FC2ブログ
捕獲されました。年貢の納め時というやつ。
2008年11月23日 (日) | 編集 |
同盟の会議所に入り浸って、刻々寄せられる戦闘報告と、幹部の指示を読んでいる。

わたくしの兵備は防御用であり、攻撃作戦に参加できる部隊をもっていない。眺めているだけだが、やはり大同盟は恐ろしい。

歯向かう者、ちょっかいを出す者、ことごとく踏み潰していく。ほとんどは、同盟メンバーに、攻撃してきた身の程知らずの村に膺懲を加えるパターンだが、容赦というものがない。

リーダーの「潰しちゃいましょう」の一言で、同盟全体が地響きを立てて動き出す。数千の大兵と、何十台ものカタパルトの波状攻撃が、目標の村を襲う。たちまちのうちに更地同然となって、アカウント削除か、降伏の申し入れを余儀なくされることになる。

わたくしの村も、こうなっていたのかと思うと、身が震えるね。

今は、ひたすら村を増やして力をつけることが肝要である。守銭奴のように村。同盟員諸侯の激しい戦いを横目に、悠久山の完成に力を注いでいる。

わが藩兵、歩兵1600人。

……と、ここまでは恒例の文章。

略奪族は別にして、このゲームは守勢に回ると、ついつい村作りばかりやってしまう。侵略の危険を忘れたわけではなくとも、今は平和、今は建築、今は放置。そんな日常を繰り返していくうちに、油断というか隙というか、雰囲気がだれる。

何事も起こらない普段は、至って地味なゲームだが、運命はまったくの予兆なく転回する。

わたくしはjp1サーバーでも遊んでいるが、実は、あやうくカタパクリアを喰らいかけた。幸いにして、敵の攻撃が徹底しなかったのと、わたくしの村は防御を整えていたおかげで、ギリギリで凌いだ経験がある。

そのときは、仕事から帰ってログインしたら、攻撃表示が30を越えていた。一瞬、思考が止まったが、すぐに嬉しくなり、
「ついに来たか。わしの伸び縮みする槍を、存分に馳走して進ぜよう」
と、興奮して部屋中を駆け回り、一人で鬨の声をあげていたら、隣の家の人にうるさいと怒られた。

破滅的な攻撃は必ず来る。今は平和でも、明日の仕事から帰ってきてログインしたときに、村が残っている保証はない。ネットゲームの常だが、24時間ログイン可能な危険な人々がいる。安全な時間帯というものは存在しない。こええぜ。

そういえば、R同盟の会議所で、
「有能な軍師がいる同盟なら、みなが寝静まった頃に軍勢を集められるから危ない」
という話題が出たことがある。それは一体、有能なのだろうか。24時間態勢の相手に勝つ必要がどこにあるのか。誇り高く負けようぜ、と思った経験があることを、今ふと思い出した。以上、余談まで。

いつ来るか分からない攻撃を、ひたすら待つのは辛い。モチベーションを保つに、どうしたらいいか。その答えが、このブログ。「おれさま戦記」である。

妄想の中で、勝手に熱い物語を紡ぐしか、やる気を持続させる方法がないのである。わたくしの場合。だって、もうトラビアン飽きてきちゃっ(略)。読まされるほうは、たまったもんじゃねーな。ハハハハハ!
スポンサーサイト