FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2014年06月11日 (水) | 編集 |
東京にもどってから、はや一週間がすぎました。

無事に仕事には復帰したものの、ついつい、楽しかった沖縄生活を思いかえしては、

「沖縄恋しい恋しい」
「沖縄よかったよかった」
「沖縄帰りたい帰りたい」

そんなことばかりを考えている、腑抜けの一週間でした。

しかし、余裕のない貧乏暮らしの日々に追いまわされるうちに、ようやく沖縄恋しさも薄らぎ、調子がもどってきたように思います。もう大丈夫です。

ところで、先日の日曜日に近くの駅ビルにて沖縄物産フェアが開催されているとの情報を仕入れ、いてもたってもいられずに出かけました。

着いてみると、期待よりはるかに小さいスペースの売り場があるのみ。それでも、沖縄で見慣れた食材があれこれと置いてあったのは嬉しかったのですが、どれも現地価格の倍近い値段がつけられていて、手をだしづらいぜ。

なにせ、わたくしたちときたら2ヶ月も、ゆいモノレール安里駅前のマンションで暮らしていたのでありますから。安里駅前スーパーりうぼうは常連だったぜ。国際通りは20往復したぜ。この日のわたくしは、那覇市おもろまちのサンエー2階の衣料品売り場で購入した「ORIGINAL PORK」のTシャツ(980円)を着用。

かような次第で、沖縄通を自称しても、なんら問題あるまいと思われます。

みいたんと二人して広くもない売り場をぐるぐると徘徊しながら、あれが高い、これも高い、それも高い、沖縄じゃこんな値段しないよね、ありえないよね、まじうざいよね、だまされないよね、うちら沖縄通だし~。と、ぶつぶつ文句を垂れ流したのであります。

そうして、さんざんいちゃもんつけた挙句には、ふーちゃんぷるーを作りたい誘惑には負けて、車麩と、小さいパックに入ったランチョンミートの2点を600円で購入。

まったく高すぎるよね。ありえないよね。いったい、誰を相手にした商売なんだろうね?

って考えるまでもなく、現地事情をしらない東京人と、わたくしらみたいな沖縄半可通を相手にしてるのであって、わあん、引っかかってしまった引っかかってしまった。

この悔しさをバネに、もう一度、沖縄に行くしかあるまいと、みいたんと誓いあったのでございます。

なお、みいたんの病は一段と深く、テレビできれいな景気が映るたびに、

「あっ、これ沖縄じゃない?」

と、目を輝かせるのですが、それクロアチア……。それハワイ……。それブラジル……。東京とちがう風景は、なにもかもが沖縄に感じられるようでした。

たぶん、ぼくらは大丈夫です。
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック