FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2011年07月11日 (月) | 編集 |
ラーメンのあとは、お茶で休憩。

だけど、みんな午後2時すぎには帰るんですって。むほほん、男は帰りたければ勝手に帰るがよい。あたくしは、みいたんと永遠に歓談しているから。と思ったが、みいたんだけが残ってくれるはずもなく帰ってしまうのであり、わあん切ない。

2時までには、たった1時間しかない。電気街口方面に移動する。

途中、こまさんが駅前のアダルトグッズのビルにみいたんを連れこもうとした。

「ひとりで入って!」

と、みいたんが顔をこわばらせて叫ぶという一幕もあり、きゃあ、ラヴリィ。いや、この街らしく「もえー」と声をあげるべきだろうか?

などと考えこんでいるうちに、メイド喫茶に腰をおちつけている、あたくしたち。秋葉原でお茶といえば、このテの店しか思い浮かばない。まるで、その道に詳しい人のように思えてしまうが、そんなことないのである。でも「お茶しよう」という話で、いきなりここに連れこまれた、みいたんからすれば、あたくしたち数奇者以外の何者でもないよね。

入ったのは、このお店。

■欧風ギルドレストラン 『ザ・グランヴァニア』http://the-granvania.ciao.jp/

店内は落ち着いた雰囲気。話では、こうなる以前は普通の喫茶店だったという。

注文をとりにきたメイドさんに、ごんたくんが、

「この店は、もえー、とか、じゃんけんとか、そういうのないの?」

と、質問した。

「ないんです。ここは、しっとり落ち着いて食事を楽しむ店なんで」

「へえ、そうなんだー」

だけど『メイドさんと勝負! 勝てばチェキか、ポイントがもらえます』ってのが、あるんだけど……。なにより、あたくしの背後の席では、たるんだ体型の男がはあはあ言いながら、注文したオムライスにケチャップで絵をかいてもらおうと、メイドさんと絵柄の相談中。

「××にー、しますかー?」
「えへ、へへ、ええ。はあはあ」
「どーしよー
スポンサーサイト