FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2016年10月14日 (金) | 編集 |
ウリ君に手伝いをお願いして、実家から、すべての荷物を運んできました。

ようやく、本とパソコンが家に揃いました。

いそいそとパソコンをセッティングしたら起動しなくて、おお焦り。いろいろ調べ、ためしに4枚のメモリのうち2枚を抜きとったら動いたという、よくわからない状態。挿すと、また起動しなくなるので、メモリが悪さしてるものと推定。残る2枚のメモリでも8Gあるので、もうこのままでいいや。

スマホでは書きづらくて気力の出なかった、このブログも、すこし再開できそうです。

本棚からあふれかえった本を始末つけないといけないのですが、どうしたもんかな。司馬遼太郎だけで100冊以上あるし……。

奥さんは、

「いらないの捨てればいいじゃん」

と簡単に申しますが、いらない本などありませぬのよ。が、じゃあどうするつもりなのかと問われると捨てるしかなく、さんざん悩んだ挙句、4冊だけ捨てる決心がつきました。焼け石に水とは、このことでございます。

本棚だけではいかんともしがたく、文庫本ケースがほしくて調べたら、送料こみで、ひとつ1000円ちかくするのね。20冊しか入らないというし、高いなー。

まだ200冊ほどが、おちつく場所なく床に平積みになってございます。どうするかなー、こまったなー、悩みつつも、4年越しでコレクションがそろった喜びに、自然と顔がにやついちゃうの。

「来週までに、なんとかしてね。でなきゃ、わたしが捨ててあげる」

奥さんの、きついお達しに、にやにやしながら身もだえる不気味なおじさんです。どうも、ありがとうございます。
スポンサーサイト



2016年10月14日 (金) | 編集 |
つかれたので一言だけ。

ついに、パソコンがわが家に到着しました。あしたから設定など、とりかかろうと思います。

ウリさま、本当に本当にありがとう。また、飲みましょね。