FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2017年03月06日 (月) | 編集 |
わたくし、ウツとは言っても、地獄の入り口と一丁目を行ったり来たりする程度のもので、まだまだ気分の波がございます。重症化してくると、感情がなくなって生気をうしなうそうですが、それほどではないことは、こんな文章書けてることでも、わかるかとおもいます。

軽症のウツとはいえ困ることはありまして、あきらかに感情のコントロールが効かなくなりました。喜怒哀楽愛憎のうち、怒、哀、憎という、ネガティブな感情にブレーキが効きづらい印象です。

とくに、哀の深さといったら。とにかく、泣く。なんでも、かんでも、泣く。

朝起きて泣き、寝床について泣き、ごはんを食べて泣き、風呂でトイレで読書で戦車で泣く。東に病気の子供がいると聞いては泣き、西に疲れた母がいれば泣き、南に死にそうな人がいればもちろん泣き、北に喧嘩や訴訟があるときだけは、わくわくして元気です。

明日、話題の映画『この世界の片隅に』を見に行くつもりなのですが、たぶん、家を出た瞬間に泣き始めるので、水分が涸れはてないか、生きて帰ってこられるか心配で、いまから泣いています。

原作のマンガも、すごくよかったー。ツタヤのコミックレンタルで読んだものですが、新刊で買って、手元においておきたい作品です。

置き場にこまらない電子書籍版にしようかともおもいましたが、やっぱり単行本で買うかなあ。まだ迷ってます。なんだろうね、重さと紙の手触りに、なんともいえず安心する気持ちは。そんなことを考えていたら、また涙がでそう。

一日に飲む、お茶の量は3リットルこえてます。すべて、涙となって流れてゆきます。ちょう泣ける。
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック