FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2010年05月22日 (土) | 編集 |
夜勤から帰宅。おっさん身体には、きっついぜ。

*私信*

もんじゃ屋形舟は、6月12日のセンで。そちらの都合はいかが? しばちゃんへの連絡も、お手数ですがよろしくー。電話したのはその件でごんす。

*例の小説*

第9回を書いてるんだけど、第8回とのつながりがよくない。8回目のほうに、構成の問題があったぜ。説明にはいりすぎたなー。軽く書き直すかもしれない。

なんども同じ文章よまされるのって、めんどうよね。すみません、すみません……。

*UO*

寝る前に、ちょこっとUOを。

飛鳥で、まだリカルドサーチのクエストをやってないキャラをちょこちょこ動かしたら、2キャラで速度マントが4枚も出たわ。ウホホホ、ウホホホ。あやしい笑いがもれる。

うっぱらって金にしようかと思ったら、3Mまで値段落ちていた。これだけ出まくれば無理もないのう。

売るのやめて、手元に残すことにした。だれか知り合いに、バリサルダ式友情価格で高く売りつけるべきだろうかしら。

※注 バリサルダ式友情価格

ふつう、友情価格というのは、友だちだから捨て値か、格安で譲ることだが、サバゲチーム・バリサルダは一味違い、いらなくなった品、中古の品、へたすると壊れた品物を売りつけようとする。

すなわち、「友だちなんだから、できるだけ高く買って、友だちを儲けさせたらどうなんですか」という理屈。

自分が買うときも同じなら公平なんだけど、自分が買うときには、

「中古はゴミなんですよ。知らないんですか。ゴミに金なんか出しません。タダでいいんです」

と、臆面もなく手のひら返して金をはらわずにかっさらっていく。こういう手合いが、バリサルダには一人や二人じゃなく、いっぱいいた。こええぜ。
スポンサーサイト