FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2019年10月21日 (月) | 編集 |
仕事して、仕事しすぎて倒れて、奥方様とケンカして、仲直りして仕事して倒れて酒飲んでやさぐれて本を読んで音楽聞く、という日々。

あいみょんが、いい。大人気歌手だから、いまさらだけど、どの歌もとてもいい。

詩で描くこと、描かずに聞き手の受け取り方にまかせること、こういう余韻が絶妙に思える。

だから若い人には自分と同時進行の歌として、若さをうしなった人には大切にしまっていた記憶を取り出してながめる歌になって、人を幅広く刺激できるのではないかしら。おじさんはもちろん、思い出を刺激されて泣き崩れるほう。きゃっ、はずかし。

歌詞がずっと日本語で、歌のはじまりからしまいまで、ゆっくり言葉を味わってゆけるのも、おじさんとしてはポイントが高い。

■あいみょん-空の青さを知る人よ

ひととおりMVも見たけど、ずっといい感じで作られてるなあ。へんに歌詞に寄せて物語を見せることはせず、断片的で、受け手に想像させてくれる。

あなたに、まかせます、というのが本当にいい。

ずっと応援してゆけそうな歌手です。

という、癒しの話。

スポンサーサイト