくつもりで行ってくるぜ。

失敗によって得られることは、本当に多いから。だれでも、自分では思ってもいなかった「穴」が、必ずどこかに空いているもの。いつ気づくのかといえば、失敗した時だよね。だから、失敗を能力不足、経験不足、と単純に片づけちゃうと発展がない。

暗闇に閉じ込められていると、自分の立ち位置を見定めがたい。己の力が、どのように、どれだけ足りないのかがわからなければ、すなわち暗闇の中で立ちつくしているのと同じ。

苦手な事柄から意識的、無意識的に逃げて経験値にすっぽり穴が開いていたのかもしれない。単純ミスが多い? 早とちり、勘違いなのか? 経験がむしろ邪魔をすることだって、あるかもしれない。自力で修正できるのか、だれかの手助けが必要なのか、修正にはどれくらい時間がかかるのか、もっと言ってしまえば修正しなくてもよいことだって、きっとあるのだ! (たぶん)。

ぼくなど、かなりのおっさん年齢であるから、普段は「ある程度の人生経験を積んでおり、いろんなことわかってますよ、ええ、なかなかのもんですよ」態のすまし顔を浮かべている。世間的に、それを要求されもするのだけれど、一皮むけば足りない部分が多すぎて、むしろ、足りている部分があるのか? と不安に思ってるほど。困っちゃうよね。

新天地がひらけたのを幸いに、もっと成長をしてやろうと思っているの。

しかも、すんごい武器を手にしている。

「ウツで、ずっと寝てたんだから本調子じゃないの仕方ないですよね」

っていう、やさしさが期待できちゃうのだ!

「鬱病うぜえ死ね」

てなことを思っていたとしても、面と向かって言えるほど肝の太いやつも、なかなかいないはず。

こっちはこっちで、

「どうにも、まだ頭が働かなくて、すみませんすみません」

なーんて、いかにも恐縮している風をよそおいながら、陰でニヤリ。

みんなが失敗を厳しく追及せず、甘やかしてくれる時期。鬱病という負の資産を、せめて活用するのは今でしょ。この、「おっさんだけどモラトリアム期間」で、自分をアップデートするぜ。

えい、えい、おういえ。

よくわからんけど。
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する