FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2017年05月30日 (火) | 編集 |
ツイッターを始めた途端、ブログ更新しなくなった。どっちが大事なの? ……そう、おくさんに叱られましてございます。

ツイッターのほうが気楽なので……。こんな中身のないブログでも、長文書くとなると、いちおう悩むので……。いろいろ気を使うので……。

いいわけが虚しく漏れだしました。

さて、小野不由美「残穢」を読んでいます。ちょうど半分まで来ましたが、ちょう、こわいの。

とあるマンションの一室で、おかしな音が聞こえるという、ほんのちょっとした怪異がおこる。気になって調べてみても、過去に、その部屋で死んだ人はおらず(いわゆる事故物件ではない)、なぜ、その現象がおこるのかがわからない。しかし、音はずっとつづいている。

調べがすすむうちに、ちょうど何者かが、もやの向こうから迫ってくるように、事実がひらかれてゆく。現象ではなく、すこしずつ「なにかが」わかってくる、その、「いやな感じ」に焦点があたっています。

まだ読み切っていないので、ぼく自身もこれ以上のことは言えませんが、これは怖い。ひさびさに、いやな小説を読んでいます。結末が楽しみ!
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック