FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2010年03月18日 (木) | 編集 |
特別天然記念物のトキが襲われたのは、つい先日のこと。

大和シャードでお世話になっているギルドにも、天然記念物がいる。かっぱ様、通称かっぱっぱである。かっぱというと、天然記念物というより妖怪ではないかとの疑念もわくが、あえて目をつぶる。

このかっぱっぱ、何が天然記念物かというと、脳。

あたくし、大和シャードには生産キャラがいない。かっぱっぱに練成装備品の作成をお願いした。「できた」という言葉に受け取りに行くと、ノーマル品質を渡された。高品質で作ってくれよおおおお。

また、UOでは作りたての装備品は耐久度が低めに設定されており、そのまま使うと寿命が短い。耐久度を上げる「テンプラ粉」と呼ばれるアイテムを使うのが普通だが、かまわず練成しちゃう、かっぱっぱ。

「かっぱっぱよ。テンプラを忘れている」
「あ……」

などという会話は日常茶飯事。

聞くところでは、かっぱっぱはリアル世界ではママさんだという。この分だと、旦那や子供の弁当に中身を詰め忘れて箱だけ渡したとか、買い物しようと街まで出かけたら財布を忘れて愉快なかっぱさん、てな具合のエピソードがたくさんあるのじゃないかと、他人事ながら不安である。

そして、酸ボスでの出来事だ。

かっぱっぱ様の白豚、柴田修理亮勝家が名誉をとることに決まった。

かっぱっぱ突撃!

たちまち死んだ。耐酸オイルを全身に塗りたくるのを忘れて、酸の海に突っ込んで死んだのである。やりやがったぜ、キャハー。

cappa01.jpg

実を言うと、あたくしもリーダーも「かっぱっぱなら、きっとやってくれる」と期待して、固唾を呑んで見守っていた。あたくしの根性がひねくれているのは言うまでもないが、リーダーも分かってて何も言わなかったというから、そうとうに悪辣な男だぜ。キテルぜ、キテルぜ。

「困ったかっぱっぱだなー」

ニヤニヤしながら言った数分後、ボスに食われて死にまくったあたくしは、ちょっとやさぐれ。

この日、ギルドでは酸ボスを6回(7回?)もまわすという荒行に挑んだのであるが、4回目の討伐で、またもオイル塗り忘れて死亡するかっぱっぱ。あたくしたちは言葉を失った。

cappa02.jpg

見上げた芸人根性というべきであろう。

生半可なことでは、かっぱっぱ脳は矯正されない。次に塗り忘れて死んだらオイルつながりということで、真夏の炎天下、日焼け止めオイル塗らず帽子もかぶらず散歩して、肌にシミをいっぱい作る刑を自分に課すのがよいと思う。

もっとも、かっぱっぱならば、その程度のことはとっくにやってる気がしないでもない。
スポンサーサイト