FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2016年10月29日 (土) | 編集 |
眼科にいきました。覚悟をかためていました。

検査の結果、

「網膜の腫れは、だいぶひいてますね。症状は改善してますよ」

ですって、あーら、まじで? ですがセンセ、見え方ちっとも改善してないのですが。

一度、網膜がダメージをうけてしまうと、完全には元にもどらないもよう。ということは、この先ずっと、この視界がゆがんだまんまということですな。気分がどんよりしますな。

引き続き、投薬治療と点眼剤で様子をみましょうとのこと。

明日は、二回目の結婚記念日です。奥さんと、どこか気の利いた店で食事しようと思うの。熱く見つめあいながら、ウッフフ、エヘヘと、ほほえみあおうと思います。
スポンサーサイト
2016年10月18日 (火) | 編集 |
川崎から帰宅。

とおいよ、あついよ、つかれたよ。

仕事がいそがしかったのと、こわかったのでほったらかしていた目が見えない件ですが、奥さんのお母さんに自分を大事にしろと怒られまして、金曜日に覚悟をきめて眼科いくことにしました。

会社に、

「急だけど金曜日やすむかんね、ぜったいやすむかんね、仕事しないかんね、しらないかんね!」

と申し上げたところ、普段、異常なとおい現場でも文句いわずにがんばっている功徳を積んでおいたおかげか、ふたつ返事で、

「いいですよ」

ですって。わあい、やったやった!

と、喜びもつかのま、

「そのかわり、明日は、うちで抱えてる案件で一番キツイとこ、お願いしたいの。さきに言っとくけど、半端なくキツいわよ」

ですって、うわー、いやだよ、そんなとこ。

「いろんな人いかせてみたんだけど、みんなキツすぎて辞退するのよ。一日に5000人を相手にしないといけないから。もう出せる人がいないの。うちの会社としても、手持ちカードの切り札を切るしかないのよ。それが、アナタ。期待してます。お願いします」

って、おじさんをおだてあげて、うまく使おうという魂胆が丸見えではないですか。その程度のおべっかで、豚じゃあるまいし簡単に木に登ると思ったら、ちくしょうめ、大正解だ!

あすは、23時まで、5000人を相手にする仕事だそうです。生きて帰れるか不安なの。

とにもかくにも休みがとれました。目の状態は、よくなるどころか悪化しているのを自覚してるので、デビルビームでビビビビビ! になることは確定でしょう。もしかしたら、眼球に太いお注射ぶっすりこ! になるかもしれない、うわあいやだいやだいやだ。

前回の検査、瞳孔が開きっぱなしになる薬を使用され、3時間ほど、まぶしくて目を開けられなくなり、自力で移動できなくなりました。今回も同じ検査をするかもしれないので、奥さんを介添えでつれていきます。

おっさんには愛の介護が必要です。たくさん求めたいです。おういえ。
2016年10月17日 (月) | 編集 |
はやく仕事がおわったので、荷物のかたづけもせず、チューハイ飲みながらの戦車です。このところ、平塚とか鎌倉とか、わけのわからぬ現場に飛ばされていたので、午後4時に仕事終了するくらい、たまにはいいでしょう。

戦車、さ、い、こ、う。

戦績、さ、い、て、い。

勝てねえ、ちっとも勝てねえんじゃよおおお。まともに操作するのは、かなり久しぶり。ちっとも思うとおりに動かないし、周囲の確認ができてないし、あっという間に死ぬし。おとといから1勝12敗という体たらくです。だめだ、もうだめだ、ぜんぜんだめだ。

これはもう、一緒に戦車であそぶ仲間を募集するしかねえ! 他力本願力発動!

ということで、どなたか戦車であそびませぬか。

http://worldoftanks.asia/

わたくしを助けてくださる戦友は、↑からアカウント登録を!

または、友達紹介プログラムをつかわせてくださる奇特な方は、秘密コメントにでもメールアドレスを書いてくださると招待コード送ります。

なにとぞ、よろしくお願いします。

なお、明日は川崎に行きます。遠いなー。
2016年10月14日 (金) | 編集 |
ウリ君に手伝いをお願いして、実家から、すべての荷物を運んできました。

ようやく、本とパソコンが家に揃いました。

いそいそとパソコンをセッティングしたら起動しなくて、おお焦り。いろいろ調べ、ためしに4枚のメモリのうち2枚を抜きとったら動いたという、よくわからない状態。挿すと、また起動しなくなるので、メモリが悪さしてるものと推定。残る2枚のメモリでも8Gあるので、もうこのままでいいや。

スマホでは書きづらくて気力の出なかった、このブログも、すこし再開できそうです。

本棚からあふれかえった本を始末つけないといけないのですが、どうしたもんかな。司馬遼太郎だけで100冊以上あるし……。

奥さんは、

「いらないの捨てればいいじゃん」

と簡単に申しますが、いらない本などありませぬのよ。が、じゃあどうするつもりなのかと問われると捨てるしかなく、さんざん悩んだ挙句、4冊だけ捨てる決心がつきました。焼け石に水とは、このことでございます。

本棚だけではいかんともしがたく、文庫本ケースがほしくて調べたら、送料こみで、ひとつ1000円ちかくするのね。20冊しか入らないというし、高いなー。

まだ200冊ほどが、おちつく場所なく床に平積みになってございます。どうするかなー、こまったなー、悩みつつも、4年越しでコレクションがそろった喜びに、自然と顔がにやついちゃうの。

「来週までに、なんとかしてね。でなきゃ、わたしが捨ててあげる」

奥さんの、きついお達しに、にやにやしながら身もだえる不気味なおじさんです。どうも、ありがとうございます。
2016年10月14日 (金) | 編集 |
つかれたので一言だけ。

ついに、パソコンがわが家に到着しました。あしたから設定など、とりかかろうと思います。

ウリさま、本当に本当にありがとう。また、飲みましょね。