FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2017年02月15日 (水) | 編集 |
うおおおおん、負けつづけているのよ、ちっとも勝てないのよ。

くやしさのあまりに、キーボードをたたいてうめいている戦車のゲームです。

「うるせーから。へんな声ださなくていいから」

と、おくさんにたしなめられます。

勝てないよう、勝てないよのううううう、ちっともストレス解消にならないよううう。おくさんにすがりついて訴えたところ、

「だって、前に出すぎだから」

「まじで」

「いつも、そうじゃん。どんな戦車でも、一番前にいるじゃん。先頭でたたかってるか、だれもいない場所でひとりでたたかってるじゃん。で、あっという間にやられて、だれも助けてくれないって怒ってるじゃん。ひとりになりすぎじゃん」

「……おそれいります」

おくさんは戦車のゲームを遊んでませんが、ひまになると、ぼくのプレイを後ろからみています。そのせいか、ゲームを、なんとなく理解してきたようです。なんだか、ぼくより戦術眼がありそうな気も……。

中戦車をよくつかうぼくは、なまじ機動力があるものだから、じっくり待つたたかいが苦手。どうしても、突貫しちゃって孤立しちゃう。気をつけねば。

おくさんの助言をまもって、突出しないように位置取りに気をつけて戦ったら、いちばん弱い戦車で参加して、チームトップの成績を稼ぎました。が、チームは大負け。気がついたら、ぼくひとりが戦ってる状態で味方は死んで誰もいねえ……。

「あああああん、また負けたあ、負けたああ」

「でも、かっこよかった。最後まで、がんばった」

「そうかあ? おれ、そんなにかっこいいかあ? まじでまじで? 活躍みてくれた? てれるなあ、かっこいいかなあ?」

「はいはい、すごかったすごかった、さて寝よっと」

おくさんに褒められて、ご満悦。

これからも、おくさんにほめてもらえるように、せんしゃのげーむをがんばろうとおもいました。
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック