FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2016年11月24日 (木) | 編集 |
すでに書いたとおもいますが、わたくしは夏前に仕事を変えました。

それまで、病院に棲息していたのが、このごろは、あちこちの某スーパーマーケットに出現しています。

「いらっしゃいませー」

ご来店するお客様に、声をかけています。

たまに、

「荷物を、車まではこべ」

とか、

「おれの代わりに買い物して来い」

とか、

「駐車場がいっぱいじゃねえか、おれが止めるスペースを確保してこい」

とか、

「わたしはどう考えてもすばらしい人間だと思うんですよ。あなたもそう思うでしょう。じゃあ、わたしのどこが素晴らしいと思ってるのか、教えてみてください」

などの、わけのわからないことを言うお客さまが出てくるのを、テキトウにあしらうくらいの、らくちんな仕事です。阿呆の扱いはバリサルダで慣れました。

このごろの悩みは、毎日毎日、いらっしゃいませー、いらっしゃいませー、いらっしゃいませー、と繰り返しているものですから、自宅ちかくのスーパーに買い物に行っているとき、ほかのお客と通路ですれちがう際に、自分が身体をよせてゆずり、

「いらっしゃいませ」

つい、口から出てしまうことです。

あら、誰かしら、この人。という顔をされますので、さも、わたしはじつはここの店員なんですよ、ホホホホホという顔で立ち去ります。

ついには、病が高じて、せまい歩道でご老人に道をゆずるときにも、

「すみませんね、ありがとうね」

のお礼に、

「いらっしゃいませ」

と返してしまい、怪訝な顔をされ、あわてて逃げました。ありがとうございます、いらっしゃいませ。
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック