FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2009年02月24日 (火) | 編集 |
■島村英紀 私はなぜ逮捕され、そこで何を見たか(講談社文庫)

国際的に有名な地震学者が、「業務上横領」で告訴され、ニ〇〇六年二月一日「詐欺」容疑で逮捕。七月ニ一日保釈。本書は、この不可解な逮捕劇を描いた本ではない。一七一日間という長期の拘束期間、科学者は何を経験したのか。逮捕・勾留されると「どうなるか」を科学者の目で解析する [あらすじ]


この裁判は、被害者であるはずのノルウェー・ベルゲン大学が「我々は詐欺にあったとは感じていない」と公表したおかげで、被害者がいないのに、有罪判決が下される形となって決着しました。法曹界からも、判決に対して疑問の声があげられたといいます。

(裁判の詳細に興味がある方は、「島村英紀のホームページ」内にある、「島村英紀の裁判通信・目次」で知ることができます)

裁判所と検察が、ほとんど癒着といってもよいほどに接近しており、検察の面子で裁判が押し進められる危険を、制御できなくなっている実態。どうして裁判に市民が関わる必要があるのか、考えさせてくれる本でもあります。

しかし、あらすじにもある通り、この本は裁判の不当性を訴えているものではありません。

この本の価値は、記録、そのものです。

たとえば、拘置所で出される食事の描写。

担当看守に聞いたところでは、桜餅など祝日の菓子の支給は法律で決まっている。このため、私の場合は春分の日、五月の憲法記念日、こどもの日に特別な菓子が出た。また、節分の日や三月の雛祭りにも出た。二月一一日にチョコレート菓子であるグリコポッキーを貰ったのは、もしかしたら、バレンタインデー(二月一四日)近くだったからかもしれない。グリコポッキーはチョコレート菓子で、細いスティック一六本にチョコレートがまぶしてあるものだ。

チョコレートケーキは既製品のケーキで、ニ三センチメートル×一一センチメートル×四センチメートルの赤箱に六個入り。ブルボンのシルベーヌというものだった。私はふだんはこのような既製品の菓子は食べないのだが、ここで食べると、それなりにうまい。 [126ページ]


他にも、

昼食にリンゴジュース(果汁一〇〇パーセント、ニ〇〇ミリグラム)、それにかりんとう(一九〇グラム、黒ハチミツとある。結構な量がある。願箋を出して自費で買う一九〇円のものと同じだという) [126ページ]


いちいち、容量、サイズ、重さ、メーカー、時にはパッケージに書いてある原材料名を写した記述が延々と続く。「バレンタインデー(二月一四日)」と、わざわざ書かれなくても、普通は知っています。実に、わずらわしい。

しかし、それが面白い。

この文章には、科学者の目が生きています。記録することとは何か、客観とは何なのか。その答えがあります。

文系一直線のぼくならば、主観で文章を綴ります。自分がどう思ったか、印象や感情の変化を中心に記すでしょう。しかし、主観の伝わり方は、受け手によって大きく左右されます。感性や経験の異なる人には、書き手の意図するようには伝わらない場合が、多々あります。

その反対に、客観は、誰が受け取っても客観です。「ニ三センチメートル×一一センチメートル×四センチメートル」のケーキの箱の大きさは、人によって伸びたり縮んだりしません。ポッキーが一六本というのも、誰が数えても一六本です。

誰に言われるわけでもなく、自然とこういう文章を綴る、科学を本職とする理系人の脳みそを覗くことができ、自分の中になかった思考方式に触れて、とてもわくわくしました。

もしかすると、理系の人にとっては当たり前のことで、「いまさら、そんなこと喜んでるのか」と呆れられるかもしれませんけども。単に、ぼく自身がアホであることを告白しただけ? ウワー、ちょっと不安になってきた!

なお、最初に紹介した「島村英紀のホームページ」には、地球と生物に関する、面白さで時間を忘れるほど興奮できる文章がたくさん載せられてます。無料で読めるなんて、素晴らしいわん。
スポンサーサイト



2009年02月24日 (火) | 編集 |
先に紹介した、2月18日に発売されたaikoの25枚目のシングル「milk/嘆きのキス」が、3月1日付けオリコン週間シングルランキングで1位を獲得しました。

実は、25枚目にして初の1位。これまで、惜しいところで2位以下に甘んじてきたのですが、ついに1位。おめでとうございまーす!

わたくしも、「午前中、医者によってくので遅れます」と、会社に嘘の連絡して、朝イチでCD買いに行った甲斐があったというものです。ちゃんと、オリコンの集計に使われる店を選んで買いに行ったのだぜ? いい歳して、このおっさんは何してるのでしょうか。ウハーイ。

そういや、2月22日の「Music Lovers」すごくよかったですね。

■ aikoと高橋克実のトーク


高橋克実さんは、aikoの大ファンとして知られています。お二人は、「僕らの音楽」という番組でもトークをしたことがあり、ぼくは、この二人のトークが大好き。

なにが良いかって、aikoが高橋克実さんのことを「カツミさん」と呼ぶのであるよ。そのたびに心臓が高鳴るわ! 発作が起きそうなくらいに! もう、あたし卒倒しちゃいそう!

なにを隠そう、あたくし、本名がカツミちゃんなの! ウキャー! aikoに名前呼んでもらえるなんて、もういつ死んでもいいわ! キャアアア!

という事情を踏まえて、「Music Lovers」のライブ部分の動画をみるがよい。

■ milkライブ コール&レスポンス


aiko 「男子!」
男子 「いえーい!」
aiko 「女子!」
女子 「いえーい!」
aiko 「バンド!」
バンド 「いえーい!」
aiko 「カツミさん!」
わたくし 「いえーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい!」

ダブルじゃないぜ、トリプルだぜー!

画面に向かって叫ぶ3×歳の冬の夜。あー、幸せ。

虚しくなってきたら、別のaiko動画を見て悶えるのである。これでまた、この先一年分くらいの生きる気力が湧いてきたぜ。ありがとうありがとう。
2009年02月23日 (月) | 編集 |
W連合および関係同盟は、TF*と開戦せり。

上層部で、秘密裡に練られていた計画で、情報漏洩を警戒して下っ端には一切知らされなかった。下っ端の一人であるわたくしも、蚊帳の外。いえーい。

両陣営のトップアタッカーが持つ、穀物換算で4万前後の軍隊が行きかう、恐るべき大戦争になっている。

わたくしの長岡藩は、攻撃兵、防御兵あわせて、やっと1万かそこら。とうてい、物の数ではないので、例の如く、息を潜めて藩境を固めている。言い方を替えると、指をくわえて見ている。

今のところ、戦いは地力に勝るW同盟が有利に進めている様子。ひと安心。

容赦のない潰しあい。両軍合わせて数万の兵が、一瞬にして散る。数ヶ月にわたる労力と、準備が、露と消える。

戦いに敗れてゲームから退場する人も、ぼちぼち出始めているらしい。

なんだか心が燃え上がらないよ! 

自分が敗れ去るのはイヤ。しかし、他人を退場に追い込むのも、心が沈む。自分の甘さ加減に、この戦いではっきり気づいてしまった。

たかが、ゲームなのに、困ったもんだよね。
2009年02月19日 (木) | 編集 |
久々のトラビアン日記。なーんにも書くことがなかったのであるよ。

しかしながら、何度も書いてるように、平和は一時の見せかけにすぎず、事態が急転するのがこのゲーム。

ある日、ログインしたら、あら? たくさんの援軍表示が出てるわ。同盟員からの援軍が続々到着するもよう。

えーと、てーことは、うーん……。やばいぜ!

ログを見ると、資源村と、初期首都の防衛軍が打ち破られてカタパが通っていた。穀物タイル、本部、穀倉にかなりの被害が出ている。

うおー、いよいよTF*と開戦か! 緊張したが、さにあらず。隣村のyos*ki君のしわざ。昨日までは同じ同盟だったはずが、いつの間にか野良になって、わたくしにカタパ全弾打ち込んできたのであった。

ログインしてない間の出来事だったが、隣マスだから着弾までの時間が極小。対応するのは、なかなか難しい。

その後、報復で同盟のアタッカーが出兵。恒例の「歩兵1万オーバー、騎兵数千、カタパ数百」の波状攻撃で、yos*ki君の村はみるみる崩壊していく。恐ろしいよね。

わたくしは、やられた張本人ながら、あまり攻撃兵を持ってない。へなちょこ寄生村なので、横合いからちょこちょこ反撃するにとどまった。

実は、他人様を本格的に攻撃するのは、これが始めて。おかげで、いろいろ経験させてもらったぜ。

いきなり攻めてきたyos*ki君の内心は窺いしれないが、盟主の話によれば、狩場をめぐる感情のこじれがあったとのこと。yos*ki君は、同盟の会議所をまったく確認しない人で、確認してれば納得できたはずの案件で、思い込みで怨念をつのらせていた……らしい。

「リアルでも、思い込みで事件起こす人がいるけど、迷惑な話だ」と、盟主がぼやいていた。ハハハ、まったく同感だぜ。

また、ぼく自身も、同じハンドルネームを使う知人から、思い込みと自分勝手な理屈で喧嘩吹っかけられた経験があり、二重の意味で笑ってもーた。人生いろいろあるなあ。
2009年02月17日 (火) | 編集 |
明日18日、aikoの25ndシングル「milk/嘆きのキス」発売。

aikomilk2.jpg
25nd MAXI-SINGLE「milk/嘆きのキス」
01.milk
02.嘆きのキス
03.なんて一日
04.milk(instrumental)
05.嘆きのキス(instrumental)

前作「KissHug」から半年ぶり。待っていたぜ。

恋を歌い続けるaikoさん。幸せだったり、悲しかったり、いろいろあっても、彼女の世界にはなんだか安心感があります。今回も、いい曲!
2009年02月11日 (水) | 編集 |
なんだか、パンダの帽子が超絶的に欲しくなったの。決して、ゲームのアイテムではなく、本物の帽子。

夜の散歩で温かく使いたいので、できれば耳あてつきで、ふわふわした素材のものがいいのである。

ヤフオクで検索してみたけど、子供用の品物か、パーティーグッズの、パンダ好きに喧嘩売ってるとしか思えぬ、かわいさの欠片もない粗悪品しかない。

成人男性が日常使用できるパンダ帽子は、存在しないのだろうか。成人男性が、ぱんだを愛でてはならないというのか。なんということだ、日本はいつから、単一の価値観しか認められない全体主義国家に成り下がったのであろう。

怒りを抑えながら辛抱強く検索してたら、イメージに近い帽子を売ってる店があったわ!

「手作り子供帽子 チャームトゥリー」
http://www.water.sannet.ne.jp/chamtree/index.html


これのA-02パンダ帽子が、大変に気に入ったぜ? ウワー、欲しいわ欲しいわ、寒い夜の心霊スポット探索とかにも、いい感じだわ!

ただ、Lサイズなら「大人もかぶれます」とあるものの、はたして、おっさんのでかい顔&頭にも似合うかどうか。

あるいは、おっさん仕様を特注すべきだろうか? お店に問い合わせようか、本気で迷っている今日この頃。
2009年02月09日 (月) | 編集 |
わたくしは宵っ張りな男で、普段でも寝るのが午前1時、2時。面白い本に夢中になると、気がつくと明け方近くになっていることも珍しくない。

つい先日、ミクシィで派手ないさかいを起こしたり、1000円落とした数時間後に、別の1000円を拾う(当然パクった)という出来事があったお陰で、このところ気分が高揚しているのか、なかなか寝つくことが出来ない。

喉が渇いて、近所の自動販売機にジュースを買いに行く。寝静まった住宅街。人通りのない路地。夜空を見上げると北斗七星。よし、死兆星は見えない。

小脇に抱えた、たれぱんだのBIGぬいぐるみに、「明日も元気でいられそうだネ」と話しかける。体長50センチ。いつも一緒に寝ているから、なんだか汚れてきて、本物のパンダのようなリアル感が出てきたぜ。寒いし、怖いから、連れてきちゃったの。きゃっ。

ああ、このドキドキ具合といったら! 生きている充実感とは、こういう気分を指すのであろうか。ちょっぴり、露出狂のおっさんの気持ちが理解できた。これは癖になるぜ?

自動販売機までは、歩いて1分ほどの距離。誰にも見つからず無事にたどり着いた。ホットココアを買って、さて帰ろうとしたときに、背後に人の気配。振り返ると、ヤンキーっぽい兄さんが一人。彼もジュースを買いにきたらしい。

おたく面で無表情のおっさんが、たれぱんだのぬいぐるみを抱え、手にはココア。

おお、ヤンキーがひるんでいる、明らかに怯えているぜ! トドメにニヤリ笑いを浮かべると、一、二歩あとじさる。そのスキに走って逃げ出すことに成功した。

ヤンキーと一対一で対峙して、完全勝利した戦いとして、人生史に特記されるべきであろう。

実は、たった今の出来事! つい3分前の出来事! キャー、もう今日は興奮で朝まで寝られないので、AV見ることにしまーす! そいじゃ!
2009年02月07日 (土) | 編集 |
アカウント年齢が増えないの。

UOでは、アカウントが、12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月と、1年たつごとに、「長期報奨アイテム」というものが貰える。

わたくしのアカウントは、83ヶ月。次の区切りは84ヶ月。そう、あと一ヶ月で新たな報奨アイテムを選べるというのに、どういうわけか加算されないんだよね。思い返すと、だいぶ前から83のままだった気がするんだよね。

なんというねちっこさ。ものすごい焦らしプレイ。困ったテクニシャンだぜ。

商品取引DEED箱が欲しいのに! 家の中でも証書からアイテムに戻せる箱だというのに! それと、ソウルストーンも必要なの。

ぐろたを魔法戦士に変えようかと思っている。単なる包帯盾騎士は面白いんだけど、ちょっと飽きたぜ? 考えてみれば、2003年に導入されたAoSという拡張からずっと、この職業を続けていた。あれから、もう6年たったの? ウハー、そら飽きるわ。

しかも、今さら魔法戦士て!

でもUOって、あれこれスキル構成考えているうちが、一番楽しかったりするよね。だから、ソウルストーン欲しいよね。

運営にメールするの面倒なので、いつか加算されるだろうと待っておりますが、直る気配がないわ。

いきものがかりの、聖恵ちゃんのオールナイトニッポンを聞いてましたら、こんな時間になったのです。ということで、寝ます。ほいじゃまた!
2009年02月04日 (水) | 編集 |
もう二月だよね。早いよ、早すぎるよ、つい先日、新年の挨拶をしたばかりだと思ったのに……。

今年もあっという間にすぎていくのであろうか。まだ二月だけど、七月はすぐにくるよ。待ち遠しいから。楽しみにしてるんだ、七月を。

なぜ? その答えは、これ。

国立天文台 2009年7月22日 皆既日食の情報

日食とは、太陽と地球の間に月が入り込んで、太陽を隠しちゃう現象。じゃあ、わたくしと、かわいい女の子の間に、彼氏が入り込んで女の子の姿を隠しちゃう現象は、なんて呼ぶの? だれか名前つけて? ……ごめん、書いてみたけど、いまいちおもんないわ。

残念ながら、東京では皆既日食にはなりませんが、約75%の食分(欠け具合)だそうです。福岡や那覇なら90%! すげえ! 今から超ドキドキ!

七月が近づいてから出そうと思っていた話題でしたが、歳月の流れる早さがショックで、フライング気味に書いちゃいました。

五ヶ月なんか、日常の生活にのたうつうちに、たちまち流れ去り、日食に驚嘆し、また一つ歳をとるのです……(疲れ気味)。