FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2015年03月29日 (日) | 編集 |
シャワーあぴて、ごはんたべて、夜勤にいってきます。

たまに入ってくる夜勤は、うまく寝られないお年ごろ。火曜日からは昼の通常勤務だから、月曜日の明け休みだけでリズムを戻さねばならず、疲れがぬけずにフラフラよ。おじさん、つらいです。

よく、

「夜勤やってて、幽霊出ないの?」

と聞かれますが、一度も見たことありません。ただ、同僚はみな、何度か気味の悪い体験をしてはいるようです。

顔が浮いてたとか、白い影がはしったとか、工事で線が切れてるはずの部屋から内線がかかってくるとか、1時間怒鳴りっぱなしのハード・クレーマーが現れるとか、明らかに変なクスリキメキメで受け答えおかしいやつが来るとか、口調から外見からヤクザ以外の何者でもない人がゆすりのネタ見つけに来たとか、聞くだけで冷や汗が出てくるような話を聞かされます。

おっと、後半は幽霊じゃなかったね。

60すぎて引退間近の、いちばんの長老いわく、

「おれ、毎日みたいに幽霊みるけど、あいつら気味は悪いけど、いるだけだから気にしなきゃたいしたことないよ。人間のほうがこわいよ。人間は、なにしてくるかわからないから」

ですって。本当に、おっしゃるとおりです。その言葉、骨身にこたえます。

今日も平穏無事を祈りつつ、それでは行ってまいります。気力があれば、月曜日になにか書きたいけど、どうなるやら。
スポンサーサイト
2015年03月28日 (土) | 編集 |
昨日、ケーブルテレビの設備点検保守のひとが家に来ました。とくに問題はないとのことで、5分で作業はおわり。

帰ろうとする作業員に、みいたんが、BS、CS放送に興味があると話しかけ、説明をうけるうちに契約する流れとなりました。いちばん安いプランでも、ふたりが見たいジャンルはほとんど入っているので、これでいきましょ。

ふたりとも音楽番組と、映画がまずはお目当てで、みいたんはアニメがみたいのですって。ぼくは、スポーツ番組を。それと、アダルト番組は……あっ、はい、契約しません、ごめんなさい。

ためしにディズニー・チャンネルで、ちょうど放映していた『フィニアスとファーブ』を見ましたが、なんだこのアニメ、狂ってるよ!

言葉で説明しづらい内容で、断片的な映像が数秒ごとに次々に切り替わっていく。つながりが、まったくわからない。心を病んでる人の思考というか、変なクスリきめてぶっ飛びながら作ったとしか思えない感じで、なにがなんだかわからない。わからなすぎて笑いが出てくるという具合。

たまたま、そういう回だったのか、いつもこうなのか知りたいので、また次回見てみようと思います。ちょっとはまってるかもしれない、わたくし。

そして、これから週末の地獄勤務。今週は夜勤です。解放は月曜日の朝。来週は、生活リズムがもどらなくて一週間ぼんやりしちゃうわ。いやだわ、いやだわ。
2015年03月27日 (金) | 編集 |
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2015年03月26日 (木) | 編集 |
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2015年03月20日 (金) | 編集 |
失敗続きで、こまっている今日このごろです。精神的な疲れが、よくないようで。

わたくし、もともと疲れに弱いたちであったうえに、おっさん加齢が加わって肉体的、精神的な体力がこのところ急速に落ち、悲惨な状況になっております。

先日は、ゆで卵をつくろうとして小鍋を火にかけたまま、ぼんやりしていたら、なにもかも忘れて空焚きがつづき、鍋を真っ黒に焦がしました。みいたんに、こっぴどく叱られましてございます。

「火事になったら、どうするの! ここに住めなくなるじゃん!」

至極ごもっともな叱責に、

「ごめん、この空焚き、じつは2回め。みいたんと一緒になる前には、5回くらいやらかしてる」

と、本当のことは言えずじまいでした。だれも知らない知られちゃいけない。

水を流しっぱなしとか、洗濯物干しっぱなしとか、戦車のゲーム3時間やりっぱなしとか、そんなことが続きに続き、みいたんから「ぱなし君」の通称を頂戴する始末です。

そして、明日、明後日は、また地獄勤務。月曜日まで仕事がつづき、ようやく火曜日に休みをいただきます。ゆっくり休めればいいのですが、やらねばならないことが多くて難しいかな。

はやく平穏がほしいものですが、しばらく無理そうだよ。わたくしの周囲では、あちこちで戦争が勃発しております。

戦いに興奮しすぎて狭心症の発作をおこし、入院、緊急手術のハメにおちいった70歳男性とか、いったいなにをやっているのかと思いましたが、よくよく考えれば、自分もレベルの低さにおいては変わらない争い事を抱えているのでございました。

もう、みんなばかばかおれもおまえもばかばっか。

わりと、まじで疲れてございます。みいたんに、やさしく癒してほしいのでございます。へへ。
2015年03月16日 (月) | 編集 |
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2015年03月14日 (土) | 編集 |
うちの会社に、イガさんという年配の男性がいます。

おれが一番とばかりに自負心が強い気の荒い連中のなかで、誰にたいしても穏やかで丁寧な物腰で接し、いつも笑顔を浮かべているようなおじさまです。わりあい見た目も格好よく、バイクに乗って通勤してくるような人で、若いころは、さぞモテたであろうと思います。

知り合いにしか通じませんが、顔立ちといい性格といい、早井二九郎くんが齢をかさねたような印象の人です。ぼくは口に出したことはありませんが、イガさんが大好きで、彼のようなおじさんになりたいと憧れています。

先日、イガさんが、仕事になやんでいる若手を励ましているところに立ち会いました。

「セイちゃん、くさっちゃだめだよ。人生、かならず何度かはチャンスがめぐってくるものだよ。そのうち、長くつづけられる仕事にめぐりあうから。チャンスを待つことも必要だよ。大丈夫だよ」

ゆっくりとした優しい口調で、若手くんを励ましていました。

「でも、それがわかるようになるのは30歳すぎてからだと思う。おれも30すぎるまでは、わけもわからず、ふらふらしていたから……」

このごろ、すっかり涙もろくなったおじさんは思わず泣きそうになったのを堪え、

「本当に、そうですね……」

心から同意しました。

この年になって振り返れば、たしかに、あれがチャンスだったのだと思う出来事が、いくつかあります。仕事にしろ、人間関係にしろ、そのときに一歩踏み出す勇気があれば、今とはちがった生活が開けていたかもしれない。

打ち頃のストライク球を見逃してきたのは確かですが、めぐってきたチャンスを逃してきたことを、いまさら悔やんでもはじまりません。そのときは、選びとる準備が整っていなかったのだと思っています。

そんなぼくが、ようやくにして掴みとったのが、みいたんとの縁というわけです。みいたんと共に、なにかしら善なるものを求めてあるいてゆく道を選びました。

その、きっかけとなった日が、2012年の3月14日。上野松坂屋で、写真家岩合光昭のパンダ写真展が開かれていたので、みいたんを誘ってみました。

久しぶりの、女の子とのデートで、どうなることかと年甲斐もなく緊張しっぱなしでしたが、写真展をみたあと不忍池を散策し、お茶をして、なにごともなく夕方に帰りました。あまりに、なにごともなかったので、進展を期待していなかったところ、みいたんが一週間後の3月21日に上野動物園デートに誘ってくれ、そこから急速に仲が深まりました。

あの日から、今日で、丸3年。結婚記念日の10月30日とならんで、3月14日は、ふたりの大切な記念日です。

みいたん、一緒に生きていくことを決断してくれて、ありがとう。おたがいに、背負っているものが重すぎる人生だけど、どこまでも助けあいながら歩いていきましょう。ずっとずっと、あいしてるあいしてる。
2015年03月13日 (金) | 編集 |
急に休みになった昨日に引きつづき、休みをいただいた本日。

市役所であれこれ手続きと、申告するほども収入のない確定申告をすませ、図書館で本を3冊借りました。

明日からは、また地獄の週末勤務。

昨日の教訓から、会社でやかましくシフトの確認を言ってくるようになり、会社の介入で、ちょこちょことシフト変更がかかりました。今月3回めのシフト変更となり、おじさんは明日どこへ行けばいいのかわからなくなり、混乱しているところでございます。

明日、隊長に確認しないとダメだこりゃ。もっとも、その隊長も半分、わけがわかってない様子ですが。へへへ……。

疲れがぬけねえ、もう歳だ、もうダメだ、ちきしょうやけ酒だ、ビールだビール、ビールまつりだ、つまみはポテトチップスコンソメ味だ、景気づけに大袋くうぞ、ようしようし、ウヒャー、空きっ腹にアルコールきくぜえええ、そして戦車スタートだ、うわあちっともかてねえええええ!

実家の用事で家にいない、みいたんから、

「なにしてるの?」

とラインで聞かれました。

ビールと、ポテチで酒盛り中です。と答えたところ、呆れ顔のスタンプが返ってきました。ちょっとシアワセです。
2015年03月12日 (木) | 編集 |
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2015年03月12日 (木) | 編集 |
今日は、急に仕事が休みとなりました。

ごくふつうに出勤してみたら、職場に隊長がいるの。平日は、ひとりの職場で、かちあうハズがないので、おや、なんで? と、お互いに顔をみあわせて呆然とするも、隊長がシフトを勘違いして、出勤してしまったという結末。

重症の仕事したくない病のわたくしは、どうぞどうぞと、勤務をゆずって帰宅したという次第です。このところ、疲れがたまっていたから助かりました。

先日は、滝原豊後守と電話。あいかわらず、ウツの状態はよくないそうな。一進一退どころか、ずっと沈んだ状態がつづいていて、かならず一日に一回は死ぬことを考えるらしい。

服用している薬は、状態を改善するというより、考えづめで緊張している脳を休ませるもので、ぼんやりとして何も考えられなくなる効果があるそうな。

本によれば、ウツの人に関わりすぎるのはよくないことで、ゆっくり休ませてあげるべきらしいのですが、そうすると、何ヶ月も連絡しないのがベストということにもなりかねず、悩みます。

いまは、ときたま、ずっと昔に一緒にみた映画の、この年になっての感想を送ってみたりするくらい。お前のことを忘れてないよ、という意図をふくめた短いメッセージですが、返事を書かなければという義務感を刺激することになれば、これすら彼には重いのかもしれない。

なんとか復活して、また面白い映画ブログ書いてほしいな。待ってるよ、と書きたいが書いていいものか迷い、書かず。どうしたらいいのか、よくわからんね。むずかしいです。

そして、わたくしは、このところ疲れから失敗つづきで、みいたんに怒られてばかり。

へんな戦いに、うつつを抜かしてる場合じゃないでしょう、どうしようもない。謝ってでもなんでもいいから、とっとと決着つけてくれない? こんなことのために結婚したわけじゃないよ!

と、激おこまじぎれみいたん。まるきり、おっしゃるとおりでございまして、わたくし、ぐうの音も出ません。でも、ぶうの音は出ました。精一杯の反抗、中年の主張です。

「こら、ちゃんと人の話を聞け、話の最中に、そんなこ……、うお、くせえ!」

みいたんは鼻をおさえて、わたくしを激しく足蹴にするの。

「DVはやめて! DVはやめて!」

「うるせえ、DVじゃねえ!」

みいたんは、わたくしの尻を集中的に攻撃。

「やめて、尻さんを大切にして! 尻さんは、もっと愛護して!」

「だまれ、制裁だ、制裁!」

ひとしきり蹴ったり叩いたりしたあと、息のあがったみいたんは、

「疲れた。マッサージして」

と、肩と首のマッサージを要求します。そこのコリは、いまのDVとは関係がないような。

「いいから、マッサージして。夫婦なんだから!」

カードの切り方が、とうてい納得できませんが、文句を言えないわたくし。これは、世に言う、尻に敷かれている状態なのでしょうか、神様?

でも、ちょっとシアワセです、仏様。

「ふうん、ちょっと、なんだ」

みいたんに聞きとがめられました。いえ、大いにシアワセであります、稲尾様。

世の中、感謝だよ、ありがとうありがとう。
2015年03月11日 (水) | 編集 |
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2015年03月06日 (金) | 編集 |
やほーい、昨日、今日と連休を楽しんでございます。

昨日は、みいたんとお買い物にお出かけして歩きまわる。今日は、のんびりおうちで戦車のゲームです。

わたくしたち食事は基本的に自炊でまかなってございますが、みいたんは、気に入ったメニューがあると続けて食べたがるもので、ついこの間までは、連日、鍋。沖縄のときは、連日、チャンプルー。

ここ数日は、こればかり作って食べています。

■NHK かんたんごはん 「ホタテ貝柱のクリーム煮」
http://www.nhk.or.jp/shutoken/recipe/gohan/backnumber/rcp01383.html


なかなか美味しい料理です。ホタテを、エビやカキに変えて楽しんでいます。

今日も、これから作るのですが、目先をかえて鶏モモ肉あたりを使ってみようかしら。あらん、もうこんな時間だわ、お買い物いかなくちゃ。夕方のタイムセールお目当てですの。お米はといで炊飯器のスイッチいれたわ、おいしく炊けるかしら。うふんうふん、からだくねくね。

今日の夜中は、みいたんの親友、みつちゃんの誕生日ぱーちーだそうです。みつちゃんのご主人が出席するので、釣り合いをとるために、わたくしも参加しないといけないとか。おじさん、その理屈、よくわかんない。

解散は、午前2時の予定ですって。おじさんは、みいたん、みつちゃんと10歳の年齢差があるので、そういう真夜中の祭りは、もうとってもキツイお年ごろやなー。帰ってきたら、シャツが爺ちゃん臭くなってること間違いなし。つらいなー。

そして、祭りの余韻さめやらぬ明日、明後日の土日は地獄の夜勤二連発。月曜日の朝に解放されますが、その足で、次平庄太郎との戦いに赴きます。ろくに寝る時間ねーじゃねーか、ヒヒヒヒ。

この週末から月曜日にかけて、おじさんの勝負どころがやってきたようです。

もっとも、八丁沖を渡った長岡藩軍の辛苦を思えば、この程度のつらさは物の数に入るものではなく、そう考えたら、ちょう燃えてきたぜ。人生の何かを奪還するために、がんばります。おういえ。