FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2018年01月28日 (日) | 編集 |
5.一茶/藤沢周平
6.暁のひかり/藤沢周平
7.ロスジェネの逆襲/池井戸潤
8.友は野末に/色川武大

気が落ちてるときは藤沢周平だよね、人情噺だよね。好きな藤沢先生に助けていただこうとしたけれど、はからずも刺さる二冊を選んでしまう。

『一茶』は、俳人・小林一茶の生涯を藤沢流に描く。思うとおりにならぬのに、生きてゆかねばならぬ。家族との縁がうすく、貧にあえぎ、仕事は評価されぬ、悲哀と自嘲と諦観。

ようやくつかんだに思えた幸せは、幻だったかのように消えてゆく。最晩年の不運には、打ちのめされちゃう。気力のあるときなら、つきはなして読めるのだけど、ぼく自信の考え方や、これまでの行動が一茶に通ずる部分があって、つい同化してしまい、一緒になってノックアウト。

『暁のひかり』も庶民の悲哀を描いた本で、続けざまに強烈パンチを食らった気分。わあい、見事に逆効果読書だわん。

それならば、池井戸潤だ! と、『ロスジェネの逆襲』。「倍返しだ!」のドラマも大ヒットした、半沢直樹シリーズの第三作目。ぼくも、このロスジェネにくくられる世代。半沢から森山へ向けられた言葉は、作者・池井戸潤からの激励の言葉。

そうだ、そのとおりだ、よし、がんばる! ……たった一冊の読書体験で気分があがったりさがったり、おおいそがし。

色川武大は、「阿佐田哲也」名義で『麻雀放浪記』を書いた人。奇談、頽廃、惑乱の私小説九篇と、対談が二本、夫人へのインタビューをおさめた『友は野末に』。この混沌とした作品世界だいすきです。
スポンサーサイト



2018年01月27日 (土) | 編集 |
■ 戦車

180127.png

重要アイテムがもらえるイベント開催中ですが、ちっとも遊んでいない戦車。

そして、ちっとも活動のないクランからも脱退しちゃった。わーい。たった一度、挨拶交わしただけがクラン活動だったよ。わーい。

またしばらく、ひとり活動にもどります。でも、遊んでないから、ひとり活動しない活動です。いみわかんない。わーい。
2018年01月22日 (月) | 編集 |
■ 戦車

この一週間、戦車にまるきり触れず。気が乗らなかったのが理由。

■ ゴエティア

魔神のレベル上げを、ぼちぼちと。紅珠での召喚も、ハズレばかり。ゲーム内でウリ君と会うこともなく、特筆すべきことが何もなし。

-----

単に気力低調という報告だけの記事になってもーた。

でも、本は読んでます。ほとんど読書です。おういえ。
2018年01月19日 (金) | 編集 |
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2018年01月16日 (火) | 編集 |
自分の覚書も兼ねた、「読む」。マンガと雑誌は除外。

1.死の家の記録/ドストエフスキー
2.エンジェルフライト 国際霊柩送還士/佐々涼子
3.病院で死ぬということ/山崎章郎
4.続 病院で死ぬということ/山崎章郎

つぎに読む本は、20冊ほどの積んである中から気分で取り出して決めるのですが、死にかかわる本がつづきました(ドストエフスキーは死をまぬかれての再生ですが)。ちょっと心が弱ってるんかな。

2.の『エンジェルフライト』は、海外で死んだ邦人を日本まで、あるいは日本国内で死んだ外国人を彼の故国まで、遺体をなるべく腐敗させぬよう処理をほどこして搬送するサービスを確立させた人々の物語。ノンフィクション。面白かった。

3.と4.は、日本の終末期医療のあまりの粗末さに疑問をもち、日本にもホスピスを根づかせることに熱意を燃やした医師の自著。すこし古い本だけど、話題にもなって映画化もされたはず。そういえば、まだ読んでいなかったと、今ごろ読んじゃった。

こういう本を精神が低調な時期に読むのはあかんかった。つらなって押しよせる悲しいエピソードに、何度も本を伏せて号泣するはめに。お外で読んでても涙をこらえきれず、あやしい人の雰囲気を発散させてしまったぜ。

死を思うとき、人は謙虚さをとり戻すそうです。メメント・モリです。ぼくは、いつも謙虚です。あっ、ちょっと嘘まじり。

でも、

「最期が苦しくないなら、今すぐ死んでもいいな」

と、ちらりとでも考えてしまうところがウツの証だぜ、くそうくそう。
2018年01月13日 (土) | 編集 |
180113.png

戦意、低迷。低迷っていうか、ほぼゼロでした。

プレミアムも切れちゃったし、しばらく、おやすみかなあ。
2018年01月08日 (月) | 編集 |
180106.png

戦車、戦車!

と叫んでみれば、さぞや戦いに明け暮れていると思われましょうが、戦意は下降の一途。時節が時節なら「敗北主義者」の烙印おされ、木につるされちゃうかもしれないほど。

ついでに勝率も下降の一途。いかんともしがたい、壮年から老年にさしかかるような、この中折れ風味。わあい。

加入したクランは、すでに誰ひとりとしてログイン、ログアウト時の挨拶はなし。チャット欄は完全無言。当然、一度も小隊を組んでおりません。これが幽霊クラブならまだしも、わりあいメンバーの活動率は高いゆえに、虚無感は加速されて第一宇宙速度に到達。

もうしばらくすると、第二宇宙速度に到達して、さすらいの旅に飛び立ってしまいそうです。

そう、この感じ。このどうでもいいこと書き散らしてゆく、この感じ。

今年は、このテキトウ感をとり戻しながら進んでゆきたいとおもっております。当然、今のも思いつきで書き散らしてみただけであって、本当はなんにも考えてないむおーん。わあいわあい。
2018年01月04日 (木) | 編集 |
おそくなりましたが、みなさま、あけましておめでとうございます。

帰省していた千葉の実家から、ようやく戻ってまいりました。

今年は、ごんたくん情報のUO無料開放が、ちょっと楽しみね。予定では春だとか? 予定はのびるのが常だから、夏くらいに思っておくかなあ。

のんびり更新してゆく所存です。なるべく、まっくろくない文章を書きたいと思っております。どうぞ、よろしくお願いします。
2018年01月04日 (木) | 編集 |
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力