FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2012年01月17日 (火) | 編集 |
MLボスの中でも、最強といわれるプリズムボスを、裸で討伐しようという呼びかけに参加してきました!

つづきは、Webで!

■UO縦の会ブログ http://uotate.exblog.jp/15282099
スポンサーサイト



2012年01月15日 (日) | 編集 |
ミクシィに書いたものの、転載。

-------

本日、Rと話をつけてきました。

臨時の家を提供してくれた人に、お礼を言い、感謝のきもちとして1500万を支払う。

Rのマスターへは、騒動でご迷惑をおかけした謝罪と、これからは、ぼくらのマスターが残してくれた縁を大切にしながら、あたらしくギルド始めます、という報告。

Rのマスターは、

「放り出して消えた男に、恩義をかんじる必要はない、あいつは無責任だ」

の一点張りで、ほとんど話が通じず、終始、ぼくらのマスターを批判。

案の定といいますか、Rでは、ぼくらのマスターはダメな男だ、ということになっていますね。

たとえば、ぼくが、

「マスターは筋をとおしたと思っています。感謝しています」

と言うと、話がおわらないうちから、

「いや、それはスジじゃない。おれは認めない」

と、かぶせて反論してくる。こりゃ、相当、根が深い怨恨があったんだなあ。

しかし、ぼくは私的な懇談に行ったのではなく、ギルドの公式な使者として行っています。マスターから補任されたエミサリー(ギルドの人事権を行使できる、ゲームシステム上の階級)である、うさこはんも同席し、彼女の了承のもとに行動しています。

ですから、ぼくの発言はギルドの発言であり、ぼくがマスターを無責任だと思うつもりはない、感謝しているといえば、これはギルドの公式見解です。

外部の人間にどうこう言われる筋合いのものではなく、Rのマスターが納得するかどうかは、関係ありません。同時に、Rのマスターに認識をあらためてくれ、と言ってるわけでもありませんが。

ともかくも、挨拶と謝罪をすませて、帰宅。

以上をもって、Rにほどこしてもらった恩情は、きれいに清算して決着しました。

これは決して喧嘩ではないので、今後、なにかの折にRと遊ぶようなことがあっても、まったく問題ありません。

------


以下、余談。

結局、感情的しこりというものは簡単に解消されるものではなく、Rのマスターが、ぼくらのマスターに持っていた怨恨は根深かった、ということがわかりましたよね。

臨時の集合場所をどうするかについても「建ててくれた人の好意なんだから、ことを荒立てるのはよくない」という意見がありました。

しかし、この状態で、相手の好意を受け入れるというのは、Rの人たちからの、

「マスターは無責任なやつだ」

「メンバーは捨てられた哀れなやつらだ」

という視線が、固定されるのを受け入れるということです。

みんな口では、マスターが心配だ、マスターが大切だと言いながら、Rからマスターがどう見られるかは気にかけない。それどころか、相手の好意をうけるために、マスターの名誉を差し出している。

取引しているから、なにも言えず、ことを荒立てたくないのです。

これは、自分たちの意地を捨てていることです。

いかに好意であっても、その対価が、仲間の名誉を売りはらうことなら受け入れてはならない。ただし、好意は好意ですから、感謝の気持ちに嘘はありませんし、こちらも相応の対価をはらって応えます。

そうして、言うべきことは、言う。

目的は、相手を言い負かすことではありません。自分の主張を相手に知ってもらえればよいのですから、ケンカの必要もないということです。

仲間を守るというのは、ぼくにとっては、こういうことです。
2012年01月14日 (土) | 編集 |
※おもーい、くらーい話です。ご注意。






今日は、IRCで、どうしても話がつうじなくて悶絶しました。

今回の騒ぎ、自分にとって何が問題なのかというと、Rとの関係。

ギルドマスターは、以前、ギルドRに所属していた。しかし、Rのマスターとソリがあわなかったそうで、Rを脱退して、自分で起ちあげたギルドがS。

あるとき、狩場で偶然めぐたんと会う。めぐたんはRに籍を置く人だから、マスターとも顔見知りで、Sにも所属したいと、ギルドの掛け持ちを申し出てきた。

この時点で、マスターが元Rメンバーで、めぐたんを入れることに躊躇があることを聞かされた。が、マスターはあまり自分のことをくわしく話さない人だったから、Rを抜けた経緯までは知らなかった。

でも実際には、ぼくらのマスターと、Rのマスターとは、わりあい激しいやりとりがあったらしい。Rのマスターは、その後も、ぼくらのマスターを批判することがあったそう。

めぐたんは「彼は、そんな人じゃない」と、かばっていたのに、今回、急にギルドをほっぽり出すという形になり、裏切られた気持ちでいるそうな。

そこで、めぐたんは独断でRと交渉して、移籍を希望する人がいれば受け入れるというRマスターの言葉をとってきた。また、Rメンバーのひとりに、ギルドハウス跡地に家を建ててもらい臨時の集合場所として提供をうけた。

彼女の好意なのは、わかる。Rの人も好意を示してくれたのは、わかる。

ぼくもRに入る選択を考えていたのは事実だけれど、この形は、だめなのよ。

Rに待ったをかける理由はカンタンで、マスターとRは敵対関係にあったから。マスターが消えたという情報を伝えるのに、もっとも慎重にならなければいけない相手が、Rでしょ。

めぐたんは、

「マスターの不始末を受け入れてくれるのだから、Rのマスターの温情だ」

と、書いた。

ここがまさに、ぼくの苛立ちをよくあらわしていて、Rにとっては、ぼくらは、

「ダメなマスターに、見捨てられた哀れなメンバー。拾ってやるのが温情だ」

という、情をほどこされる立場だってことだよね。

「あなたは、Rが嫌いなのね」

って言われたけど、まるきり違う、彼らを好きとか、嫌いの話じゃない。

スジなの。

名誉なんだよ。

マスターは頑張ってくれた。

ぼくらも、マスターと一緒にいて楽しかった。

そして、もっと彼を助けてあげればよかったという後悔がある。

マスターと一緒に時間をすごした、ぼくらにしかわからない感情がある。

考えてみてよ。マスターは1月4日にいなくなってしまった。でも、1月3日に、ぼくは給料と戦利品を売った分配金受けとってる。500万だよ。みんなも、今月のお給料、もらってない?

もうUOやめよう、どうでもいいと思ってるなら、律儀に分配する必要ない。メンバーに分配した総額、いくらだったと思う? 懐におさめたまま、いなくなるのだってアリだよね。

でも、マスターは待っててくれた。ちゃんと全員に、給料と分配金を手渡して、きっちりスジを通してから、脱退した。

しかし、Rには、マスターがどれだけリーダーとして頑張ったのかなど、伝わるわけがないのだから、彼らからみれば、ぼくらのマスターは、Rのマスターに盾ついて、えらそうな大口たたいて出ていったくせに、ギルドほっぽり出して消えた無責任な男でしかない。

逆の立場で考えてみればいい。Sを大喧嘩して出ていった男が、

「結局、ギルドほっぽりだして消えた」

と聞けば、

「やっぱりなあ、あいつには無理なんだよ」

くらいのことは思うよね。喧嘩別れした事実が底にあれば、自然な人情として仕方がない。

だから、これは好きとか、嫌いの話じゃない、単純に、名誉の問題なのだと言ってるの。

頑張ってくれたマスターを、最後まで、きっちりスジとおしてくれたマスターを、事情をしらない相手に「失敗者」だなんて思わせないためには、Rに簡単にすがりついちゃダメなんだよ。

マスターの名誉なの。

ぼくたちの意地なの。

たかがゲームなのに重苦しい、考えすぎだと思う人がいるのは、わかる。

でも、ぼくを考えすぎだと笑う人に問いたいのだけど、マスターが消えたのは、疲れちゃったからだということに異論がある?

では、なぜ疲れたの?

「どう」疲れたのかは、マスターにしかわからない。

でも、「なぜ」疲れたのかといえば、マスターのつらさを受け止める人がいなかったから、でしょう。わかってもらえてない、とマスターが感じていたからでしょう。

ちがう?

みんなが考えないから、マスターが消えざるを得なかった現実を前に、考えすぎだって感想は、軽率だと思わないかね。その軽率さが、マスターを追いつめた可能性は考えないのかな。

「考えのなさ」の実例は、たとえば、こう。

マスターの狩り行こうの呼びかけに、

「他の人と遊んでるから、いかなーい」

って、それ相手はRだよね?

「他の人とパワスク行くから、いかなーい。今日のパワスクは、ウン百万も儲かっちゃった」

それ相手はRだよね?

「暇だったらパワスク行こう、うちに参加させてあげるから」

と、マスターいる前で平気で特定のメンバーだけ誘ってたけど、それ、相手はRだよね?

ぼくらのマスターとRがどういう関係で、マスターがどういう感情をRに抱いてるか、全部知ってて、そういう行動とってるんだよね?

すこし前、うさこはんが「人ふやして、新しい風いれませんか?」とマスターに申し出たことがあったそうな。

そのとき、すでに疲れきっていたマスターだったのに、

「そうだねえ、それもいいかなあ……」

と、最初は、やや感心をしめしてくれたらしい。

ところが、途中からやってきためぐたんは、

「わたしも、できることはなんでも協力するから言って。あ、でも店が忙しいから、期待はしないで。でも、できることはやるから。このギルドは、わたしが支えないとだめなんだよね」

それを聞いたマスターは、

「いや、もうこのままでいいんじゃないかな……」

とつぶやいて、話は流れたという。

おまえ、いいかげんにしろよ、と言いたい。

結局、めぐたんの最大の問題は、

「ぼくのような感情と、思考の形態をもつ人間がいることを一切確認せず、メンバーの話し合いより先に、よりによってRと話をつけてきた」

ということ。

めぐたんは、ぼくのことを、

「わたしの好意を無にする胸糞悪い、縦の会とかわけわかんないテキトウなことばっかり言ってる、使えない男」

と批判したそう。

3月の震災で、仙台にすむマスターが数ヶ月ログインできなくなったとき、ギルドの狩りを支えたの、だれだったと思うの? マスターが帰ってくるまでは絶対にギルドつぶさないと誓い、 狩りにいこう、キーとってきたよ、ボスやろうぜ! と、みんなに声かけてギルド動かしたの、だれだったと思ってるの?

なにも知ろうとせず、なにも考えないで動くやつに、人情の、なにが分かるというのか。

あんたが悪いのは、胸糞じゃなくて、頭です。

thx.
2012年01月10日 (火) | 編集 |
ツイッターで、とあるUOプレイヤーさまのつぶやきを見ていたら、

「シェイム産の呪いアイテムで装備のセットを作って売りたい」

というものがあった。そう、それ、ちょうステキ! 思いたったら、後先考えずに即実行するのが、あたくし。

謎の青い肌をしたエルフのCECIL McBEEちゃんを消去。パワスクもステスクも、たくさん導入して、お金かかっていたキャラだけど躊躇はしないのである。

(110506-213153-00).jpg

ありし日の、CECIL McBEEの勇姿。きみのことは忘れない。靖国で会おう。

そして、かねてからの予告通りに「Yukirin」を作ったぜ! これだ!

(120110-201712-00).jpg

あれ? 見た目おんなじじゃない? これって、もしかしてキャラ消さないで、名前変更でよかったんじゃない?

……と、後先は考えないけども、後悔はたっぷりするのが、あたくし。

さっそくに、うさこはんを誘い、シェイムにむかった。野良EVをたたく人たちに混じり、30分ばかり討伐をおこなう。

その結果、こんな感じの装備がととのってきた。

(120110-202332-00).jpg

ほとんどがCursedや、修理不可、補強不可の、いわゆる呪いアイテムである。

■Cursed ― UOではアイテムに保険がかけられる。死んでもカバンに入っているので、蘇生したあとに安全な場所で態勢をととのえることができるのだけど、カース表記のアイテムは死体のほうに残ってしまう。死んでしまったら、素っ裸のまま、化物がうようよする中を走って、死体のところまでアイテム回収しにいかねばならないの! 連続死の可能性きわめて大!

■修理不可 ― あらゆる装備は使ううちに損傷をうける。修理しなければ、やがて壊れてしまうのに、修理ができないの!

■補強不可 ― 装備には、どれだけの損傷にたえられるかの「耐久値」がある。値が大きければ長持ちするから、大切な装備には耐久値をおおきくするアイテムを使用するのが普通なのに、補強不可のプロパティーは、それを行うことができないの!

よって、呪いセットとは「死ぬと裸」「修理できない」「すぐ壊れる」という、すてきな三点セットなのじゃよ!

まるで、あたくしのリアル人生みたい! きゃっ、もう取り返しつかないわ! うるせー、ほっとけ!
2012年01月06日 (金) | 編集 |
さて、UOは、あらたなる展開を考えねばならないよね。

あまり面白くないガーゴキャラを消して、人間キャラのゆきりん(Yukirin)を作るかな!

ゆきりんといっても、AKBで人気の彼女ではない。

挨拶は、これだ!

「チーム縦の会キャプテンの、ゆきりんこと、みしまゆきおです!」

「寝ても覚めてもゆきりんワールド。右翼にさせちゃうぞ!」

「祖国のことが好きですか? 好きって言ってくれなきゃ市ヶ谷攻めちゃうもん! ネ!」

UOのなかで写真集が出せるものなら、ゆきりんは筋肉むっきむきの乳をさらけだした写真集を発売したいな。タイトルは『馬鹿系』でどうであろう。

あと『憂国りん』っていう映画も作りたいな!

主題歌は「ウヨクのコ♡(ハート)サヨクのコ」

♪右翼の子は 左翼の子のこといつも 追いかけてる
一日中 祖国のことばかり考えてる

だけど右翼の子は やっぱり少しズレてて
全然陛下の大御心なんて ホラ分からないみたい

うう本当にあぶない 右翼さん
教えてほしいの 愛国心

そう 日本で一番大切なことは
やっぱり 天皇制 だと思うけど

一人でもおれと一緒に立つやつはいないのか?

(二番以下は危険すぎて自粛)

■イメージPV


いろいろなものがまじりあって、わけがわからなくなるのが、あたくしの思考である。人はそれを混沌と呼ぶ。

よーし、なんだか元気がでてきたぜ、ちょうがんばるぜ!

なにを?

自分でもわかりません。thx!
2012年01月05日 (木) | 編集 |
120103a.jpg

120103b.jpg

120103c.jpg

120103d.jpg



120104.jpg

本当に、おつかれさまでした。たくさんの楽しみを、ありがとうございました。山盛りの感謝を。
2012年01月04日 (水) | 編集 |
うさこさま、本日、なるべく早くIRCのログインをお願いします。
2012年01月01日 (日) | 編集 |
960766_1475367363_153large.jpg

明けましておめでとうございます。

良い年になりますように。シアワセを、たくさん感じられますように。笑顔になれますように。

今年も、このあほあほブログをよろしくお願いいたします。

とりあえずビールを飲みまくり、ふくれた腹をみて笑い、鏡にうつる広いデコで笑い、たれぱんだぬいぐるみを積み上げて笑う、そんな元日です。

みなさまも楽しく、正月をおすごしくださいませ。