FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2014年12月22日 (月) | 編集 |
ホームに入ってきた電車に乗ろうと、走り出した瞬間に、ふくらはぎがつったでございます。なんとか間に合ったものの、悶絶中。
スポンサーサイト



2014年12月22日 (月) | 編集 |
なかなか更新する時間がとれないほどに仕事がいそがしく、また、私生活でも周囲での波乱がたえることなく、人生とは、まことにままならぬものでございます。

心が疲れているときは、また、司馬遼太郎の『峠』を読み返したくなります。一度は越後長岡に、継サンの墓を訪ねてみたいと願っているのですが、なかなか、その機会がありません。

わたくしは、『峠』を読んでいなければ、おそらくは、みいたんと結婚しなかったでありましょう。

これを言うと、たいていの人は笑うのですが、いたって本気です。大まじめに書いております。人生を左右するほどの、本との出会いというものは、あります。

と、ここまで書いたところで、もう寝なければならない時刻にございます。今宵は、ここまでに致しとうございます。