FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2014年12月01日 (月) | 編集 |
わたくし大本営陸海軍部発表。本日、午後4時。染井次平庄太郎直家と交戦状態に入れリ。

という、よくわからない告知から始まりましたる本日のブログでございますが、要するに、染井直家との長かった腐れ縁が本日おわりましたという、一部の人以外にはどうでもいいお知らせであります。

今回に限らず、ぼくが今まで経験してきた戦い(島野とか、浦里とか、稲西とか、福岡天井裏とか)は、判で押したように決まって、

「自分は正しく、雲須が悪い。反省しろ。謝罪しろ」

との、必殺カードをズバっと切ってきました。染井も、まるきり同じ。必殺カードを切られたら、当然、こちらも今まで隠し持ってきた秘蔵カードを切り返さざるをえず、泥仕合になることが分かりきってるというのに。

どうして、みんな自分だけが正しいと確信して、攻撃をはじめることができるのかなあ。どうして、自分だけの攻撃ターンが続くと信じてるのかしら。あまりに無邪気すぎやしないかな。

いずれにしても、わたくしの、

「この、うざったらしいやりとりの、落とし所はどこに決めてるわけ? 作戦の目的は、どこよ?」

という質問に対して、染井の返答は、

「俺にほどこされた恩を、すべて精算しろ。返せ。恩知らずめ」

とのことでした。

よろこんで「精算=関係終了」いたします。当然、わたくしが施した恩、染井のために注ぎ、費やした時間、労力、人脈に対する報酬も、請求いたします。

さらに言えば、みんなでの会食のとき、会計の前に必ず、

「ごちそうさまでしたー」

と、財布開こうとすらせず席を立つ気配をしめしたため、見かねて、おごろうかと提案してくれた人に、

「ありがとうございまーす」

と、即座にたかり、一切お返しをしない、などという行為を繰り返したこと。その結果、

「たかり集団バリサルダ」

などと、陰口たたかれ、

「なんとかならないの?」

と、わたくしが抗議を受けて謝罪したような事例がごまんとございますので、この精神的苦痛に対する賠償もお願いします。

まさしく、泥仕合。でも、染井が望むのだから、仕方ないよね。

うそぶく、わたくしに、みいたんが評して、

「幼稚園児のケンカ? ふたりともバカなの?」

なかなかに言い得て妙。恐れ入りまして、ございます。アハーン。
スポンサーサイト