FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2010年05月25日 (火) | 編集 |
キャー、ギルドの軍勢が敗北しました。

ギルドの餌場化がすすみにすすんで、無事なのは上位の数名のみ。26人いるギルドで、20人は毎日攻められて資源を奪われ、ようやく集めた兵隊は蹂躙されて、経験値をおいしく献上している日々。

ここにきてマスターがぶちぎれたの。

「もう、こんな状況は我慢できない。かなわないかもしれませんが、敵に突撃してきます」

うわー、まーじでー。

このあとの展開は、やっぱり負けました、すっきりしたのでアカウント消します、みんなありがとうさようなら、勝手に残って頑張ってください、となるのは目に見えておりますな。

いよいよギルド崩壊か、崩壊したら攻める側に回ってやろう。と企んでおりましたら、ギルド員の一人が覚醒して作戦を仕切り始めました。

たいへんに、お気の毒さまです。阿呆なリーダーに仕える参謀ほど、心が疲弊する役回りはありません。

きっと、参謀のせっかくの計画も、リーダーの阿呆のせいで失敗するだろうなと思っておりましたら、本当にそのとおりになっちゃった。

参謀の作戦は、

「相手が強大だから、全員、もってる兵隊全部送ってください」

というのが大筋。

たしかに、あちこちから強力な上位プレイヤーが攻めこんでくるものだから、対処といったら、それ以外にないわなという状況。ところが、リーダーったらソロ活動が好きで、英雄を育てるのが楽しみという人。

「いや、ちょっと今日は将軍のレベルを上げたいから、遊んでる将軍だけ送ります。たぶん、なんとかなると思います」

このギルドの切所にいたっても、そんなことを言うの。なんとかならねーだろ。

リーダーがそんな調子だから、みんなにも緊張感がなく、みごとな二流部隊が集合しました。あたくし、この時点でもう駄目だと諦めて、義理立て程度の三流部隊を派遣。案の定、倍くらいの敵に攻められて、ギルド軍は全滅。

参謀は、わたしの作戦ミスでした、すみませんでした、と気の毒なくらいに平謝りなんだけど、参謀のいうとおりに全員が全兵力を送ってたら勝ってたのよね。

あきらかに、リーダーの判断ミス。阿呆ゆえに。

そして、二流部隊だったとはいえ、弱小ギルドにしてはかなりな兵隊が消滅して、このギルドもう立ち直れないと思うの。

マスターは敗北にショックを受けて「アカウント削除する」とか言い出してます。しょーもなさすぎて、引きとめる気もしません。むしろ、この人には早く引退してもらったほうがいいと思うぜ。

前回にも書きましたけど、こういう、たかがゲームですぐ理性と自制を失う狂人は、本当に誰かなんとかしてほしい、今日この頃。

そして、なぜか敵方には阿呆がおらず、味方にばっかり抱え込むという、あたくしのこの電波引き寄せ体質。

「お前も同じだからだろ。類は友を呼ぶってやつじゃね?」

と言われたことがあります。事実なだけに反論のしようがなく、むかつくので白目むいて突撃しようと思います。キャッ。

かくして、藤堂高虎じゃないけど「武士たるもの七度主君を変えねば武士とは言えぬ」な気分の、ドラクル。
スポンサーサイト