FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2010年08月24日 (火) | 編集 |
■UOは休止状態にて、書くことがありませぬ。


■ドラクルは飽きた飽きた、もうやめたいけど、このゲームはどうなったら終了なのだ? 終わりがみえないのが、余計に気鬱さを増す。たるみ具合といったら、あたくしの横っ腹みたい。


■戦国IXAは、どうなんでしょう。戦いの時間が決まっているから、時間のない人でものんびりできると思います。一番いいなーと思ったのは、戦いが家ごとに分かれていること。

トラビアンでも、ブラウザ三国志でも、ドラクルでも、ゲームをつまらなくするのは同盟の存在です。

ほとんどの人間が、大同盟に流れていく。

「負けてもいいから、戦争で楽しもう」

というより、

「負けるくらいなら、戦争がなくていいから、大きいところにいこう」

と考える人が、あまりに多いよ。

大同盟に抵抗するような、弱小同盟の連合というのも、なかなかできない。弱小連合ができたとしても、こんどはそれが大同盟に成長するだけの話で、臨機応変についたり離れたりが、ない。

連携するのに、信頼とか、貢献度とかで相手を評価しようとする。「度」ってなに? いいじゃねーか、利害の一致で、その場かぎりの連携で。と思う、たたかいマニアのあたくしは絶対的少数派でございます。

話では、一定期間ごとにクリアされるゲームでは、大同盟同士が次のゲームでも連携の予約をするという。なーにそれ。

日本人は群れるのが好きと聞きますけど、ほんとうにそのとおりであるのを、ゲームでも目の当たりにできてしまう。いやだなー。

戦国IXAでは、最初から12の家にわけている。なるほど、やたらと大樹の陰にあつまってゲームを殺してしまう日本人の属性を消すには、このシステムしかないだろうなという気はしました。


■リアルでは、滝原豊後守が確変モードに突入。パチンコだと、じゃんじゃんばりばり出てくるのは玉ですが、滝原豊後守だとばりばりでてくるのが、

「ああああああああああああああああああああああああああああ、おれはどうしたらいいんだ、あああああああああああああ、死にたい死にたい、もう死ぬしかないんだ、おれはもうだめなんだ、うわあああああああああああああ、ああああああああああああああああああああああああ、あああぁあぁぁあああああああああああああああああああああああぁぁあぁあああああ」

死の呻き。ドル箱がつみあがっていくごとに周りも死にたくなるという、等価交換どころでない騒ぎになっております。

あたくし疲れはてて、いまになって夏バテが顕著にでてきました。食欲なくて、眠れないわ。まいったわ。

誰かたすけて、誰かたすけて、とくに女子の救援をモトム!
スポンサーサイト