FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2014年06月28日 (土) | 編集 |
引っ越しは、もうすこしで部屋の契約が完了しそうです。

今度の部屋は駅から徒歩3分という近さのアパート。2階の一室ですが、1階に飲み屋がはいってる建物で深夜2時までカラオケ営業してる様子なので、もしかしたら、夜中におやじの酔声がガンガン漏れてうるせーかもしんないのであります。わかってて契約してるので、文句のたれようもないのですが。

さて、現在は会社の寮に住んでおります。今日、課長から電話があって、部屋が決まったら2日くらいで出られないか、とのこと。

なんでも、新人を雇ったのだけど現在は住居がなく、お外で暮らしている人らしい。わたくしたちが出たあとに、即入居させたいのですって。

なんでまた、そんな人を雇うのか……。とは思うけれど、会社が次の入居者を誰にしようと、わたくしたちには関わりがありませんので、

「そういうことならば、よろしくってよ、ホホホホ」

と、安請け合いするのが、わたくしの人生の通例であります。

だいたい、すぐに出ろと言われても光回線の移設工事はまるきり予約をとっておりませんし、電気ガス水道だって届け出さなければなるまいにとか、手続き関係をどうするのかがまったく先行き不透明。

「出ることは出てご覧に入れますが、そのあとのことは、責任をとりません」

という次第で、なにもかもおじさんしらないしらないしーらない。
スポンサーサイト
2014年06月22日 (日) | 編集 |
みいたんの携帯に着信。みいたんの親友である、みつちゃんからでした。

その時、みいたんはちょうど家事の最中で、電話に出られません。代わりに、わたくしが出てあげます。

「はーい、みいたんです!」

「……」

みつちゃんは絶句。

「ゲホゴホ、ごめんね、いま風邪ひいて声が変なの!」

「そ、そうなんだ」

「薬飲むから、待っててね」

「うん」

「んご、んご、んご、げふげふ、ぎゃはー」

「……」

ここで、ホンモノのみいたんにバトンタッチします。携帯を渡しがてら、

(治った、と言え)

と強要しますが、みいたんは、「ちびまる子ちゃん」によく出てくる顔に縦線がはいったかのような表情で、

「まじ、ウケんだけど」

と、わたくしのお膳立てをすべて台無しにする暴言を吐くの。なぜえええ。

口惜しさに地団駄を踏んだわたくしですが、このたび、引っ越しすることになりました。

めぼしい物件はいくつか見つけましたが、なかなか条件がおりあわず契約にいたらないのは、すべて貧乏のせい。世の中の金持ちみんなが憎いです。相続税率は、100%がいいんじゃないかな!

100万円めぐんでくれる方、大募集です。自分の気が向いた期間のみ、あなたのしもべになります。3日もたてば恩を忘れます。ありがとう、ありがとう。
2014年06月11日 (水) | 編集 |
東京にもどってから、はや一週間がすぎました。

無事に仕事には復帰したものの、ついつい、楽しかった沖縄生活を思いかえしては、

「沖縄恋しい恋しい」
「沖縄よかったよかった」
「沖縄帰りたい帰りたい」

そんなことばかりを考えている、腑抜けの一週間でした。

しかし、余裕のない貧乏暮らしの日々に追いまわされるうちに、ようやく沖縄恋しさも薄らぎ、調子がもどってきたように思います。もう大丈夫です。

ところで、先日の日曜日に近くの駅ビルにて沖縄物産フェアが開催されているとの情報を仕入れ、いてもたってもいられずに出かけました。

着いてみると、期待よりはるかに小さいスペースの売り場があるのみ。それでも、沖縄で見慣れた食材があれこれと置いてあったのは嬉しかったのですが、どれも現地価格の倍近い値段がつけられていて、手をだしづらいぜ。

なにせ、わたくしたちときたら2ヶ月も、ゆいモノレール安里駅前のマンションで暮らしていたのでありますから。安里駅前スーパーりうぼうは常連だったぜ。国際通りは20往復したぜ。この日のわたくしは、那覇市おもろまちのサンエー2階の衣料品売り場で購入した「ORIGINAL PORK」のTシャツ(980円)を着用。

かような次第で、沖縄通を自称しても、なんら問題あるまいと思われます。

みいたんと二人して広くもない売り場をぐるぐると徘徊しながら、あれが高い、これも高い、それも高い、沖縄じゃこんな値段しないよね、ありえないよね、まじうざいよね、だまされないよね、うちら沖縄通だし~。と、ぶつぶつ文句を垂れ流したのであります。

そうして、さんざんいちゃもんつけた挙句には、ふーちゃんぷるーを作りたい誘惑には負けて、車麩と、小さいパックに入ったランチョンミートの2点を600円で購入。

まったく高すぎるよね。ありえないよね。いったい、誰を相手にした商売なんだろうね?

って考えるまでもなく、現地事情をしらない東京人と、わたくしらみたいな沖縄半可通を相手にしてるのであって、わあん、引っかかってしまった引っかかってしまった。

この悔しさをバネに、もう一度、沖縄に行くしかあるまいと、みいたんと誓いあったのでございます。

なお、みいたんの病は一段と深く、テレビできれいな景気が映るたびに、

「あっ、これ沖縄じゃない?」

と、目を輝かせるのですが、それクロアチア……。それハワイ……。それブラジル……。東京とちがう風景は、なにもかもが沖縄に感じられるようでした。

たぶん、ぼくらは大丈夫です。
2014年06月02日 (月) | 編集 |
31日、沖縄より無事に帰還しました。

ふたつき放ったらかしで荒れた部屋を掃除し、おみやげを配りと、いそがしくすごしておりますが、まだぼんやりから抜け出せないの。沖縄よかった沖縄よかった沖縄かえりたい沖縄かえりたい。

とりあえず、今回はご報告のみで、すみません。