FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2011年09月30日 (金) | 編集 |
それは日曜日の話。渋宮和太郎さまと会ってきたのん。うり君もついてきたが、ヤツは、おまけのパセリみたいなものである。刺身のツマである。あたくしの目当ては、ひとえに和太郎さま。

昼前に柏駅に集合。

和太郎さまったら薄毛はもちこたえているけれど、腹の成長具合がすさまじい。会うたびに膨らんでいる気がするの。でも、それもステキ。和太郎さまは、なんでも魅力。

おいしいと評判の洋食屋『赤かぶや』にて、ランチ。驚くほどに、うめええ。ぜひ、もう一度食べに来たい店。

ただ、小奇麗な内装で上品さが漂う代償として、おじさん腹には量がものたりぬ。『ホワイト餃子』へ移動して、昼食のはしご。餃子とビールを楽しみ、やっと満腹。こんなことをしているからメタボになるのであろう。

さて、カラオケへ行くのである。AKB48を歌いまくるのである。なにを隠そう、おじさんたちはAKBのファンになった。あたくしは柏木由紀さんが好きなの。ゆきりん推しってやつ? きゃあ、ゆきりんラヴーーーーーーー! ああもう恥ずかちいったら、ないわ。しかしながら、おじさんくらいの変態になると、この恥ずかしさがたまらない快感なのである。はあはあ。

3時間も歌いまくっちゃった!

この後、飲むことにしていたのだけど、楽しみにしていた焼き鳥屋は予約でいっぱいだと断られてしまう。なんじゃそりゃー残念。テキトウな店に入って、AKBの話題で盛りあがる。半個室だから、恥ずかしい話題も平気! 酔いがまわるにつれて声がでかくなって、周囲に聞こえまくったと思うけど羞恥心も麻痺してたから平気!

和太郎さまったら、秋葉原の劇場に行こうとチケット予約し、見事当選するも、ちょうどその日に台風が関東直撃して断念しただとか、先日のじゃんけん大会を地元の映画館の生中継で見たとか、あたくしの百歩先を行っていた。

やはり和太郎さまには勝てぬ。たいへんに悔ちいと同時に、奇妙な清々しさをおぼえるのは、どういうわけであろう。

そんな近況。
スポンサーサイト
2011年09月23日 (金) | 編集 |
UO、クリーンナップブリタニア2011開幕である。不要アイテムを処分するとポイントがもらえ、ポイントに応じてアイテムがもらえる。

いつかは家を飾りたてることに興味もわくかと、しまいこんでおいた内装アイテムがある。だけど、結局、建てる家はすべて豆腐ハウス、戦闘以外に興味のないままできた。この先、心変わりすることもなかろうと、内装アイテムを処分処分処分。

飛鳥では、120万ポイント。大和でも、50万ポイントになったぜ、ギャハー。ストレージ数が、かなりすっきり。

各種抵抗がついてるブーツと、ブレスディードをもらうかのう。


*余談*

いんちき小説、更新いたしました。
2011年09月19日 (月) | 編集 |
シェイクスピアを読もうと思った。中学生のころに、ひととおり読んだはずなのに、あまり覚えていないの。カッコつけてただけなんだな、きっと。

図書館で文庫版の『シェイクスピア全集』を借りた。ジュリアス・シーザー、ヴェニスの商人、マクベス、リチャード三世、ロミオとジュリエット、リア王と読んだ。

いちばん面白かったのはリア王だったわん。

長年にわたり王国を統治してきたリア王は、気がつくと、すっかり爺。腰が痛い、膝も痛い、髪の毛薄いと、疲れはてていた。三人の娘に王国を分割して、自分は隠居することにしたのだけども、条件があった。

「予をどれだけ愛してるのか言ってみて? 予のことを一番気持ちよくさせた娘に、ビッグプレゼント渡すから」

長女と次女は、

長女「お父様って、まじかっこよくね?」
次女「あるある。お父様って、まじ頭いいし」
長女「だよねー。お父様って、ちょー強いじゃん?」
次女「うちら、お父様の娘に生まれて、ちょーシアワセなんだけど」
長女「ほんと、まじシアワセー」

てな具合の、親父が喜びそうな言葉を、つるつるとよく滑る舌で機関銃のように吐き出すの。もっとも、内心では、

(いいから、とっとと財産よこせよ、爺うぜー)

などと思っていた。だけど、リア王は娘から褒め殺しされて、すっかりご満悦。ふたりの腹の中を見ぬけるはずもなかった。

「お前たちの真心はよく分かった。財産を受け取りなさい」

その言葉を待っていた長女と次女は「うひょひょひょ」と、あやしいほくそ笑みをもらしちゃう。

さて、三女コーディリアは何を言うのか?

「何も」

「なんで!?」

リア王びっくり仰天。なぜなら、リア王は末娘のコーディリアをもっとも愛していたから。きっと、気持ちのいい言葉をたくさん言ってくれるに違いないと、わくわく楽しみにしていたのである。

「お前は、どうしてそんなにやる気がないのか?」

「わたしは言葉より、行動で、お父様への愛をあらわしたいのです」

「ふざけんじゃねえよ!」

怒りで、全身が痙攣しはじめちゃったリア王は「出てけ!」と、コーディリアを勘当しちゃうのである。財産は、長女と次女の二人に分け与え、コーディリアには何も渡さない。生意気だから。あんなやる気がない娘は、勝手にのたれ死ねばいいんです、まあなんつったらいいんでしょ、それが自己責任じゃないですか、てな具合。

かくして、無事に財産分与を終えて引退生活にはいったはずのリア王だったが、長女と次女が優しくしてくれなくなったの。どうして? あんなに予のことを愛してると言っていたのに?

「だって、爺、もう用済みだもん。加齢臭きついし。城に来られるとくせえから野宿してくれる?」

「まあじで!? ぎゃあ、すごい風! 痛いくらいの雨だわ! 雷よ! 嵐、嵐よ! 二宮くうううううううん!? むひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひひ」

嵐の夜に、城の外に追い出されたリア王は、ショックで頭おかしくなっちゃうのである。

そのリア王の苦境を知った末娘コーディリアは、夫であるフランス王を動かして軍旅を発する。『アシカ作戦』によってブリテンに上陸したドイツ……じゃなかったフランス軍。はたして、言葉より行動の末娘コーディリアは、リア王を救うことができるのであろうか。『バトル・オブ・ブリテン』の結末はいかに!?


言葉と、心。

心のうちは、言葉に出さなきゃ分からないことのほうが多いけど、言葉が真実だという保証はない。どうやって見ぬけばいいの? なにを、誰を信じればいいのだろう。

コーディリアの真心は、たしかに嘘偽りのないものだった。だから「お姉さまのような軽薄な言葉は口にしない」のだけれど、それが結果として悲劇を引き寄せているのだから、頑なさを押し通すことが真心なのだろうかという疑問がある。

どう伝えるのか、どう受けとるのか。ちっとも古くない題材。似たような争いは、きっと、今でもあちこちで繰り広げられてるんじゃなかろうか。人間は、まだこの迷いから抜け出せてないみたい。

最後に言っておく。『リア王』面白いから、あたくし的テキトウあらすじだけじゃなくて、ためしに読んでみるのだ! きゃあ!
2011年09月14日 (水) | 編集 |
近況

その1 UOは、てきとうにギルド活動に参加中。やる気はないけど、なんとなく遊んでます。

その2 戦国IXAは2期目が終了。本日より3期目がスタート。UO以上にやる気なく、やめようかどうしようか迷ってたけど、2期終了間際に「極」ランクカードを初めて引いてしまい3期目も登録。でも、途中で飽きて放置する可能性がきわめて大。

なお、「極」カードは蒲生氏郷でした。

その3 第二次大戦で活躍した戦車を使って、対人チーム戦をする戦車ゲーム「World of Tanks」は、これはちょっと燃えておる。マニアのあたくしのために作られたようなゲーム。やらずにいらりょうか。

ただ、バリサルダのサバゲを思い出させるようなアホな動きをするやつがたくさんいて、過去の怨念がよみがえってイライラするの。こまったもんである。