FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2018年08月30日 (木) | 編集 |
ウリくんが新しい部署に異動して、一ヶ月。新入りメンバーが、たいへんな馬狸猿団であると泣いていたことは、すでに書いた気がする。

やばいのが二人もいるそうで、ひとりは、

「作業を指示するんだけど、そのとおりに、やらないんだ。間違いを指摘すると、顔が紅潮して、目がつりあがって、身体がぷるぷる震えだすの。できるの? できないの? って聞くと、できます! やります! って、ぷるぷる震えながら叫ぶんだけど、やっぱり指示のとおりの仕事しないんだよ。作業の意図も説明して、おおよその完成図みたいなのも示して、やり直しさせるんだけど、どうしても勝手なオリジナリティを出しちゃうんだよね。おれ、やさしいから最後に――この作業むずかしい? 指示が理解できない? もしそうなら、能力がたりないから作業できませんって言ってくれ。もっと簡単な仕事させるから。って救いの手さしのべたのよ。そうしたら、痙攣が始まってさ。できます、できますううううう! って絶叫するの。で、結局、できねえの。まるっきりSOMEYAよ」

「それは、ぷるぷるSOMEYAって名づけようか」

「それだ」

ということで、ぷるぷるSOMEYAと呼ぶことにした。

ふたりめは、

「他人と、ろくに会話ができないやつでさ。決定的に要領がわるくて、作業がいきづまると寄り目になって頭かかえて、おれはどうしたらいいんだ、ああああ、どうしたらいいんだあああぁあぁああああぁああああ! とか叫ぶの。パニック起こしてるんだろうね。あれも、やばいよ」

「それは、レッサー滝原と名づけようか」

「それだ」

そんなわけで、レッサー滝原と呼ぶことにした。

ウリくんは、

「どうして、こうも、馬狸猿団と同じのが現れるんだろうか。おれ、本当につかれた」

と、嘆いておった。

馬狸猿団メンバーからも「使えない二大巨頭」と恐れられていた、SOMEYAと滝原を部下に抱えて仕事せねばならない――すなわち、使いこなせないと自分の評価にひびく――って、想像するだにおそろしい。そんな勝ち目のない罰ゲームがこの世にあるもんかね。やっぱり、呪いなんじゃないですかね。

ただ、ウリくんは、

「馬狸猿団とつきあったおかげで、目の前のキチガイが、だれと同じ種類のやつかがわかって、心構えができるのが唯一の救いかな」

とも言っていた。一面の真実かもしれないけど、それは救いというより、やっぱり呪いなんじゃないですかね。
スポンサーサイト
2018年08月23日 (木) | 編集 |
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2018年08月20日 (月) | 編集 |
先週末は、あちこちお出かけデート。

まず、8月16日に立川ロフトで、コウペンちゃんさがし。

17日も立川周辺で昼食、散歩、カラオケ、夜食。

18日は、昭和記念公園デート。

DSC_0783.jpg

湿気がなく、すごしやすい空気の中を散歩。コンビニでおにぎりとサンドイッチを仕入れ、ベンチで食べる。売店で、黒糖ソフトクリーム食べる。ちょう、うまい。小腹が空いて、別の売店でアメリカンドッグと唐揚げ食べる。まじ、うまい。立川駅の喫茶店で、お茶をする。すげえ、うまい。

19日は昼過ぎから、羽村市動物公園。

DSC_0804.jpg

ああん、キリンさんー。

DSC_0806.jpg

ああん、ヤギさんー。

日曜ということで、モルモットとのふれあいコーナーがあり、モルモットだっこに挑戦す。ああああん、きゃああああ、かわええ、ちょうかわええええ、かわええええ。でも、抱き上げたら、ぶるぶる細かくふるえて怯えてるのが伝わってくる。そりゃ、いきなり人間に捕まってしまうのだから、こわいよね。ごめんごめん。

公園内で、コンビニのおにぎりとサンドイッチを食べる。

まだ腹が満たされぬ、足りぬ。マックに移動。グランベーコンチーズバーガーを食べる。

足りぬ、足りぬ、まだ足りぬ。

行きつけの古本喫茶、まいまいず文庫さんに移動。ぼく、ジンジャーエール。奥方様、アイスココア。手作りちんすこうと、ホロホロクッキーを、お茶うけにいただく。

満腹。ちょう、満腹。

なんて言いながら、帰宅してすぐ、ピーナッツコッペパンを食し、本当の満足。21時すぎにねた。奥方様、この食べまくり期間のせいで、一気に2キロも太ったと泣いておる。フハハハハ、ごめんごめん。

――ここまでは、ツイッターにも書いた表の行動。

なぜ、このように外出がつづいたかと言えば。奥方様の実家である。

先週、義父の給料が出た。さらに、義両親ともに年金が出た。ふたりして出たばかりのお金を握りしめ、ふたりしてギッラギラに輝きながら軍艦マーチの鳴り響く店に出撃し、ふたりして持ち金の全額を上納してきたというの。次の給料までの一ヶ月、どうやって生活するのかと、義両親の激しくもしょうもない口論がはじまった。

口喧嘩する意味がわからない。ふたりして存分に飛ばしたのだから、互いの胸を包丁でついて自決したらどうかね。

奥方様にしてみれば、二階の喧嘩がこわくて実家に避難したら、実家でも喧嘩に巻きこまれる有様。

また、お金がなくなって心の余裕を失った義母が、

「あんたは、のうのうと生きてていいわね。わたしが、これだけお金の苦労してるというのに!」

娘である奥方様に追い込みをかけるという始末で、

「わたし、行く場所がない。どうしていいのか、わからない」

と、奥方様の心がブラックアウトした。

宗教活動でおのれを練り上げている人の言動は、一味違いますよね。これで、入会しろとか、仏壇おいて御本尊様をいただけとか、公明党に投票しろとか、どのツラさげて折伏しかけてくるかね。ぼく、感服しちゃうんですけども。
2018年08月17日 (金) | 編集 |
奥方様と立川デート。立川ロフトで、コウペンちゃんグッズを買うのが目的なのだ。

作者・るるてあさんツイッター → @k_r_r_l_l_

コウペンちゃんとは、ペンギンの子供のキャラクターで、なんでも肯定してくれるのである。

「起きてえらーい」

「寝てえらーい」

「休んでえらーい」

「仕事いってえらーい」

いま大人気らしい。みんな疲れているのだな。

ぼくも、いま一番好きなキャラクターで、LINEのスタンプも、もちろん購入して愛用しておる。あーん、ちょうかわいい。

売り場は、こんな感じ。

DSC_0773.jpg

すごううういいいい、コウペンちゃんが、たくさん、たくさんんんんんん。ぎゃああああ、かわいい。全部ほしいいいいいいい。テンションが天井をつきぬける勢い。

本当は、抱っこしながら寝られるぬいぐるみがほしいのだけれど、うちには、たれぱんだのぬいぐるみが多すぎて、もう増やせない。悩みに悩んだ結果、

DSC_0774.jpg

DSC_0775.jpg

クリアファイル3点と、キーホルダーにしたのん。あわせて1600円なり。あああん、かわええ、うれしいなうれしいなー。

こんな文章を書いているのが、中年真っ只中のおっさんだという恐ろしさからは目を背けることにしたい。コウペンちゃんなら、

「現実から目を背けてえらーい!」

と、応援してくれるはず。

だって、コウペンちゃんは、

「生きててえらい……!」

そこを応援するか! というところまで肯定し、応援してくれるのである。店内で人の目があるにもかかわらず、おじさん号泣しそうになる。いくらなんでも感情がゆるみすぎだと自分でも思うが、コウペンちゃんなら、

「ゆるんでても、いいんだよー」

と肯定してくれるはず。

あんまり自分勝手に作りすぎると、怒られそうなので、そろそろやめる。コウペンちゃん、だいすき。



それにしても、この動画、冒頭の

「寝て起きたの? すごーい!」

ていうの、かなりの破壊力があると思うのだけど、どうであろうか。
2018年08月16日 (木) | 編集 |
なんだか、思いきり書きかけの記事がアップされてました。このごろ、下書き保存したつもりで公開しちゃってる、この操作ミスがやたら多いんだよね。すまぬすまぬ。

そして、今日もこんな時刻に(午前2時半)起きてしまう。あたらしい朝が来た、希望の朝だ。朝だといったら朝なのだ。なんて気持ちのよい朝なんでしょう! 虫がちりちり鳴いて、朝を祝っておるよ。ぼくもさめざめ泣いておる。

『ナイルパーチの女子会』読み終わる。また、読み応えのある本に出会えてうれしいな。感想を書きたいのだけれど、文章がうまくまとまらない。

思考が空回りする。断片的な感想は次々に浮かんでくるのだけど、それを他人様に伝えるために、筋道たててまとめることができない。うなぎ掴もうとするアレみたいで、ぬるりぬるりと逃げてゆく。もどかしくて、たまらない。

ウツゥは治りかけがあぶない、なんてよく聞くけれど、この状態かもしれないね。

断るまでもなく個人的な感覚だけれど、車でたとえると、絶不調のときは、いくらアクセルを踏んでもエンジンの回転があがらなかった。たまにエンジン回ったとしても、クラッチがうまくつながらない。結果、ちっとも進まないという感じ。

それが、アクセルの踏み込みにエンジンが反応するようになってきた。やる気が出てきた。それなのに、クラッチがつながらない。オートマなら、NのままでDのポジションに入らない。

エンジンばかりが唸りをあげて、やっぱり進まない。このままアクセル踏み続けてると、エンジン焼けちゃうだろうという予感。

でも、車とちがって、やる気が湧いてくることを自分でコントロールしづらい。奥方様をよしよし可愛がりたい、身体が弱ってる親も心配だし、家事を片付けたいし、そしてもちろん仕事に復帰したい。ほったらかしていたことが山積して待ち構えてるから、少しでも手をつけたい、

あれをやりたい、これをやりたいという気持ちが湧き出てくるのに、身体が思うようについてこない。なんでしょう、水中にいるような、このもどかしさは。夢の中で、こわいものに追いかけられているみたいな感覚。焦燥感ばかりが強くて、ちっとも思いどおりにならない。ちょう苦しい。

とかいいながら、こんな文章書けちゃうなんて、おれ、すごくね?

最後は、恒例のしょうもない自画自讃で、おしまいと致しとうございます。わあい、わあい。
2018年08月15日 (水) | 編集 |
もう一年半になろうとしていますが、睡眠に苦しんできました。かなり強い薬を使っても、あまり効果がなく、寝られず、寝ると起きられず。36時間起きて12時間寝る、のような生活がつづいていたのが、リズムがもどってくる兆しが、ようやく現れました。ウツゥが回復してきたのかな。

ただ、寝るのが18時から19時。起きるのが3時から4時という、スーパーじじいリズム。

現在、別居中の奥方様とは、日に100回はLINEや電話でやりとりをしているのですが、

「18時になった。ねむい、ねる」

「もう寝るの!?」

「もう夜よー。18時は深夜よー。だれも起きてる人なんかいない、きみも早くねよう」

「深夜じゃねええええええ、いまから寝る人なんかいないし!」

「いる。ここにいる。あと、世の中のじじい、ばばあ」

「やだああああああ、わたしの夫がじじいになった、やだあああああ」

「けけけ、ほいでは、おやすみ」

「こら、ねるな、ねるなあああ、返事ねえええ、もう寝やがったああああ、おきろー、こらー、うわーん、わたし捨てられた、うわーーーん」

「zzzzzz」

という会話がつづいております。18時っていったら、草木も眠る丑三つ時だよ。おばけでてくるよ。はやく寝ないとこわいよ。ぼくの中では、そういう認識になっとる。おういえ。

健康的っちゃ、健康的なんだけど、できれば起きる時刻を6時くらいにして、それにあわせて、寝る時刻を後ろにずらしたい。でも、調整に失敗して元の木阿弥になるのもこわいので、いまのリズムを固定してから調整にかかろうと思います。

いままで、ウツゥの波が感覚的に-2から±0の間を行き来してたのが、-1から+1くらいになってきた。今日はプラスかな、と思える日がでてきたので、だいぶ前進だと思います。

でも、まだ頭が回転せず、むずかしい本が読めない……文は読めても理解できない、つるつるすべって頭の中に入ってこない。本調子にはまだまだ遠いみたい。ドクターにも焦りは禁物だと言われてるので、ゆっくり時間をとって回復にかけようと思います。

奥方様、ありがとうありがとう。見守ってくださってる皆様も、ありがとうありがとう。
2018年08月14日 (火) | 編集 |
ウリくんと、長電話。一ヶ月ぶりくらいかしら。

職場が異動になり、同僚が、あいかわらずの馬狸猿団野郎ばかりで、苦労するのが目に見えており、つらいという。この業界は、馬狸猿団人間が多いのだろうか、と嘆いていた。ご愁傷様。

すっかりおっさん身体となり、体力がおち、膝が痛く、髪はまっしろになったそう。

しばちゃんも、もともと髪が薄い人だったのが、いよいよ、ごまかしようのないハゲおやじとなったらしい。

そういうぼくも、四十肩だわ、髪に白いものが目立ってきたわ、老化が隠せない。床に糸くずが落ちてるので、拾ってみたら抜けた白髪、なんてことが日常になってきた。

そんな老いと衰えの話題ばかりで、いやだぜ、困るぜ。そのち、病気自慢とか、病院の感想とか、サプリメントの紹介合戦がはじまるに違いないのであった。

おでこは、脂でこれほど光るのに、お先真っ暗。いやだわ、いやだわん。
2018年08月13日 (月) | 編集 |
t34s.jpg

クルスクイベント40日目にして、ようやく、もらえたのん。「T-34 shielded」である。わあい。

辛抱がきかなくなってきた年頃のおじさんは、ミッションを毎日クリアしろと押しつけられるのが、たまらなくつらかった。好きに遊ばせろ、ちくしょうめと酒をあおるほどに、ちょうつらかった。これで、残り10日はてきとうに流しても大丈夫になった。それが何よりうれしい。わあい。

使い心地などは、まだ実戦で試していないので不明。いずれ、ぼちぼち乗員育成に使おうと思うのである。わあい。
2018年08月13日 (月) | 編集 |
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2018年08月12日 (日) | 編集 |
電子書籍で、『夏目友人帳』第12、13巻を買う。月に、1冊か2冊買ってるのん。何度も読み直して楽しんでるのん。

12巻の最初の話、第四十七話、声マネが得意な妖怪ヨビコと、古紙をなおす妖怪カリカミが出てくる話が好きだなあ。ラストの、この描き方はずるいよね。おじさん号泣するよね。あーん。

収納スペースの関係で、漫画本は増やせないから電子書籍で買うことにしているのだけど、スマホだと画面が小さいし、パソコンをわざわざ起動させるのは面倒くさい。タブレットがほしいなあ。
2018年08月11日 (土) | 編集 |
19.友がみな我よりえらく見える日は/上原隆
20.胸の中にて鳴る音あり/上原隆
21.独ソ戦史 焦土作戦 上/パウル・カレル (再読)
22.独ソ戦史 焦土作戦 中/パウル・カレル (再読)
23.独ソ戦史 焦土作戦 下/パウル・カレル (再読)

上原隆は、はじめて知った。

「普通の人々の普通の生のなかの瞬間をあるがままに描く」

と紹介文にあるとおり、小説のようだけれど、ノンフィクションであるらしい。みんな、それぞれ荷を背負って生きてゆく。その荷物をすこしだけ覗かせてもらうような、そんな作品。生き方に共感できる人も、なんでそんな風になってしまうのかと思う人もいて、人生はむずかしいけど、みんな一生懸命なのだと、あらためて思う。

せつなくて、すごく好き。もっと読みたい作家さん。

『焦土作戦』は、戦車のゲームでクルスク・イベントがあったことで、ひさしぶりに読み返した。著者のパウル・カレルには、近年、厳しい評価がくだされて、著書もあまり顧みられないようだけれど、読み物としては面白いと思う。ドイツ軍視点だし。ぼくは大好きよ。

敗者の記録は、巻が進むにつれ、どんどん頽勢に傾いてゆき、読むのがつらくなってゆく。三巻読むだけで、すごく時間がかかっちゃった。
2018年08月07日 (火) | 編集 |
しばらく遊べていなかった戦車。クルスク記念の長期イベントは、まだ続いている。未クリアの日が増えちゃった。

現在、24/33。

30日分クリアでもらえる配布戦車には、なんとか手が届きそう。

チェコ戦車ルートのイベントも来てるみたい。開発しようかなー。クレジットがないない言いながら、どんどん手を広げたくなってしまい、困ったもんじゃわい。
2018年08月06日 (月) | 編集 |
奥方様、アパートで過ごすことに挑戦しようと帰ってきたけど、やはり二階が怖くなってしまい部屋にいられず。夜の街を散歩して、朝までカラオケ屋。

それの影響で、またも生活リズムが大幅に狂い、ぼく絶不調。

先週末の、木曜日から日曜日まで4日間、大きなお祭りがあったから、なんとか頑張って屋台で飲み食いしたけれど、絶不調のまま。

昨日、5日午前10時に二階で派手なけんかあり。

例によって、部屋の窓が全開になっているようで、声が超絶つつぬけ。どうして、この熱暑の最中に窓あけてるんだろうね。でも、エアコンの室外機は、ガンガンまわってるんだよ。

ということは、クーラーかけながら、わざわざ窓開けてケンカしてる。わざと近隣に聞かせるプレイしているとしか思えない。

女 「うぉぉぉ、うごぉぉぉぉ、がぉぉぉぁぁぁぁああああぁぁぁ」

男 「やめて! そんなことやめてって言ってるでしょ!」

ドカーン、ドスーン、ドーンドーンドーン!

女 「ごぉぉぉぉぉぉおおぉぉぉおおぉぉぉ!」

男 「やめて! なんでそんなことするの!」

ドーンドーンドーン!

てのが、30分つづいた。女が思いきり足踏みしてるか、部屋で飛び跳ねてるんじゃないかな、という音。下の部屋のことなんか、これっぽっちも考えてないと見える。なかなか、やりおる。

前回のけんかが6月の初旬。奥方様が実家に避難している二ヶ月間は、ずっと静かだったのに、奥方様がアパートに顔を出した途端に、大げんか。

前回も、前々回も、ずっと静かだったのに帰ってきたと同時に大騒動パターンだった。もちろん偶然なのだけれど、こうも重なると、なにかの妄想にかられるのも無理ない。

このアパートは奥方様にとって、心理的瑕疵物件。もう無理だな。

千葉に引っ越すことにしようと思うのだけど、まず、ぼくの体調を整えないとな……。