FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2018年04月18日 (水) | 編集 |
活動拠点は飛鳥に定めました。

そして、宿六こと「Yard Rock」を新規作成。

いちおう、メイジの方向を指し示しつつ、いつものように中途で気まぐれ迷走する予定でございます。はなから、迷走が予定に入っているあたり、ぜひとも心意気をくみとっていただきたいところ。

戦利品と、拾い物だけで強くなってゆくキャラでごさいます。これは畢竟、魔界に足を踏み入れることになり申す。

なんとなれば、

「ひとりで生きてゆく、孤高の☓☓」

というのは、魔王SOMEYAが好んで標榜していたものでございまして、その実、なにひとつ自力で解決できたためしがなく、

「わたしは、ひとりあそびが好きなんですよ。ですから、あなたが○○を買ってきてください。そうしないと、わたしがひとりで遊べないじゃないですか」

と他人に頼るのが常でありました。○○には、秘薬、素材、革、ボス戦利品、とあらゆる物資が入ります。これのどこが、ひとり遊びになっているのか。おそるべき、頭のわるさでございます。

やや話がそれましたが、30年にわたって飲まされつづけてきた煮え湯の苦しみは、一朝一夕に醒めるものではござらぬゆえ、ゆるしたまえ。

宿六は、ヘイブンでひととおりの魔法クエストを引き受けてこなし、マゲ、EI、瞑想、書写、レジ、レスリングといった、オーソドックスな構成。アルケミいれるか、包帯いれるか、以降の展開は運のひらけるままに任せてゆくことにいたしましょう。

秘薬100%低減装備など、現状はしたくともできず、

「秘薬のことも夢のまた夢」

と、いきなり辞世の句が浮かびます。おちている秘薬は拾ってつかう。ちょう貴重品。それにくわえて、ヘイブンでのエスコートクエストで、ちまちま金を稼ぎます。

きわめつけの二律背反は、倒せる敵しか倒せないゆえに、魔法の書がいつまでたっても完成しません。リコールは覚えたけど、マークの呪文が手に入らないので、実質的に死に呪文です。どうしたもんかね、これ。

ルナ城内に、なちさんの店があることは重々承知でございます。そして、飛鳥を拠点に選んだのも、実のところ、かの店をアテにしているのでございますが、今のところ、自力。孤高。

まあなんつったらいいんでしょ、ひとりで生きてゆくって素晴らしいじゃないですか。ですから、あなたが素材を買ってきてください。そうしないと、わたしがひとりで遊べないじゃないですか。いつでもいいので、すぐ買ってきてください、いいですね。うるせえ、ばーかばーか。

そして、今日のすばらしい発見をひとつ。ヘイブンにおちている、あまたの装備品を勝手に拾い、ゴミ箱へポイポポポイ。

「1ポイントを入手しました」

との思いもよらぬメッセージが。

なにこれ? おお、そういえば、クリーンアップクエストというものがあった! ポイントを貯めたあかつきには、良い装備がもらえるようなので、これを進めてゆくことを第一義にUOプレイをつづけてみたいと思います。

現在、126ポイント。

いつまでつづくか、この気力。おういえ。
スポンサーサイト