FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2009年05月31日 (日) | 編集 |
世の中のバブリィな金あまり状態といったら、どうであろう。

数百万gpなど、いまや、はした金。ちょっと気の利いた装備が競売で売りにだされようものなら、千万の声を聞くのは珍しいことではなく、造作もなく億の垣根を踏み越えていく。

わたくしは、指をくわえて眺めているだけ。

くそう、くそう、わたくしにあの装備を持たせてくれたら、知り合いに自慢して歩き回り、そのままお蔵入りさせるというのに。だって、そんな高級装備を身につけておきながら、死んだら恥かしいじゃない? 毎度、回線の調子が悪いとか、パソコンの調子が悪いとか、ありもしない不具合を言い訳に持ち出すのも、ちと芸がない。

君子たるもの、危うきには近よらぬことである。それはすなわち、狩りに行かない、これにつきる。さすれば、無残な死に様に、醜態をさらすこともないのであって、わあ、なんて深慮遠謀。さすがに、孔明の再来と言われただけのわたくしではある。

なお、孔明というのは、中国のどこかでぼんやり妄想にふけって一生つぶしたろくでなしの孔明さんのことであり、かの諸葛孔明だとは言っておらぬ。勘違いするのは、貴殿の勝手。

言ってみれば、「生活を守ります」と書いてある某政党のポスターと同じこと。あれのどこに、“国民の”生活を守ると書いてあるか。守るのは、言うまでもないことながら、大ちゃんの生活。が、そんな分かりきったことは、省いたまでの話。なに一つ、嘘偽りがない。

書いてもいないことを早合点するのは、貴殿が粗忽者であるという、その一事が顕れたにすぎぬ。わあい、ちょっと冒険してみたぜ、いえい、いえい。

ええと、なんの話だったでござろうか?

ああ、そう金あまり。どいつもこいつも、銀行の残高が×千万gpだの×億だの、9500万のリーフブレードを新調しただのと、なんでもないことのように言いおって、くそうくそう、呪わしい妬ましい憎たらしい、少しわたくしにくださいな。

心して、わたくしの銀行残高を知れ。そして、泣け。

090530.jpg

うわあああああん。わがアカウントの財務卿たる生産キャラKUROBEにして、この残高。リアルで貧乏。ゲーム内でも貧乏。わたくしの人生には一点の光明も見えぬ。

野球で言えば、
「9回裏2死走者なし。カウントは2ストライク・ノーボール。得点は100対0で負けています」
そんな感じ。「冥途のみやげに、関係ない人を道連れにしてやる」なんてことを言いだすやつの気持ちも、わからんではない。

そんな昨晩、よんよん、こまさん、なつきさんと、木ボスに勤しんだ。武士なしで、テイマー祭り。普通にやっても面白くないからね。そうしたら出たのよ。髪染めが。ファイア色が。

おそるおそる、じゅんじゅんに、
「6Mでいかがでございますか? お買い上げいただけますれば、望外の幸せに存じます。どうぞ、お慈悲を」
と、伺いをたてたところ、
「あら、そんなにお安くてよいの。いただくわ。ホホホホ」
って、二つ返事なの。逡巡のそぶりも、財布を気にする様子もないの。さすがに、対岸の女主人、対岸の支配者、ドゥーム・マザーと異名をとる、女偉丈夫のことだけはあるぜ。いくら持ってるのかしら。妬ましいわ。

かくして、山分けして一人頭150万の収益。あたくしの経済情勢、前日比+100%を超える高度成長期。ちょっぴり、バブリィで、いえーい。
スポンサーサイト