FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2015年01月31日 (土) | 編集 |
みたい映画。

■ベイマックス
 http://www.disney.co.jp/movie/baymax.html
楽しそうよね。次の休みに、みいたんと一緒にみます。うふん。

■アニー
 http://www.annie-movie.jp/
ミュージカルのアレ。これも、みいたんと一緒にみます。きゃっ。

■アメリカン・スナイパー
 http://wwws.warnerbros.co.jp/americansniper/
わたくしの大好きな、クリント・イーストウッド監督作品。公開は、もうすこし先。ひとりでみます。へへ。

そういえば『フューリー』の感想をまだ書いてなかったわん。夜勤から帰ってきたら気力をふりしぼって書こうと思います。おばけが出ないことを祈ります。こええぜ。

そして、ねむさ限界なので、そろそろ寝るのでございます。みいたんと、らぶらぶします。へへへへへへへ、へへ、へへっ。
スポンサーサイト



2015年01月29日 (木) | 編集 |
今日は休みでございます。このところ、木曜日の休みが多くなっています。どこかに遊びに行きたいと思うものの、なんだか疲れがぬけずに、

「また、家でゆっくりしてればいいや」

と思ってしまうのは、おっさん身体だからかな。やばいぜ、やばいぜ。

ちなみに、みいたんは実家の用事でおでかけしており、またも一人の休日です。前のときよりも長い笑いがもれます。へへへへへへへへ、へへ。

ということで家にいて、やっているのは、恒例の戦車のゲーム、読書と、いんちき歴史小説書き。第12回をアップしましたので、暇な方はごらんいただければと思いまする。

いんちき歴史小説 http://tareza.99ing.net/

一回が原稿用紙換算で10枚程度の分量なので、現在、120枚まで進んでる計算に。日野原隊の死闘は、第14回からの予定です。へへへ。

今週末も、また12時間夜勤が二連発のシフト。週末だけ昼と夜が入れ替わるシフトに、身体がついていけません。3月までの繁忙期を乗り切ったら、長めの休みをいただくぜ。しばらく会えていない友人連と飲み歩いたりしたいの。わたくし、つかれたぜ……。
2015年01月22日 (木) | 編集 |
今日は休み。あいにくの雨模様なので、家にとじこもって戦車のゲームにいそしんでおります。みいたんは実家の用事で、出かけて行きました。ひとりです。へへへへ、と、あやしい笑いがもれます。へへへ。

土日の地獄勤務が後をひいているせいか、どうも、気分と体調がのりません。次の土日にも、また地獄勤務が迫っているので、憂鬱でございます。

が、本日のウツメンはわたくしではありません。ひさびさに、滝原豊後守から電話がきました。

「結婚祝いを送れなくてすまない」

との言葉。明らかに声にハリがありません。体調がすぐれないのかと訊ねると、

「そうなんだ、いま、また絶不調で……」

ですって。あら、そうなの。

「実は、つい最近まで調子よかったのだが、今回のウツは、岡田斗司夫っているだろう。彼のキス写真が流出したって話を知ってるか? しかも、何十人も彼女がいるんだって。オタクキングだ、オタクの趣味があればシアワセに生きていけるとか言っていながら、やっぱり、そっちなのかと。やっぱり、女なのかと。写真を見た瞬間に、ズドーンとな。またウツにな……」

それは、それは……。としか言葉の返せないわたくし。わざわざ、そんなもの見なくてもいいと思うのですが。

なんでも、照明のスイッチをパチッと切るかのように、瞬間的にウツへと落下するのだそうですな。場合によっては、道でかわいい女の子が歩いているのを見かけるだけでも、ウツに突入することがあるそうで、もはや、迂闊に外も出歩けないそうな。

笑っていいものか、慰めるべきか。なお、思いきり笑っておきました。

しかも、

「どうだ、夫婦仲良く暮らしているのか?」

こちらの生活を心配する会話の間にも、どんどんテンションが下がっていくのがわかります。おそらくは、

「似たものクズ同士だった、たれざえもんは結婚できたのに、どうしておれだけ、どうしておれだけ、ああ、どうしていいのかわからない、ああぁあぁあぁぁあああぁあぁあ」

という、タキハラスパイラルを下っていっているのでしょう。めんどくせーな!

なお、

「ちょう、仲いいよ。ちょう、シアワセ!」

と、元気いっぱいに答えておきました。

「そうか……。よかった……。近々、祝いは送る……。じゃあ……また……今度……」

死にそうな声を出しながら、会話終了。つらい人生よね。
2015年01月15日 (木) | 編集 |
わたくし、今日も休みです。

前にも書きましたが、仕事の関係で土日にまるで休みがとれないため、平日にちょこちょこと休むことにしています。この週末も、また地獄の勤務が待っているぜ、ハハ、ハハハ……。

みいたんは仕事。

「なんで、あんただけ休みなの、わたしも休みたい休みたい休みたい」

ぶつぶつ、つぶやきながら出勤したみいたんは、

「夕飯はカレーにするから作っておいてね!」

そう言い残して行きました。米をといで、炊飯器のスイッチをいれました。あと30分で炊きあがるので、そろそろカレー作る準備始めないとね。その前にブログ書くぜ、おういえ!

おそろしいことに、染井次平庄太郎との交渉は、まだ続いています。しかも、「メールだと埒があかない。会って話をしたほうが早いから時間を調整してくれ」などと言い出す始末で、一度は、今後は会う必要がないと確認したはずなのに。当然、その必要は認められないと拒否いたしました。

すこし話は変わりますが、わたくし、みいたんと知り合い、結婚して、しみじみと自分の限界を思い知らされています。これほどまでに器の小さい部分があったのかと、もともと大きい男だとは思っていませんでしたが、あらためて己の程、というものを情けなく思うことがあります。

これは、なにも結婚に限った話ではなく、また、わたくしだけの特別なことでもなく、だれでも環境が変わると、いままでの無意識のままのルーチンワークでは対応できない出来事が起こります。意識変革とまで言うとおおげさかもしれませんが、なにがしか、自分を変える作業が必要になります。

生きて経験をつめば変わらざるをえないはずなのに、まったく変わらないのが染井次平庄太郎という男です。まるきり、18から20歳にかけてサバゲで夢中に遊んでいた頃の彼が、そのまま今も、わたくしの目の前に現れています。

染井とは、この騒動がおこるまで3年間会わずにいました。その1年ほど前から、徐々に縁遠くなり、東日本大震災でも、お互いに連絡を取りあいませんでした。そうであれば、もうお互いを必要としていないと考え、縁も自然消滅にまかせるのが流れというものだと思っていたのですが、染井はちがったようです。

あちこちに手をまわして、わたくしとの復縁を図ろうとしたようです。が、そのやり方がいかにも染井らしく、なかなか連絡がつかないことでしびれをきらし、うちの親に、

「たれざえもんと話をさせてください。明日、そちらに行きますから、わたしの目の前で電話してください。やつが出たら、わたしが代わって話しますので、電話機を渡してください。いいですね?」

と、恫喝をかけたというの。このように、親に追い込みかけられて、また昔みたいに仲良くやろうかと言えるほど、わたくしは優しくないです。もっとも、染井にしてみれば当然の権利だと思っていて、恫喝と受けとられるなど、つゆほども思っていないのでしょうが。

困惑した親に、そっちでなんとかしろと言われ、やむなく染井と連絡とった、その電話の第一声が、

「桃、食うか? 食うなら、送るけど。送りたいから、住所教えてくれ」

あの震災のあと、一切、安否確認もしなかった相手への一発目がそれなの? ほかに言いようがあるだろうと思うのは、わたくしが酷なの?

わたくしは、みいたんと結婚し、守るべき人ができました。中年の身体と、少年の心と知能をもつような人間のお守りをする余裕は、もうありません。よって、染井から、

「明日会える? 明後日会える? いつ会える? いつ会える? いつ会える?」

というメール攻撃(まさに攻撃)がきても、のらりくらり放ったらかしにしていたら、染井が激怒したという流れです。

もう、お前は信用出来ない。いままでの恩を返せ!

これを言うということは、自分自身は信頼に足る人間であるという無邪気な前提がある。だから、相手の人間的信頼性を攻撃できるわけですが、奇遇ですね。ぼくは、とうの昔にあなたを信用していません。ここは、お互いに意見の一致をみたようです。

ということで、次回から、カテゴリ「Episode SOMEI」がスタートします。いんちき歴史小説でも、似たようなこと書いてるので重なる部分がありますが、ご容赦ください。おういえ。

話はまったく変わりますが、あぶない商売を始めて迂闊にインターネット上に個人情報を載せると、おそろしいことになるという実例をご紹介します。この場合、完全に自業自得ですが。

→ 「自己責任による、消えることのない個人情報」の場合。
2015年01月14日 (水) | 編集 |
みいたんの機嫌がわるいの。なにかにつけ、気落ちしたようにためいきをついて、

「やっぱり、これが」

などと、つぶやいているの。どうしたのか問えば、

「きのうは、きょうだから」

言うことがおかしいの。わあ、どうしたのみいたん、おじさんちょう心配よ。

ふうーと、ひときわ大きいためいきをもらし、

「おみくじのせいだ」

ですって、ああ、そうか。

みいたんは先日の川崎大師でのおみくじで、見事に凶を引き当てました。わーお。

すなわち、

「昨日は、今日だから」

ではなく、

「昨日は、凶だから」

と言っているのでありました。まぎらわしいな!

しかも、みいたんの気に入らないことに、わたくしのおみくじは「大吉」でした。わーーーーーーーーい! これを書いた瞬間、みいたんの険しい横目がつきささりました。

今日はふたりの休み。凶にこだわるみいたんの験直しで、高幡不動尊に参詣して、おみくじをいただきます。みいたんは「吉」を引き、凶が帳消しになったと嬉しそうでした。わたくしは「大吉」を上書きしたくないので、今年は二度とおみくじを引きません。おういえ。

つづいて、大國魂神社へ。ここでも、みいたんはおみくじに直行し、またも「吉」を得ました。これくらいの幸運がちょうどいいよね、とみいたんはゴキゲンで、ようやく凶を忘れたようでした。

寺社めぐりから、駅前デパートの散策、お食事と、ふたりでさんざん歩きまわった楽しい一日もおしまい。また明日から仕事ですが、がんばります。みいたん、あいしてるあいしてる。ぶっちゅっちゅー。
2015年01月06日 (火) | 編集 |
わたくしの年末年始は、こんな感じでした。

28日。仕事で、150件の電話応対。気絶寸前。

29日。仕事で、一日中、場所のご案内と、移動のお願い、挨拶を繰り返して声が枯れる。おまけに、超絶いそがしい時に、職場のブラックリストに載っている半ヤクザのクレーマーにからまれ、オーバーヒート寸前。それでも、なんとか処理して仕事終了。この日の記憶、あまりない。

30日。ローテーションで、この日は暇な部署に立つ。昨日の地獄が嘘のように、ああ、なんて平和なのでしょう。すてき……。

31日。お休みをいただく。疲れをとるために、ゆっくり休める……はずもなく、買い出しやら、片付けやらで、あわただしい。大晦日だから、仕方ないけどね。

1日。お仕事。比較的に平和な一日。すてき……。

2日。休みをいただく。今度こそ、疲れをとるために、ゆっくり休む……予定が、朝から体調わるし。猛烈な吐き気と、下痢。そして、発熱38.5℃。ぎゃあ、これはインフルエンザ? ノロウイルス? やっちまった、やっちまった、やべえやべえ。ふうふう言いながら、一日寝る。みいたん、本当は、この日に初詣に行きたかったらしいけれど、中止になり、たいへんゴキゲンナナメ。それでも、一生懸命看病してくれて、ありがとうありがとう、あいしてるあいしてる。ちゅっちゅー。

3日。仕事。朝起きて、戦々恐々しながら体温はかると、36.7℃。あらやだ、超平熱ですわ。まだ身体がフラフラするけれど、今日、明日はキツイ部署の担当だから休めないわ。無理して仕事。半ば、死亡。

4日。キツイ部署で、地獄の13時間仕事。7階で呼ばれたかと思うと、地下1階でも呼ばれ、すぐさま受付に呼び戻され、その間もPHSは片時も手放さないどころか、電話は鳴りっぱなしで移動しながら電話応対。たぶん250件超。途中から意識朦朧として、なにがなんだかわからない。ハハハハハ、と、笑いながら廊下を疾走して、気味悪がられること数度。家に帰ってからも、精神が疲れすぎて、まったく眠くない有り様。

5日。昨夜の帰宅が午後11時。この日の出勤は7時半。寝つけなかったせいで朝寝坊し、遅刻しそうになって、さらに疲労困憊。しぬ。

6日。今日。仕事。しんだ。

7日。明日。仕事。生きて帰れるか、不明。

8日。明後日。ようやく休みの予定。たまりにたまった疲れをとるために、ゆっくり休み……など、とれるはずもないのが結婚生活というものらしく、川崎大師まで遅い初詣に出かける予定。みいたんは、あんたのせいで2日は我慢したんだから、8日は絶対に行くと、張り切っているために、いまから天国の門が雲間から見え隠れ。

人生で、なにかを失い、なにかを得たことは間違いありませんが、振れ幅が大きすぎて、ついてゆくのが一苦労です、神様仏様。

そして、みなさま、本年もよろしくお願いします。このブログ、なんだかんだ10年以上つづいております、すごいね(今年最初の自画自賛)。