FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2009年07月28日 (火) | 編集 |
このごろ、ほとんどUOにログインしていない。その分、本を読む時間がぐっと増えた。わあい、読書って楽しいな。

宮部みゆきを読んでいる。「ぼんくら」「日暮らし」「あかんべえ」「長い長い殺人」。

この作家は本当にすごい。伏線がきちんと、おさまるべきところにおさまっていく。

冒頭で主人公と少しだけふれあった人物が、物語の終幕に決定的な役割を担って、また出てくる。それがちっとも不自然でなく、物語への関わり方が、こうでなければならない必然性と説得力を持っている。

なんという繊細で緻密な計算で物語を成り立せているのだろうか。読んでいて鳥肌がたつことがある。

広げた大風呂敷を、ちっともたたないまま放り出す作家は、いくらでもいる。謎が謎のまま残されている話は多い。

でも、オチをつけるつもりのない謎をちりばめるのは、作り手にとってこれほど楽な話はない。思わせぶりにハッタリかますだけかまして、ぽいと投げ捨てればいいのだから。

だからあたくしは、「謎は解明されないまま残った」てな話を聞くと、むかっ腹がたつ。もったいぶって登場させておいて放ったらかした小道具の残骸が散らばってます、というだけのこと。ちっとも面白くないし、有り難くもない。

「残された謎」から、作り手の真意をあれこれ忖度するなんぞ、無駄のきわみであることを知れ。そんなものは、「ハナから無い」のである。つまらぬ手妻に目をくらまされてはならぬ。

そんなこと言うお前はナニサマだって? たわけ、オレサマに決まっておろうが。ここまで、おもいっきり余談なんだけどもね。

ということで本題。

あたくし、喫茶店で読書する派である。休日には何冊も本を抱え、居心地のいい店を求めて徘徊する。仕事帰りも、お茶飲みながら小一時間本を読んでから帰宅することが多い。

ある店での出来事。

隣の席にすわった、50がらみのおっさん。注文を聞きに来た、まだ若い女性店員さんに、こう言うの。

「冷たいホットコーヒー」

なんですって? 思わず耳をそばだててしまう。

「なんか甘いものあるかな?」
「はい、日替わりケーキがございます」
「ふうん、今日は何?」
「イチゴのショートケーキでございます」
「ああ、いいね、おいしそうだね。じゃあ、BLTサンドで」

うわあー、やるなあ。気の弱いあたくしなんぞにはできない荒業だ。

しかし、店員さんもプロだった。顔色一つ変えず、「かしこまりました」と下がっていった。ここは、値段が少し高めだが、店員の態度も店の雰囲気も落ち着いているから、よく来ている喫茶店。

冷たいホットコーヒーと注文されて、何を出すのだろう。興味津々に待っていたら、出てきたのはアイスコーヒー。無難な解釈であろう。あたくしも、そう思う。

ところが、おっさんはグラスをじっと見つめて動かない。なにかご不満の様子。あら、「冷たいホットコーヒー」ってのは、アイスコーヒーのことじゃなかったのかな。

店員のおねーさんに厳しいことを言えば、「冷たいホットコーヒー」なんちゅー、わけわかんない注文を受けたら、ちゃんと確認して、トラブルを防止すべきだったであろう。おっさんの頭がおかしいのだから、気の毒だとは思うけども。

不満顔で店員を呼びつけたおっさん。グラスを指差して、
「ねえ、おかしくない?」
と、乱暴に言う。

女性店員は少しうろたえて、「申し訳ありません、ご注文は別の品でしたか」と聞く。

「分かんないの?」
「申し訳ありません……」
「俺、頼んだの、Sサイズだよね?」
「はい……」
「よく見てよ。少なくない?」
「は……?」

おっさんは椅子にふんぞり返って、鼻息が荒い。

「なんで、こんなに少ないの? 俺、喉渇いてるの。もうちょっとさ、気を利かせて、たっぷり入れてこいよ。Sサイズの客だからってバカにしてない?」

うわー、なにその言い草。

あたくし、笑いを表現する「w」が嫌いで、普段は使わないようにしてるのだが、こういうときだけは、「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」と、連打したくなるね。

女性店員も腹に据えかねたのであろう。いえ、それが規定の量でございますと、わずかに語気を強めた。ああ、客商売は辛いなあ。こんな頭おかしくて脂ぎった、くっさいおっさん相手にして時給780円だもんね。やってられんよね。

「なにそれ? なんなの、この店?」

勢いづいたおっさんは、あぶられたスルメのように反り返っている。でっぷり肥えた腹がどーんと突き出されて見苦しいことこの上ない。おっさんという同じ種類の生き物として、とても申し訳ない気分になる。生きててすみません。

「お客様、申し訳ありませんが、それが当店のSサイズでございます」
「へえ、そうなんだ」

おっさんの倣岸さは、どこから出てくるのか。普段、家で女房の尻に敷かれている鬱憤を今ここで晴らそうとでもいうのか。理解に苦しむ。このおっさんを無礼打ちして、あたくしも腹を切るべきであろうか。

そこに、横合いからすっと人影が割り込んできた。店長である。口ひげの具合と柔らかな物腰が稲川淳二に似た雰囲気の、絵に描いたような喫茶店のマスターだ。

「気が利きませんで申し訳ない。どうぞ、召し上がってください」

アイスコーヒーのLサイズを、テーブルに置いた。このサービス、あたくしには強烈な皮肉に受け取れる。だが、世の中には面の皮の厚い人間はいくらでもいる。

おっさんは、一瞬、おっ、と言わんばかりの嬉しそうな表情を浮かべた。うわあ、なんていやらしいやつ! 人類の敵!

「そういうつもりじゃなかったんだけどなあ。まあ分かってくれればいいよ。今度から気をつけてみてよ」

頭おかしい人がいるから注意せよという意味では、正しい物言いと言えなくもない。

しばらくして、店員さんの様子をこっそり窺い見ると、表情をかすかにこわばらせた女性店員に、マスターがなにやら声をかけていた。逆らっちゃいけないよ、うまくあしらいなさい、とでも忠告しているのだろうか。

おねーさん、がんばってください。応援してます。ちょっぴり、よこしまな下心もありますけど。うわー、オレサマは女性の敵!

と、こういう脈絡のない話の筋を、まとめる気のない大風呂敷広げっぱなしと呼ぶのである。手抜きだという理由を、ご理解いただけようか。いえーい。
スポンサーサイト
2009年07月23日 (木) | 編集 |
わあい、日食だぜ、皆既日食だぜ、と勇んで飛び起きた朝。

うわあ、天気悪いわ、雨降ってるわ。これは厳しいなあ。意気消沈して仕事に出かけたら、前が見えないいくらいの土砂降りになって、こりゃ無理やろ。はははは。

その後、雨があがったものの雲は晴れることはなく、おひさまは見えず。話では、雲が薄くなった一瞬、欠けたおひさまが見えたらしいけど、仕事中のあたくしには、そんなチラリズムをとらえる余裕がなかった。せつない。

周囲が少しく暗くなったのは感じられたけれど、75%を食われても、あんなに明るいのだね。日食だと知らなければ、気がつかないかもしれぬ。75%食われたら、いつもの25%の明るさっていうわけじゃないのが面白い。太陽のパワーはすごいね。

あたくしも太陽に負けないように頑張らなければならないと感じた。どないな理屈やねん。小学生の作文に出てきそうな決意をして、昼食後の昼寝を楽しんだのであった。

先日の古本屋めぐりで買ってきた、集英社文庫から出ている「谷川俊太郎詩選集」を読んでいる。いい歳こいて、ポエムがすきなの。頬染めながらうっとりして、瞳潤ませてしまうの。きゃっ、はずかち。

軽い詩、笑える詩、感慨深い詩、意味の分からない詩。いろいろあるけれど、どれも、すごみのある言葉選び。おそろしい勢いで旋回した思考が、腕を伝わり、指先から鉛筆をへて、紙にほとばしるイメージ。こういう言葉遣いがあったのかと、鳥肌とともに、感心して溜め息が出た。天賦の才? 努力? 運? 全部?

あたくしは、どんなに頑張ってもこれを書けそうにない。このごろは、誰の文章を読んでも「うまいなあ」と感心してしまい、劣等感にさいなまれるの。でも、書くのやめることできない病気なんで、ひたすら書き散らかして、妙なる言葉の組み合わせが起こる奇跡を待つしかない。

死ぬまでにできなかったら、怨霊となってこの世に残る。みんなが撮影する写真にへったくそな、おまけにとびきり下品なポエムが写りこんだり、夜な夜な耳元でポエムささやいたりという怪奇現象を起こすので、よろしくね。

「お医者さま」 谷川俊太郎

お医者さまは病気をみつけるのが趣味です
というのも近ごろでは何故か
病気になりたがっている人が多いからです
どこも悪くなくてぴんぴんしているのは
鈍感みたいで恥ずかしいという銀行員に
桃色と黄色と透明な薬をあげます
ひとつも病気がないというのも病気の一種だと
お医者さまは分かりやすく説明してくれます
お医者さま自身ももちろん病気です
なおらないように毎日湿布をしています



「なおらないように毎日湿布をしています」
が、たまらなく大好き。
2009年07月19日 (日) | 編集 |
※ちょっと加筆訂正

古本屋で、あれこれと本を選ぶしあわせ。いくらでも時間をつぶせるね。宮部みゆき、司馬遼太郎、藤沢周平など20冊も買ってしまったわ。ずしりと手ごたえのある重みが、また、しあわせの証。

その足で、ドトールに向かう。アイスコーヒーと、ミルクレープを頼んだ。いつもの組み合わせ。店内は空席のほうが多く、のんびりした雰囲気。

このドトール、セルフ給油のガソリンスタンドに併設されている。次々と給油の車が訪れては出て行く。

ぼんやりと、その様子を眺めた。

ぴかぴかに磨き上げられた高そうな車から出てきたおじさんは、よれよれのポロシャツに短パン。気の抜けたおじさんが運転する高級外車。

ホットパンツが眩しい、若い女性の二人連れ。髪を美輪様みたいな金色に染めたギャル系の子。とても仲がよさそうな様子。自動清算機でお金払おうとしていた子の腕を、もう片方がぱしぱし叩きながら顔を見合わせて大笑いしていた。

「ちょっと操作まちがってんじゃん」
「はじめてなんだから、しょうがないじゃん」
「かんたんでしょー。まちがうなんてありえなくないー」
「うるさいな、じゃあ、あんたやりなよ」
「むりー、あんたやってー」
「なにそれ、ひどくないーキャハハハ」
「キャハハハ」

てな妄想はつきぬ。あくまで想像。声は聞こえない。ああ、彼女たちにまざって腕を叩くふりして、いろんなことしたいわー。

「なに、このおっさん。ちょーきもいんだけど」
「だれだよ、おまえ。まじきもーい」

いかん、深く妄想すると死にたくなるので中断。

スーツ姿でバイクに乗ったお兄さんは、セルフに馴れていないのか、ずいぶんと給油に手間取っていた。男は、いくらでも困るがよい。

なにか怒ってるのか、不機嫌そうな仏頂面のおばさん。元から、そういう表情だったら、すみません。でも、機械の操作も乱暴で、運転も乱暴。いやなことがあったかな。生きてると、いろいろあるよね。いいことありますように。

ずっと観察していたら、みるみるうちに空が暗くなり、窓ガラスにぽつりと水滴が。あらやだ、雨が降ってきたわ。かえるわ、かえるわ。

慌てて店の外に出ると、今にも消えそうな淡い色の虹がかかっていた。ひさしぶりに見たなあ。空の高い位置にかかっていたので、見上げていたら首が痛くなったの。

そんな休日をすごしている、あたくし。皆様は、いかがお過ごしでしょうか。
2009年07月15日 (水) | 編集 |
いきものがかり、14枚目のシングル「ホタルノヒカリ」本日発売だぜ!

詳細は、いきものがかり公式サイトにて。


1「ホタルノヒカリ」 
作詞/作曲:水野良樹 編曲:江口 亮 弦編曲:クラッシャー木村 
・テレビ東京系アニメーション「NARUTO-ナルト-疾風伝」オープニングテーマ(2009年4月~)

2「おもいでのすきま」  
作詞/作曲:山下穂尊 編曲:湯浅篤

3「ホタルノヒカリ-instrumental-」
作詞/作曲:水野良樹 編曲:江口 亮 弦編曲:クラッシャー木村



テレビ東京系アニメ「NARUTO-ナルト-疾風伝」のオープニングテーマ曲で使われているそうなので、すでに耳に馴染んでる方も多いかと思います。でも、もっとよく聞け! そして買え!

■いきものがかり - ホタルノヒカリ


歌詞はこちら
ホタルノヒカリ いきものがかり 歌詞情報 - goo 音楽

5月末に、「ふたり」が出たばかりなのに。すごい勢いだなあ。
2009年07月14日 (火) | 編集 |
みなの衆は、TMAFを取っているだろうか。幸運面頬欲しさに、こもっている人もいると聞く。

あたくしは、一日一個取るのも飽きた。もうだめ、元から少ない気力は尽き果てた。

この頃は、さぶろーを出して、ファンダンサー道場にて放置キャラがいないか警邏している。放置キャラを見つけたらどうするか? MPKをしかけたりはしない。そのような考えは、精神の荒廃をあらわしているものといわざるをえぬ。

そういえば、ファンダンサー道場でれみさんに会った。なんでも、ウリ君からMPKを喰らったのだという。まあ、ご愛嬌。

実をいうと、その被害にあうのはレミさんだけではない。ウリ君は、知り合いと見ればMPKを仕掛けてくる恐ろしい男。あたくしなんぞも、さぶろーでEVを出してちまちま狩りをしていたら、浪人からファンダンサーから赤デーモンから勢ぞろいでつれてこられ、昇天したことがある。誰かと思えば、ウリじゃねーかー。

「きさまああああああああ、なにをするかあああ」
「これくらいさばけないの? へたれは帰りなさいよ。ぷぷぷぷ」
「おのれ、この屈辱は忘れぬ。おぼえておれ!」
「へたれの怨念なんか怖くないね!」
「よし、目にモノみせてくれるわ。じゅんじゅん呼ぶからね! こっそり遊んでるって注進しとくから。新しい女見つけたらしいって扇動しておくから」
「まじで! すみません許してください。それはダメです。怒られます」
「よし、じゃあ、このモンス軍団なんとかしなさい」
「はい、ただいま片付けます」

と、しぶしぶ片付けにかかったウリ君であるが、5秒後に死亡。マクロ間違えたのだという。

「これくらいさばけないの? 自分で連れて来ておいて、しょーもなー。ぷぷぷ」
「うう、すみません。もう帰りましょう」
「そうしましょう」
「じゃあまた」
「じゃあまた」

ウリ君と狩場で出会うと、こうなるのが日常茶飯事。心が荒んでいるね!

あたくしは、そんなえげつないことをしない。放置キャラを探し、モンスターを丁寧に隔離する。万が一にでも死んだら気の毒である。死につながる原因は遠ざけねばならぬ。これぞ仁愛。

ああこれだ。縦の会次回活動は、これしありえぬ。愛の活動。それは助太刀。麗しき同士愛。慈悲の心。

ということで、縦の会新活動「裸戦隊・トラメリアンムーブメント」を開始する。活動記録は、すっかりほったらかしていた縦の会ブログにて。いえーい。
2009年07月08日 (水) | 編集 |
ミクシイの日記には書いたのですが、あらためて、こちらでも。ミクシイ版より、もうちょっと話が進展してます。

以下、ミクシイに書いた文章。

---------------------------

あたくしの父親、仕事引退の後、健康増進と収入の両立をもくろみ、新聞配達なんぞ始めましたの。

ところが、これがけっこうキツイらしい。悪天候でも休めませんしね。

曜日によって、広告や日曜版のような折込が多く、やたらと重いときがある。そういうときは、あたくしの休みが重なると「手伝ってくれ」と頼まれることが月に2、3度あります。

今も、それで帰ってきたところなんだけどね。

仕事自体は新聞配って歩くだけなので、入れる家さえ覚えてしまえば、そう難しいもんではない。体力勝負ですなあ。

ところが、あたくし今日、死にそうになったの。

とあるアパートに配達に入ろうとしました。そこは、1階2部屋、2階2部屋、あわせて4部屋のこぢんまりとしたアパート。2階の2部屋に新聞を入れなければならいので、階段をあがろうとして、あらやだ、なんか気配があるわ?

2階にあがる階段の下には、スペースがございますね。自転車置き場だったり、なにかの荷物置き場になっていることが多い場所です。

その薄暗い場所に、パジャマを着た太り肉な女が、向こう向きで立ってるのであるよ! 午前3時だぜ、おい!

「ギャー!」と楳図かずおのキャラ顔で叫びそうになり、あやうくこらえたのでございます。マジで心停止する5秒前だよね。

ついに幽霊をみてしまったかと思ったのですが、生きている人らしい。おまけに、その女から強烈なシンナーの香りがするのだね。なんじゃ、こいつ。見ると、1階の片方の部屋の玄関が全開されており、うわーい、ちょーシンナー臭いんですけどー!

尋常な雰囲気ではないので、急いで2階への配達を終え、この場から去ることにしました。

帰り際、おそるおそる階段下に視線をやると、女がいない。ああ、部屋に入ったのかな、よかった。小さいアパートですから、階段から一メートルほど、すぐに目の前が道路でして、そこに自転車を止めてある。

コンクリートの塀を回って道路に出ようとしたら、塀に隠れたギリギリのところに女が向こう向きで立ってるものだから、いきなり目の前に現れる形となり、ついにこらえきれず、「ひー」と、声をもらしてしまった次第。

女は向こう向きのまま、しきりに何かをぶつぶつ呟いている。いやあああああ、やめてえええ、こわいわあああ。

女は最後までこちらに顔を見せようとせず、若いのか歳とってるのかも分かりませんでした。

まるで、なんかのホラー映画のような体験。これから寝るのですが、ふと気がついたら枕元に向こう向きの女が立っていたりしませぬように……。

---------------------------

さて、この日記を書いたあとに、あたくしの仕事が休みとなり。梅雨で雨続きですから、配達も大変。また手伝ってほしいと頼まれ、雨合羽を着こんで出動しました。

例のアパートに到着。パジャマの女がいたらやだなあと、慎重に周囲を探りますが、今日はいない様子。一安心。

配達を終えて、自転車に戻ります。この周囲、アパートが建ち並んでおります。隣のアパートにも配達しますので、部屋数分の新聞を取り、早足で移動。

そうしたらあなた、明かりがない薄暗い廊下に女が立ってるじゃねーか! お前、このアパートの住人じゃねえだろ! 隣のアパートだろ! 例のごとく、向こう向きで背中しか見えず、なにかぶつぶつ言ってます。

「きゃあああああ」

と、今度こそ、あたくし叫びましたの。いやあああああ、怖いわあああああ、たすけてえええ。すっかり、おかまっぽくなってきた感があります。 

近寄りたくないので、女が移動してくれることを願い、二階から配達。恐る恐る一階に戻ると女はいない。ああ、よかったわ。このあたり怖いわ、もういやだわ。呪われてるわ。

早く移動しようと、自転車に乗りかけてびっくら。自転車そばの電柱の陰に女が立ってるじゃねーか! どしゃぶりの雨の中、傘もささないのだぜ。完全に普通じゃないわ、怖いわ、怖いわああああ。

父親に聞きますと、この女、ほぼ毎晩のように、近所をうろついてるそうです。妖怪だよ! うわあああん。

普通の人は寝静まっている午前三時。こんな女が暗闇を徘徊しているのです。知らなければ平穏に思えたご近所も、そうでなかったという事実。みなの衆、戸締りはしっかりせねばならないよ。