FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2014年09月14日 (日) | 編集 |
三連休、みなさまいかがおすごしでしょうか。今日はきれいに晴れて、気持ちのいい青さでしたね。さぞや、みなさま行楽を楽しんでいるものと拝察いたし、祝着至極に存じたてまつりまする。

ぼくは、休みなどなく三連勤でござりまして、やさぐれておるのでございますで候。

たくさんの荷物を抱えたお父さんのまわりを、はしゃいではねまわる子どもたちに、車に気をつけなさいと叱りつけるお母さんの家族連れやら、山に登るらしい登山服姿の老夫婦、おしゃべりに忙しいカップルなどが、ぼくの目の前を通りすぎていきます。

空を見上げて雲が流れゆく様をながめるのが、ぼくの仕事です。職場の隊長は、

「いい天気ね。三連休に、おれらなにやってるのかね」

と、ぼやくので、

「今日は仕事をしてはいけない日です」

答えておきました。

「そうね……。まあ、てきとうにやっといてください」

隊長は言いました。おういえ。と返事をしたぼくですが、今日にかぎらず、常日頃からてきとうです。おういえ。

疲れを引きずって帰宅してみれば、みいたんは実家の用事で出かけていて、いません。さみしいわ、さみしいわ。鏡に映る自分の姿は、すっかりくたびれ果てた中年おっさんそのものであり、あれ、なんだか、おでこ広くなってるような気がしね?

つい、生え際をなでながら、しげしげと鏡を見つめてしまう自分が物悲しいです。

そういえば、以前、みいたんに、

「生え際のM字が、はっきりしてきたような」

と言われた記憶がよみがえります。そのときは、そんなことないもんないもんないむおおおん、と否定していたのですが。

ごまかしきれなくなってきたぜ、ハハハハ、ハハハ。ハハ。

こんなときは歌って気を晴らすことにいたします。


♪いつも一緒にいたかった
鏡で笑ってたかった
季節はまた変わるのに
おでこだけ広がったまま

あなたのいない生え際に
少しは慣れたつもりでいたのに
どうしてこんなに涙がでるの
もう叶わない想いなら
あなたを忘れる勇気だけ欲しいよ

You are only in my fantasy
今でも覚えている あなたの重さ
髪のむこうに見えた景色さえも so once again
Leavin' for the pleace without my hair

星が森へ帰るように
自然に抜けて ちいさな切れ毛も
はしゃいだあの時のわたしも


うおおおん、切なさ倍増したぜ、みいたんはまだ帰ってこないのか、はやく慰めておくれ。みいたん、あいしてるあいしてるううう。
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック