FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2014年05月24日 (土) | 編集 |
沖縄生活は、あと一週間。あんあん、帰りたくないやだやだ。

昨晩、職場で仲良くなったおっちゃんが、お別れにと飲みに誘ってくれました。おっちゃんの行きつけの店で、短い間だったつきあいを惜しみながら、酒を飲むことに。

「飲むと、つい人の悪口になっちゃいますよね」

と、おっちゃん。年齢は60代と、わたくしよりずっと歳上ですが、わたくしが職場での責任者だったことを気遣い、ずっと敬語で接してくれております。

「はっはっは、そういうもんですよね」

「じゃあ、さっそく悪口いいですか」

「はっはっは、どうぞどうぞ」

酒がはいって口が滑らかにまわりだしたおっちゃんは、職場の誰彼の悪口大会スタート。

「あの人は、ちょっと職場から浮いてますよね」

「ああ、そうかもしれないですね、はっはっは」

「あと、○○さんも考え方が甘いよね」

「なるほど。はっはっは」

「はっきり言ってもいいれすか」

「はい、どうぞ」

「この業界の人間、さんぶんのいちは頭わるいじゃないれすか!ばかばっかり!」

「わお、そのとおりです。ですから、落ち着いて座りましょ、飲みましょ、ね、ね。はいはい、煙草もどうぞ、はいはい」

「あうい。はっきり言ってもいれすか」

「どうぞ、どうぞ、なんでも、どうぞ」

「いや、やめとく。興味なさそうらから。やめとくよ」

「そんなことないです、興味ありまくりですよ、聞かせてくださいよ」

「いや、いわない。だいたい、おれとおまえは合わない。前からおもってた。合わねえよ。だから、いわない」

「はっはっは、そっすか、はっはっは」

「ところれ、あんた、なんで沖縄来たの?」

「会社命令ですから」

「金か? 儲かったか? いい思いしてるのか?」

「給料はむしろ下がりましたよ。嫁同伴できましたから、経費分ひかれて」

「おれが言ってるのは、そうじゃない。あんたは、おいしい思いをしたのかどうかだ。いや、やめよ。やっぱりあわねえ。もういい、もういいよ!」

「そっすか。はは」

「みなさん、うるさくてすみません!」

おっちゃんは手をあげて立ち上がり、店内の注目を集めます。

「いやあ、すびばせんね、へっへっへ、うるさくてね、へへ、へっへっへ」

悪酔いまるだしで、隣席の夫婦にからむのでございます。すみません、すみませんと平謝りのわたくし。

が、相手は、

「いや大丈夫、酒はたのしいものですよね。わたしら、福岡から来たですよ」

と、大人の対応。そこから、ご夫婦と、おっちゃん、3人で話がもりあがり、しまいには、わたくし、

「もう帰っていいよ」

と、おっちゃんに言われる始末。

へえ、そっすか。じゃあ帰るかな。みいたんに、今から帰るメールを送ったのでございます。

ところが、そのわずかな時間のうちにも、ご夫婦とおっちゃんの和やかだった雰囲気が激変しておりました。おっちゃんが、旦那さんのほうに、しつこくからんでおります。

「あんた、かんみんぞくでしょ?」

「わたし、そういう話興味ない」

「かんみんぞくなんれしょ?」

「やめましょ、そういうのはね。お酒は楽しくいきましょうよ」

「いやちがう、わたしが今いいたいことは、あんたが、かんみんぞくかどうかってことれす」

旦那さんは渋い表情で、

「台湾ですよ。でも、小さいころから福岡にいた。あんた、わかる?」

「ああ、台湾。よかった。台湾ならいいんれす。中国本土のかんみんぞくは、だめれすよ!」

かんみんぞくって、漢民族かよ! 危険です、このおっちゃん、ちょう危険です!

ご夫婦は心底うんざりした表情で会計をすませ、席を立ちました。

その後、おっちゃんは完全酩酊状態で、ぶつぶつつぶやき、時折、立ち上がって雄叫びをあげ、店内の四方に深々と一礼を繰り返す奇行男に。

最後には、店員の助けをかりて、3人がかりで外に連れ出しました。

外に出たその途端、おっちゃんは、若い女性をみつけて、

「お、お、おま(略)させろ、おま(略)したい、したいんら!!」

とうてい、ここに書けない卑猥語を叫んでつかみかかり、足をもつれさせて勝手に転び、うへへ、へへうへえ、へへえ、と怪しい笑いをたれ流すのです。

「にげて! はやく逃げてえええ!」

わたくし、おっちゃんを羽交い締めでおさえながら、人生ではじめて冗談ではなく、その警報を発しました。

タクシーに押し込んでからも、

「運転手てめえとめろてめえだれにことわってる、とめろてめえ、おれはおりるてめえてめえ」

と暴れるので、どこだかわからない場所に、おっちゃんを半ば蹴りだすようにして下ろし、

「じゃ、月曜に、また、じゃっ!」

置き去りに。はっはっは。

他人をうらみ、すねている具合が、滝原豊後守にそっくり。いやだなあ。

相手だけがやりたいことをやり楽しむ反面、自分は後始末をすべて背負わされる。たちの悪い接待のような、つらい飲み会を、わたくしはバリサルダ式と呼んでおります。

こういう、なんの実りもないバリサルダ式飲み会は、若いころにさんざん味わい苦い思いをしたものですから、金輪際でるまいと思ってたのが、沖縄の最後に落とし穴にはまりました。

はたして、おっちゃんが無事に帰れたのかどうか、月曜に判明いたします。が、もうどうなってようが、しらんしらん。
スポンサーサイト
2014年05月18日 (日) | 編集 |

昨日は、バスで北谷(ちゃたん)にあるアメリカンビレッジに行ってきました。

おしゃれなショップがたくさんあるデポアイランドを散策し、サンセットビーチからアラハビーチへ。

アメリカンビレッジというだけあって、ビーチには日本人より米人のほうが多く、雰囲気がちがいます。

梅雨時期まっただ中の沖縄ですが、昨日、今日とつづけての中休みで、お日さまとご対面できました。おかげで、首すじと腕がひりひり痛いのでございます。

透明度が高く、青い海。ですが、まだすこし青が物足りないかな。話では、夏になったら青さが増してくるとのことですが、もう帰らなければならないわたくしたち。

切なくて、ふたりして、

「帰りたくなーい」
「帰りたくなーい」
「もうすこし、ここにいたーい」
「やだやだー」

の合唱。ところが、

「永住したーい」

と、わたくしが申した途端、ふっと我にかえったみいたんは、

「それは、いや」

と、冷静な口調で言いました。切なさ大盛りでございます。あんあんあん。

2014年05月15日 (木) | 編集 |
今月の30日で、沖縄での仕事がおわることを会社から通告されました。

わあ、まじで。

ふたりとも沖縄生活が気に入り、もう少しすごしたい気分になっていたので、残念。もともと1ヶ月の予定だったから、仕方ないことですが。

東京に帰る日は、まだ決まってませんが、2、3日ゆっくりできたらいいな。

沖縄生活のこり2週間。とりあえず、職場のネイティブ沖縄じいさまたちのウチナーグチを理解しなければ。

じいさま同士の早口会話はなにを言ってるか、さっぱりわかんない。

ときどき、わたくしを千葉育ちの東京者と見破れず、ウチナーグチ全開で話しかけてくる客のじいさまがおります。毎日の窓口業務が、どきどきです。

ゆがふうふう見て、がんばりましょね。あんあん。
2014年05月11日 (日) | 編集 |
ただいま、はらドーナッツで、おやつ休憩中。

沖縄は梅雨入り。連日、ぐづついた天気が続いてます。

こちらの梅雨はスコールみたいな豪雨→晴れ→豪雨と、切り替わりが激しいのでございます。

切り替わりといえば、昨日の夜中にちょっとしたことで大喧嘩に…。

原因はみいたんの、とある一言がぼくを怒らせたのであります。

ぼくはみいたんに心にもないことまで言ってしまったのであります。

みいたんごめんね。って言えなくてごめんね。。。

二人で仲良くくらそうねって言っても何かしらでお互いに険悪な状態にもなるのです。

。。。みいたんに携帯を奪い取られ、書かれてしまったのでございます。

書き手が途中で入れ替わる、サスペンスブログと化してございます。

じゃなくノンフィクションです。

たくさん書きましたが二人で仲良くいますので…

ああ、また。。。
2014年05月07日 (水) | 編集 |
最近のぼくらの過ごし方は、近くのツタヤで映画をレンタルして楽しむことが多くなりました。

備忘録をかねて、沖縄にくる前からのも含めて見た映画を思い出すまま、あげてみます。

・最強のふたり

・パシフィック・リム

・うさぎドロップ

・フライト

・きみに読む物語

・バーレスク

・オブリビオン

・星守る犬

・てぃだかんかん

・空飛ぶペンギン

・ジュリエットからの手紙

・マーリー

・ローンレンジャー

ほかにもありますが、タイトルが出てこないや。どれも、ハズレ映画の印象はなく、適度に楽しめたのは、みいたんとふたりで見たからかな。

余談ながら、最近のブログは、インターネットを契約したときにもらったタブレットで更新してます。こいつで長い文章を書くのがむずかしいので、感想などは東京に帰ってから考えることにいたします。

連休おわっちまうぜ、うおーん。