FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2015年08月28日 (金) | 編集 |
滝原豊後守は、いまもウツのまっただ中にいます。彼女がほしい、嫁さんがほしい、でもできない、どうしたらいいのかわからない、死にたい死にたいと、毎日くりかえして考えているそうな。

このごろは、ごきげんうかがいのメールを出しても、返事に月単位の時間がかかるか、返ってこないこともしばしば。電話しても出やがらねーし。

あらら、ぼくだけ幸せだから、きらわれたかしら? ねたまれてるかしら? うらやましい? ますます絶望した? 死にたくなった? ヒヒヒヒヒ?

ひそかに、ほくそ笑みつつ、そしらぬふりの厚顔で、ときおりメールを送りつけています。

滝原豊後守の苦しみは、女性から男性として求められたいということですから、彼女か、せめて女友だちができれば一発で解決するタチのものです。

ところが、だれも彼に女を紹介しようとしない。そもそも、助けてくれる男友だちですら、滝原豊後守にはいないという始末。

どういうわけか、ぼくとみいたんの周りには、滝原豊後守だけではなく、似たような悩みをかかえている知り合いが多くいます。

彼らを見ていると、共通して、苦しみの根底に他人との縁の薄さがあることを感じます。だれも助けてくれない、あるいは、だれに助けを求めていいのかわからないと苦しんでいる。

そうは言いつつも、実は、他人とかかわる面倒を避けて生きてきた人たちばかり。「助けてくれる人がいない」というより、自分で孤高を選んだ人生の、流れついた先に今の苦しみがあるとも言えます。

・30すぎて結婚した親友に対して、「中学生のときに、女には目もくれないと誓いあった、あの約束はどうなった!」と、しょうもない恨みを書きつらねた詰問状を送りつけてきらわれ、絶縁状態になる

・友人の結婚式。一緒に式場に行こうねと前々から約束し、当日の朝、「これから迎えにいくからね、30分で着くよ」「うん待ってるよ、よろしくね」と、電話で会話をかわしたのに、いざ家に着いてみると、「急にお腹痛くなったから、行かなーい、ごめんねー」と、けろりとした顔で、超絶ドタキャン

・「狩りの誘いですか? いやです。行きません。だめです。あなたよりも、毎日のスキル上げノルマのほうが大切だから一緒に遊べないんです。わたしは、ひとり遊びが好きなんですよ。ですから、あなたも、ひとりで遊んだほうが身のためだと思うんですよ。これからは誘わないほうがいいかって? いえいえ、わたしにだって、だれかと遊びたい気分の時はありますから、そういう時なら、一緒に遊んであげてもいいです。何度もあきらめずに、わたしを誘ってみてください。わかりましたね」

・ある男、結婚して子どもを二人つくるも、ろくに働かない。職を転々とし、8年の結婚生活で、働いたのは併せても2年に満たない。妻、あまりの生活のつらさに、ひとりで家出。男は、残された子どもふたりと生きていこうとするも、どうしても仕事が長続きせず、2年で心が折れ、子どもを捨てて失踪(しかも2回め)。それから30年、行方不明だったのが、ひょいと現れ、豊富な人生経験を活かして指導を試みる。つもりが、「いまさら父親づらされても困るんですけど。まず、謝罪が先なんじゃないんですか」と、次男に、はっきりと指摘され、「おれだって、ずっと新宿で浮浪者暮らしをして苦労してきたんだ、仕事しないで生きていくって楽に見えるかもしれないが、生半可なことではないんだ、やってみないとわからない辛さがある。お前たちに、あの苦労を味わう覚悟があるのか」などと、どんな正当性があるのかわからないガチギレかまし、迷惑千万。おまけに興奮しすぎて狭心症の発作を起こし、救急搬送された、70歳。

上は、彼らの実際の言動の一例です。

こういう人たちと、親しくなろうと思います? ふつう、敬遠するよね。なにかの間違いで知り合いになってしまっても、さわらぬ神にたたりなしで、遠巻きに見るだけで救いの手は差し伸べないよね。

ぼくは、彼らを半分は気の毒だとは思いつつも、

「ひとりを求めていたんじゃないの? 望んだとおりの孤独を手にしたのに、なんで苦しむの? 人生が虚しいって、いまさら、なんなの? 都合よすぎね?」

と、いささか冷酷な感想をも抱いてしまうのです。

(つづく)
スポンサーサイト
2015年08月13日 (木) | 編集 |
さて、『生命大躍進』展は、たいへんに素晴らしい内容でした。

地球上に誕生した原初の生命体が、進化を重ね、絶滅の危機をのりこえて、いかにして至高の存在であるパンダにたどり着いたかの道筋を示します。

「なんか、わたしのみた展覧内容とちがう……」

と、みいたんがつぶやいてますが、あれ、そう? おかしいな?

たっぷり時間をかけて見学し、いよいよ上野動物園へむかうという段になって、みいたんから、

「アメ横あるきたい」

との、みことのりが発せられました。突然、気分がかわり、行き先変更になるのは、いつものことにございます。みいたん様のみこころのままに。

平日の昼間ですが、アメヤ横丁は、いつもどおりの猥雑さです。あちこちの店先をのぞいていると、

「動物園は、行かない」

みいたんが言うの。

「なんと、おおせられました!?」

「また今度にする」

「これは、したり。ぱんだを見ぬとおおせか」

「見ない」

「みいたん様、しばらく、しばらく。それがし、ぱんだ見るを楽しみに、ここまで出かけてございます。ぱんだ見ぬとなれば、家臣どもに面目がたちませぬ」

「錦糸町に行く」

「……わがこと、終われリ」

かくして、アメヤ横丁散歩も早々に切りあげ、錦糸町に移動したのです。楽しみだった、ぱんだを見られず、たましいの抜け殻のわたくし。気力枯れ果て、重い足を引きずるように歩きます。

「うぜえ」

「ぱんだあああ、ぱんだがあああ、ああああ、ぱんだああああ」

「お小遣いやるから」

「おこづかい!? わあい、おこづかい、わあいわあああい」

「錦糸町行くか?」

「行く、錦糸町行く!」

「まじ、うぜえ」

錦糸町で、みいたんは美容室で髪をカット。服を買い、本を買い、駅ビルの中にあった沖縄料理店でのんびり夕食。

すっかり遅くなってしまい、翌日はふたりとも仕事だったので、帰りは特急かいじを利用しました。帰宅は23時30分。

「たのしかったね!」

ひさしぶりの贅沢な休日で、みいたん、ご満悦。みいたんがゴキゲンで笑顔ならば、それがいちばん、おじさんは嬉しいです。

みいたん髪型にあってるよ、かわいいよ、あいしてるあいしてる、ちゅっちゅー。ちゅー。ぺろぺろ、あんあん。ちゅっちゅちゅー。
2015年08月10日 (月) | 編集 |
今日は休日にて、みいたんと上野デートです。

まずは腹ごしらえに、上野グリーンサロンで、ぱんだランチ。

「顔を作りますので、少々お時間いただきますが、よろしいですか?」

よろしいです、よろしいです。大変によろしいです。そして、出てきたのは、こちら。

カレー de パンダ。
(画像はあとで追加)

オムライス de パンダ。
(同上)

あーん、かわいい。

かわいいぱんだを、かわいいみいたんが頬張る姿に、おじさんは感涙にむせびます。みいたん、あいしてるあいしてる。ちゅっちゅー。

「でも、ぬるいね」

微妙な表情の、みいたん。

そうなの、ぬるいの。おそらく、レンジで温めたレトルトのカレーとオムライスであるのは仕方ないにしても、温めがまったく足りずに、かろうじて冷たくないというだけで、ぬるすぎて困るね。ぱんだだから食べていますが、ぱんだでなかったら残して帰ります。おういえ。

と、書いてはいても、結局、注文して売上に貢献したのだから、わたくしたちのようなアホウ相手の商売に釣られたというか、なんというか。ぱんだ道は業が深いぜ。

このあとは、国立科学博物館で『生命大躍進』展を見学したあと、上野動物園でぱんだだけを閉園の午後8時まで、みっちりと見つめます。